風力発電について「東三河自然保護協会」が提言


 「東三河自然保護協会」立ち上げで、風力発電計画について、中部電力に立地計画の見直しと、豊橋市にガイドラインの見直しを提言。

19年9月15日の東日新聞記事に掲載されました。

スポンサーサイト
【2008/05/31 16:55】 | 風力発電問題への関わり | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
要望書を提出
 
 19年9月7日要望書を提出しました。

         
              ↓
SAVE0021小.PNG
【2008/05/31 00:46】 | 風力発電問題への関わり | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
疑問が解明できた?
 
 平成19年度新エネルギー等事業者支援対策事業の公募説明資料(抜粋)の注意書き事項を読んで私の疑問を整理すると

疑問1.補助金申請は、あくまで、書類審査でエネルギー庁は、自治会の名称まで認知していないから、関係する自治会が6町あることなど知り得ない、要するに、承諾書が1通でも添付されていればOKか?

注意書き事項:「実施計画書に書類不備等がある場合、審査対象となりませんので、ご注意ください。」

 中部電力の案件は審査会議に諮られたと新聞報道されました。審査対象となり、審査会議にまで持ち込まれたことは、書類が完備(承諾書が存在)していたからだと理解しました。

結論:審査対象とされたことで、存在するはずのない地元自治会承諾書が存在していたことになりました。

疑問2.中部電力は6町全部の地元自治会の承諾書の添付が申請締め切りに間に合わなかったので、もらえたら、後日、追加して補充するつもりだった?

注意書き事項:「申請書類及び添付資料の訂正及び追加資料などの差し替えは公募期間締切日以降、一切受け付けません」

 地元承諾書の追加受付は手続き上、不可能であることが理解できました。

結論:エネ庁が申請書受理時において、存在するはずのない地元自治会承諾書が存在していたことになりました。

 私は、補助金申請に添付されていた地元承諾書の原本そのものの存在を確認すべきと思いました。


【2008/05/30 15:20】 | 風力発電問題への関わり | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
公募説明資料(抜粋)  注意書き事項

   経済産業省資源エネルギー庁の平成19年度新エネルギー等事業者支援対策事業の公募説明資料(抜粋)

SAVE0018.PNG
【2008/05/30 08:13】 | 風力発電問題への関わり | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
公募説明資料(抜粋) 実施計画書添付資料(総括表)


 経済産業省資源エネルギー庁の平成19年度新エネルギー等事業者支援対策事業の公募説明資料(抜粋)
SAVE0019.PNG

【2008/05/29 23:38】 | 風力発電問題への関わり | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
エネ庁が受理した地元承諾書?


 中部電力株式会社の豊橋市内の12基の風力発電計画で、地元として対象とされる地域は、6町の自治会に亘っております。補助金交付申請に必要な地元承諾書となると、関係する6町全部の地元自治会の承諾書が要ることとなります。ところが、当時の各自治会の対応から、私たちは対象となる地元の承諾書の全部が発行されてなかった事実を知りました。

 それでは、経済産業省資源エネルギー庁は、発行されてなかった地元承諾書をどのような形で受理したのか私は疑問をもちました。

1.補助金申請は、あくまで、書類審査でエネルギー庁は、自治会の名称まで認知していないから、関係する自治会が6町あることなど知り得ない、要するに、承諾書が1通でも添付されていればOKか?

2.中部電力は6町全部の地元自治会の承諾書の添付が申請締め切りに間に合わなかったので、もらえたら、後日、追加して補充するつもりだった?

【2008/05/29 08:25】 | 風力発電問題への関わり | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
風車設置と住民の健康障害について、議会で質問

 
 渡辺則子さんは、19年9月議会で、風力発電に関しての「市長の意見書」などについての質問をされましたが、それ以前の19年6月議会でも「風車設置と住民の健康障害」について質問をされています。

 19年6月4日開催の議会での渡辺則子さんの質問と、それに対する環境部長の答弁は19年6月定例議会会議録をご覧ください。

【2008/05/27 11:52】 | 風力発電問題への関わり | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
19年9月定例議会会議録 


 ●渡辺則子議員の質問事項

 ●質問に対する環境部長並びに市長の答弁

            ↓

  19年9月定例議会会議録に掲載されています。

【2008/05/26 15:08】 | 風力発電問題への関わり | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
市議会で質問


 19年9月5日、議員の渡辺則子さんが市議会で質問されました。
        
             ↓

 東日新聞に掲載されています。

【2008/05/26 09:04】 | 風力発電問題への関わり | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
市議会議員の渡辺則子さん


 市議会議員の渡辺則子さんです。

彼女は風力発電の問題を取り上げて、活動されています。
 

【2008/05/25 11:27】 | 風力発電問題への関わり | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
地元同意とは?

