『車座集会』の問題点  その1


 私が6月24日に市の担当課に『車座集会』の実施状況の中間報告について問い合わせたところ、「教えることはできません」と言われてしまいました。

 教えてくれないことは、予測できたので、6月17日に市議会の渡辺議員が情報公開請求しました。6月26日、その文書が公開されました。

 地域住民の皆さまとのお話し合いの状況等について

       
報告書 左.PNG報告書 右.PNG

スポンサーサイト
【2008/06/30 15:58】 | 風力発電問題への関わり | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
パソコンの不具合

 
 パソコンが不具合になっています。今はいいですが、、、。雨が降ると調子悪くなってきました。

 パソコンが使用できないとお手上げですので、業者に頼んだところです。

 雲行きが怪しくなり、心配になってきました。

 わあ、雨が降ってきました。

 

【2008/06/30 10:59】 | 風力発電問題への関わり | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
6月24日に市の担当課と懇談しました


  『車座の集会』についての中間報告が、中電から自治会にあったという話を聞いたので、市担当課に確認しました。

 私:「自治会は中電から中間報告を受けましたか?」

 担当者:「受けました」

 私:「その内容について教えてください」

 担当者:「教えることはできません」

 私:「???」

 私:「車座集会に市役所と自治会が立ち会わない理由は?」

 担当者:「私たちがいては住民の方に自由に意見を言ってもらえないと思うからです」

 私:「そんなことはありません。市役所と自治会が立ち会ってくれたほうが、もっと活発な意見が言えるのではないですか」

 

【2008/06/27 15:29】 | 風力発電問題への関わり | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
きめ細かな説明会の実態 その5
 
 ある『車座の集会』


中部電力の住民に対する説明?

「皆さんがお困りのようなので、都合次第で建設を断念してもいいと考えています」
「風車は、すぐにはできません、2年後になります」


それを聞いて、惑わされた住民

「中電は、風車建設を取りやめるらしい、もう、心配して反対することはなくなった」
「風車ができないのに風力発電を考える会は、何故、反対署名を集めにくるのか?」

「2年後?なあ~んだ、ずっと、先の話なのかぁ~、そんなら、もう風車作らないんじゃあないの?」

「私たち皆、あれだけ、いっぱい、困る理由を中電に聞いてもらったから、風車の建設なんてないと思うよ」

 

『車座の集会』を終えた住民たちは、住民達の反対の声が多いので、中電が風車建設を諦めたと誤解しています。

【2008/06/26 14:55】 | 風力発電問題への関わり | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
情報公開請求


 矢田野鴉さんからご指摘いただきました件で、
事務連絡文書を見せるよう担当課にお願いをしたのですが
情報公開請求をするように言われてしまいました。

           ↓
請求文書.PNG

【2008/06/25 15:55】 | 風力発電問題への関わり | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
本日、要望書を提出

 
本日、市長に要望書を提出しました。

          ↓
車座集会要望.PNG

【2008/06/24 15:15】 | 風力発電問題への関わり | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
企業イメージ
 
 風車計画のある表浜海岸沿いの住民は、産廃業者による産業廃棄物の不適正処理の問題で、長期に亘って泣かされていました。そのため、産廃業者は「悪い」というイメージから「産廃業者の言うことは信用できん」という認識のようです。

 一方、中部電力の企業イメージは「良い」ので、住民の皆さんは、中部電力が説明することは本当のこととして捉えているようです。

 私は、今般の風車計画から、私が持っていた中部電力の企業イメージは大きく変化しました。

 自社にとって、都合の良いことばかり説明して、都合の悪いことになると、言わないで、(極力隠して)押し黙っている企業のように感じました。

【2008/06/23 10:11】 | 風力発電問題への関わり | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
風車見学にご案内

  
  今日、雨の中、大羽先生からのご紹介で、東京の日本野鳥の会自然保護室のUさんがお越しになりました。

 Uさんは渥美半島の風車見学をされたいとのことで、私もご案内のお伴をさせてもらうことになりました。

 生憎のお天気でしたが、福井県あわら市で計画されている風力発電をお隣の石川県加賀市の市長さんが反対しているというお話のなかで、国の行政への対応について、大変参考になることなどを伺いました。

【2008/06/22 21:30】 | 風力発電問題への関わり | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
これが、回答とは??続きの続き
 
 20年6月11日開催の6月議会での渡辺則子議員の質問に対する環境部長答弁は

「中部電力はガイドライン制定前の事業者ですが、ガイドラインに沿って指導してまいります」

*注1 豊橋市は平成19年6月1日施行の風力発電等の建設に関するガイドラインを制定

*注2 平成20年3月31日付け回答書「豊橋市風力発電等の建設に関するガイドラインはNEDO(独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)の考え方を基本としており、NEDOの動向を注視してまいります。」

 活動課題として、担当課との懇談の必要あり

 1.NEDOの考え方と動向についての認識は?

 2.矢田野鴉さんご指摘の低周波音参照値(ガイドラインで、援用)について。

矢田野鴉さんから情報をいただき感謝です。行政を突けます。 

 

【2008/06/21 19:59】 | 風力発電問題への関わり | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
これが、回答とは?? 続き


 市の担当課は私たちとの懇談のなかで、個々の会の、全ての集会で出た住民の意見の集約について、「市長は、中部電力株式会社から報告を受けることになるだろう」との見解を示された。

 中電の報告を鵜呑みにするつもりでしょか?

 事業者が市長へ報告する際、車座集会の住民の生の声が、事実に沿って、確実に届くようにして欲しい。

 そのためには、市長は事業者に対し、文書で報告を受けること。報告結果を直ちに住民に公開してもらわなくては困ります。
 

 市長が『市長の意見書』の撤回をされていないとしたら

 市長は、事業者任せの結果報告を事後に受けるだけとしないで、市の責務として『車座の集会』のすべてを把握するよう、職員を現場に派遣させ、正しい情報の収集と確認に努めるべきです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【2008/06/20 21:27】 | 風力発電問題への関わり | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
これが、回答とは??

  平成19年4月26日発行の『市長の意見書』について、市長は、これを撤回されたのか、されないのか、回答書並びに議会答弁においても明らかにされません。

  答えようとしないのは、撤回するつもりはない、と受け取れます。

  態度のはっきりしていない、あやふやな『市長の意見書』の存在とその行方が気にかかるところです。

 一度中電の手に渡ったものは、再び戻ってくることは、なし、ですね。

 昨年度の補助金申請で、不採択決定した書類の効力はあるのでしょうか?理解できません。エネ庁に確かめる必要があります。

 


【2008/06/19 22:06】 | 風力発電問題への関わり | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
要望書に対する回答書


 要望書に対する回答書を市長からいただきました。

              ↓
20.6.4回答.PNG

【2008/06/18 14:13】 | 風力発電問題への関わり | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
市長の意見書に関する要望書を市長に提出


 市長の意見書に関する要望書を提出しました。

              ↓
市長の意見書要望.PNG
  同じ内容で陳情書として議長に提出しました。

【2008/06/17 17:42】 | 風力発電問題への関わり | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
きめ細かな説明会の実態 その4


  自治会は、中電から「中立の立場」でいなさいと押し付けられたと、私は私が知る限りの、あらゆる情報のなかから推測しますが、住民意見を反映させる組織である自治会としては、賛成表明するわけにいかず、かといって、中電の顔色を伺い反対表明もできずにいるように思います。

 「中立の立場」に立つということは、賛成でも、反対でも、どちらでもないということになりますが、反対の意思表示をしないということは、中電が建設に向けて準備を進めていることに関し、ただ傍観しているだけで、何もしないことです。黙ってことの成り行きを見ているのに過ぎません。

 これでは風車建設を容認していることにされてしまいます。つまり、積極的には賛成していないが、反対もしていないので、中電からは、賛成の意思表示をしたとみなされても仕方のないことになると思います。

 風車建設に関しては、受け入れるか、受け入れないか、どちらかであって、どちらでもないという選択肢はないと考えます。どちらでもないという意思表示は、責任のないように思われがちですが、実は、立派な責任逃れであるということを、自治会に認識していただきたい。

 住民は自治会が中電のなすがままに任せて、傍観者に落ち着く道を選ぶことのないように自治会を監視し、本来あるべき姿の自治会として機能させる必要があると思います。

 住民は自治会に対し、「自治会は住民の意見を反映させる組織であること」を認識させ、反対の意思表示をするよう要求すべきと考えます。

【2008/06/16 14:57】 | 風力発電問題への関わり | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
きめ細かな説明会の実態 その3

  過去に行われた中電による住民説明会の全ての会場では、多数の反対意見ばかりで、賛成を唱える人は一人もいなかったと聞いています。

 私が参加した3つの会場の住民説明会では、当時の自治会役員が住民席側にいる姿を見かけましたが、市役所の担当課は渡辺議員に参加を促されて、最後に行われた説明会にだけ、姿を見せたように記憶しております。職務としてではなく、一人、住民席に着いていたようでした。

 市役所の担当課に住民説明会や「きめ細かな説明会」に立ち会い義務がないと言われてしまえば、それまでですが、エネ庁の補助金申請に使用された市長の意見書の発行責任から、市役所は、せめて「きめ細かな説明会」については、事業者任せにしないよう、細心の注意を払うべきものと思います。
 
 このまま、知らんふりを決め込んでいる態度を続けていると、風車を建設したいがための中電による「きめ細かな説明会で住民の理解を得ることができた」という形づくりに、結果として、市長が加担しているかのように市民及び住民に受け取られかねません。

 そのようなことにならぬよう、市役所の担当課職員は気付くべきで、早急に対策を講じるよう望むところです。

【2008/06/15 13:18】 | 風力発電問題への関わり | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
きめ細かな説明会の実態 その2


 中電は、住民の理解を得るために「きめ細かな説明会」を行なっているそうですが、私は、この「車座集会」に疑問を持っています。

 住民たちは細かく切り離されて、個別に開催される説明会に呼ばれ、自治会の了解済みだという中電の手によって、閉ざされた集会が、中電主導で行われています。

 個々の集会で、住民から出た建設反対の意見や建設に係る不安などの質問内容等については、その時々の集会に参加した人でしか、分かりません。

 中電は住民の意見を聞く(ガス抜きさせて)だけで、意見に対する対応策や解決策など、一切示そうとはしていません。

 全ての集会で、どんな反対の意見が出たのか、中電以外、誰も報告できる者がいないという、極めて怖い世界が作られようとしていることを、賢い住民たちに早く気が付いて欲しいと思います。

【2008/06/14 13:14】 | 風力発電問題への関わり | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
きめ細かな説明会の実態 その1

3月31日の回答から、更に読み取れることは     

1.豊橋市はガイドラインの見直しは、しないということか??

2.車座の集会などと称して、小人数単位の個別に、しかも密室にて行われている集会のことを指して、きめ細かな説明会?ですって???当方が要望したのは、あくまで、大人数対象で、公開するのが原則の住民説明会でした。

 出席した人達から報告を受けた車座集会での様子は
 風車から近いところの住民が対象なので、反対意見ばかり。中電社員が2名、自治会役員及び市役所担当課の立会いは全くなし。
 住民の意見に対し、ただ、聞き流しているだけの対応で、住民は不満を持つだけである。これでは、住民の理解を得ることができません。
 
中電社員:MアンドDの風車の音は大きいが中電が建設予定の風車は音がしない(根拠なし)、MアンドDの風車の撤去に協力します(どうして?)

住民:建設予定の風車の機種を教えてください。

中電社員:分からない?決まっていない(決まっているのに隠している)

【2008/06/13 17:26】 | 風力発電問題への関わり | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
意外な回答内容


   「本市細谷町地内の既設風力発電施設による健康被害等については、現在のところ承知しておりません」との内容の回答書を読んで愕然としました。
 
 承知しておりませんとは、どういうことか?当方には、この回答に承知できません。その理由として

1.私たちはこれまで再三に亘って、風車からの健康被害等について、豊橋市に対して陳情や要望で訴えてきたこと。

2.平成19年6月14日には地元で風車の影響と見られる症状が出ている住民への聞き取り調査が担当課職員らによって行われていること。

 これでも、文書でもって、承知しておりませんと回答するのか?

【2008/06/12 22:40】 | 風力発電問題への関わり | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
要望書に対する回答


 要望書に対する回答書を市長から、いただきました

             ↓
3.31回答.PNG

【2008/06/12 14:14】 | 風力発電問題への関わり | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
3月議会に向けて陳情書を提出、同じ内容で市長に要望書を提出しました


 市長に提出した要望書(同じ内容で議長に陳情書として提出)

             ↓
新エネルギー要望.PNG

【2008/06/11 20:34】 | 風力発電問題への関わり | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
市議会環境経済委員会
 
 20年2月15日開催の市議会環境経済委員会のようすが東日新聞に掲載されました。
【2008/06/11 09:14】 | 風力発電問題への関わり | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
Oさんは、たまりかねて苦情を訴えました

 Oさんの苦情の訴えが東日新聞記事に掲載されました。
【2008/06/10 10:17】 | 風力発電問題への関わり | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
風車からの障害を受けている田原市のOさん

 
 私は、私の家の窓より見える風車から近い距離にお住まいのOさんのお宅を度々訪問して、お話を伺っておりますが、本当にお気の毒だと常々、感じております。
 
 Oさんは、小さいお子さん3人(うち1人は今年生まれたばかり)のお父さんですが、M&D社の風車稼動直後から、主な障害として、夜眠れなくなったそうです。低く響く風車からの音で自宅にはいられないと訴えていて、やむを得ず、私の近所のアパートに夜だけ、非難しに来ています。
 
 県が行った騒音調査の結果、環境基準値以下で問題なしとされたことによって、それまでM&D社が負担していたアパートの家賃が打ち切られてしまったそうです。
 
 Oさん一家は、自宅で寝ることができないため、立派なお家がありながら、狭い部屋に月5万円の家賃を支払って生活しています。
【2008/06/09 20:25】 | 風力発電問題への関わり | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
M&D社からの回答


M&D社から回答をいただきました。

          ↓ 
撤去回答.PNG

【2008/06/08 22:08】 | 風力発電問題への関わり | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
M&D社に要望書を提出


 M&D社に要望書を提出しました。

         ↓
撤去要望.PNG

【2008/06/08 20:18】 | 風力発電問題への関わり | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
六ヶ所村の核燃料再処理工場の映画から中立の立場の重さを学びました


 豊橋で、昨年、六ヶ所村ラプソディーの上映会がありました。
 
 「六ヶ所村ラプソディー」は、核燃料再処理工場(原子力発電で使われた使用済み核燃料から、新たな燃料となるプルトニウムを抽出する)を受け入れた青森県六ヶ所村周辺で暮らす人々を追った鎌仲ひとみ監督のドキュメンタリー映画です。

 この映画に登場する米作り農家の女性の言葉が印象的でした。
             ↓
 「核燃に関しては賛成と反対しかないんだよ。中立というのは、ただただ
原燃がやることを見ているだけだっきゃ。見ているだけだから、それは容認しているということで賛成なんだよって、言われたの。中立であれば何もしなくていいから楽で、でも、自分の心のなかでは自分は賛成していない、と思っている。」

 中立というのは、ただただ中部電力の風力発電建設計画を傍観しているだけで、反対はしない。賛成もしていないから、責任を逃れるだろうと思っていたら、大きな間違いで、傍観していることは、何もしていないこと。反対していないから、それを容認しているということで賛成していることと同じこと。

 自治会が中部電力から中立の立場を押し付けられていることが本当だとしたら、これは重大な問題だと考えます。

【2008/06/07 11:39】 | 風力発電問題への関わり | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
なしのつぶての中部電力

  私たちが中部電力に開示請求した文書(19年度の補助金申請に添付された地元自治会の承諾書)は現在に至るも不開示のまま、放置されています。また、同社への質問事項に対する回答も11月2日の期限を過ぎるも未だに、会社側から直接には何の連絡もありません。

 ただ、この間に中部電力の使者?として、市役所担当課職員2名が風力発電を考える会の代表宅を訪れて、「中部電力より、風力発電を考える会と五並地区の環境を守る会の役員と懇談したい旨の申し入れがあるが、どうでしょうか?会場の設定については、市が用意致しますが」と打診してきました。

 私たちは相談の結果、風力発電を考える会と五並地区の環境を守る会の役員だけではなく、一般会員の参加と報道機関の入室を条件に、自治会役員と市役所担当課職員の立会いのもとでの懇談なら応じますと回答しました。

 しかし、私たちが提示した条件は受け入れてもらえない様子で、双方の折り合いがつかずに、この懇談会は現在まで開かれてはおりません。
 そういえば、19年8月末に小島町で行われた中部電力の地元説明会の時にも、報道機関は入室をシャットアウトされました。中部電力は、報道機関に入られると困るような、不都合な問題を抱えているのかしら?と疑問を持ちました。胸を張って、住民説明会をして、報道機関に伝えてもらえばいいのにと思いました。

【2008/06/06 14:36】 | 風力発電問題への関わり | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
回答書に対する意見及び再度の要望書を提出


 私たちは承服できませんでしたので、要望書を提出しました。

             ↓
中電意見・要望.PNG

【2008/06/05 17:50】 | 風力発電問題への関わり | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
答えになっていない文書


 全く、馬鹿げた文書で、質問に対する答えになっていません。
開示できない理由が「相手方もあること」ですって!!

 相手方とは、地元の各自治会のことであって、自治会とは、住民の総意を代表する組織であること。住民の総意を代表する組織の自治会が発行した文書を住民が知り得ることは当然の権利です。

相手方=自治会=住民 つまり、相手方=住民 

 相手方である住民が、開示請求をしているのに、拒む理由が「相手方もあること」なんて、いったい、どういうことでしょう?

 会社側に開示できない、なんらかの事情があるのでしょうか?
開示されて、公表されてしまうと都合の悪いことでも???

 開示請求を拒んでいるのに、趣旨、目的等は何なのか知りたいなんて、開いた口が塞がりません。

 

【2008/06/05 09:51】 | 風力発電問題への関わり | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
公開質問状に対する回答書


 19年10月4日付け公開質問状についての回答書を中部電力株式会社より、いただきました。

                ↓

10.12回答.PNG

【2008/06/04 09:20】 | 風力発電問題への関わり | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