 19年8月末の中部電力の説明会は第2回目で、会場は2ヶ所に絞られて行われましたが、19年5月初旬に、第1回目の説明会が行われていました。
 第1回目の説明会は関係各自治会ごとで、説明会場も数ヶ所で行われたと聞いています。私は関係住民ではありませんので、知人のOさんの地元で開催された説明会にだけ、参加しました。
 

 住民説明会では、住民から質問が出た、住民が最も知りたいとする肝心な事項の説明になると、中部電力職員は『大丈夫です』『問題はありません』と答弁するばかりでした。
 住民たちに対しては、なにが、どう、大丈夫なのか?何故、問題ないのか?と、納得のいく説明は一切されませんでした。
住民は「風車建設に反対」の意見一色で、「納得できた」「了承しました」という意見は皆無でした。

【2008/05/25 10:56】 | 風力発電問題への関わり | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
中部電力の地元説明会


 中部電力の風力発電施設についての地元説明会が8月28日に小島町集会所で、8月31日に五並地区市民館で、それぞれ開催されました。
 中部電力の説明については、参加した住民たちからの反発意見が続出し、厳しい意見など多数ありました。
 
 私は小島、五並の両説明会に出席しましたが、両会場ともに、中部電力の風力発電施設建設に理解を示した意見は全くありませんでした。

 9月2日の東日新聞に説明会のようすの記事が掲載されています。

【2008/05/24 12:57】 | 風力発電問題への関わり | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
行政文書の情報公開請求

 風力発電事業者は新エネルギー導入促進事業で、国から補助金の交付を受けることができます。この補助金申請手続きには、市長の承諾書と地元自治会(地元住民)の承諾書の添付が必須であることを知り、平成19年6月中旬ごろ、細谷風力発電の環境を考える会の会長と、これらの文書の情報公開請求をするために市役所を訪れました。

請求して、6月末に出てきた文書
中部電力がエネ庁に提出した平成19年度補助金申請で
豊橋市長が中部電力宛に発行した意見書ほか

 市役所に一緒に行った彼が、その1ヶ月後に風力発電の建設に抗議したかのような焼身自殺をすることなど、この時は想像もしませんでした。

 

【2008/05/19 19:47】 | 風力発電問題への関わり | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
私が風力問題提起の活動に参加して
 平成19年5月29日に風力発電の建設中止を求める陳情書を市議会議長に、要望書を市長に提出しました。 

陳情趣旨

      私たち豊橋南部に住む住民は、M&Dグリーンエネルギー株式会社の風車が設置されて以降、環境に優しい風力発電が、健康被害等をもたらす事実に直面してきました。今般、中部電力株式会社による、13基の風力発電の建設計画に対して、私たち住民は、環境と心身の健康面における、安心と安全の確保のため、建設計画の中止を求めるにいたりました。

陳情理由 

 1.       既設風車近隣で健康被害等の報告があること
(1)今年2月にM&Dグリーンエネルギー株式会社が細谷町内に建設した風力発電の風車から、1Km以内に住んでいる人に、頭が重い、耳鳴りがする、肩こり、手足のしびれ、夜なかなか眠れない、早く目が覚める、光がまぶしくてたまらないといった症状や、窓ガラスが振動するなどの被害が出ているとの報告を受けています。  

(2)こうした事例の報告は、田原市の久美原を始めとして、渥美半島に建設された風力発電の風車の近隣からも届いています。

2.       風車の設置場所の選定に問題があること
  設置場所が民家から250m、老人ホームから270mしか離れてい           ません。小学校、中学校も500m圏内にあり、お年寄りや、子どもたちへの健康に影響することが懸念されます。海外では海上に設置場所が移りつつあることからも、細谷における風車の設置場所の問題は明らかです。

3.       住民の健康調査を行い、建設中止等対策が必要であること       (1)現在の健康障害と風車の因果関係が明確にならない以上、私たち        はこれ以上耐えることはできません。

(2)風車の寿命は30年以上に亘ると聞いております。一旦建設されると、風力発電の影響による問題が起きてからでは、その対応は風車停止しかありません。

(3)地域住民の健康と生活環境をさらに悪化、破壊すると考えられる本計画は、即刻中止すべきと考えます。

陳情項目

  中部電力株式会社による13基の風力発電の建設計画の中止を求めます。

  

【2008/05/18 15:51】 | 風力発電問題への関わり | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ことの発端 その3

 風車建設予定当時にM&D社の疑わしい?説明を夫が受けました。
1. 住居から300m以上離すように致します。
2. 地域貢献として、1基につき年間で40万?を自治会に支払う。
3. 千葉県は産廃(不法投棄など)が多いところだが、風車ができて、        産廃がなくなった。風車を建てれば産廃がなくなる。

 この説明に対し、夫が不審と不信を抱いたこと。
住居から300m以上離さなくてはならないことは、住居から近いと都合の悪い問題があるからでは?
お金を支払わなくてはならないことは、迷惑施設なのか?
千葉県で不法投棄が少なくなったのは、風車ができる以前で、産廃Gメンの働きや知事が変わったこと、その他の要因によるものだと認識しているが?
 夫がM&D社に質問したこと。
計画地は野鳥の移動経路になっていると思うので、大羽先生に聞いてみてください。大羽先生が問題ないといってくれたら納得しますが?

答え、大羽先生は駄目です。色がついているから。
夫「はは~ん。なるほど」

 てな、調子で、何回となく、話をするうちに当町のM&D社の風車計画は消えてしまったようです。
当時の自治会は建設に賛成していたと聞いていますが、夫は土地改良区の役員をしていました。

 

 

 

【2008/05/17 15:48】 | 風力発電問題への関わり | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ことの発端 その2

 渥美半島の表浜海岸沿い、知人のOさんのいう風車は静岡県との県境に近い豊橋市細谷町、私の家の寝室の窓から嫌でも見える風車は田原市六連(むつれ)町、そこに、それぞれ1基が建設され、稼動している。 事業主体はM&Dグリーンエネルギー株式会社である。

 (ここで、お断りしますが、私は風力発電自体に反対しているわけではありません。この風車が稼動し始めてから、近隣住民に低周波音による障害と思われる症状が出ていることを問題にしているのです。)

 後で知ったことですが、実は同じ頃(平成16年6月)に私の住む町内でもM&D社の風力発電所計画がありました。この計画は1基の発電能力が1500kwの風車4基で、そのうちの1基は燐接の町に建てたいというものでした。
 私の町内のうちの1基の建設予定場所は、なんと、我が家の農業用作業場の隣地ということでした。勿論、その時はまだ、夫も私も低周波音のことなど、何も知りませんでした。

 

【2008/05/17 11:20】 | 風力発電問題への関わり | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ことの発端 その1

 平成19年2月、夜道(交通死亡事故が多発していた魔のカーブあたり)を車で走っていたら突然、無気味な巨大な物体(と思った)が近くに立ちはだかっているのに気がついた。え?あれ?風車?なんで?こんなところに?ああ、こわ、威圧的。そこは我が家から2・5キロくらいの距離である。
 
 2ヶ月後、環境問題を通じての知人のOさんから、風車からの低周波音の問題について聞かされ、Oさん宅の方でも、同じ事業者の風車が稼動していること、●●電力の13基の風力発電の新たな計画があることなど、教えてもらいました。

【2008/05/16 23:45】 | 風力発電問題への関わり | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
風車からの低周波音障害

 CO2削減で、クリーンエネルギーの環境にやさしい風力発電と、もてはやされて、いいとこずくめのイメージの風車ですが、その陰では、実は大変困った風車になっているのをご存知でしょうか?

 設置場所が民家から近い距離のところでは、風車からの低周波音による障害と思われる以下の問題が起こっています。

1.周辺の住民のなかには、頭が重い・耳鳴りがする・肩こり・手足のし       びれ・夜なかなか眠れない・早く目が覚める・光がまぶしくてたまらないなどの症状が日常化している。

2.窓ガラスが振動する。

 風車近くにお住まいの方、身近でこのようなことが起こってはいませんか?

【2008/05/15 16:59】 | 風力発電問題への関わり | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ブログ始めることにしました
 先日、初対面の方からブログを始めたら?と勧められ、早速その気になりました。 慣れていないので、今日はここまでで~す。
【2008/05/14 22:43】 | 風力発電問題への関わり | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |