気分転換しましょう! 4
 
 先日、お花見に出かけました。

 環境問題でお世話になった方のお庭まで。

 そこは、見事な花園でした。

21.4.23 001.jpg

21.4.23 002.jpg

21.4.23 004.jpg

21.4.23 007.jpg

 そのお庭で丹精込められた牡丹の花は200種類にもなるそうです。

 早朝のお花見の後で、近くの喫茶店に行きました。

 団子ならぬ、ボリューム満点のモーニングサービス付きのコーヒータイムをとり、(牡丹の花を咲かせることはできませんが)おしゃべりの花を咲かせてきました。

 *私たちの地方では、午前11時ごろまでに喫茶店で飲み物(コーヒー、紅茶、ミルクなど)を注文すると、トースト、サラダ、ゆでたまごなどのオマケが大抵のお店でついてきます。
 
 
料金は飲み物代(400円くらい)だけです。

 

スポンサーサイト
【2009/04/30 08:23】 | その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
伊豆半島に行きました  11


 「風の便り」からお便りが届いています。

        ↓

21.4.18.jpg

【2009/04/29 09:14】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
伊豆半島に行きました  10


 風車建設予定現場の見学に手間取り、3時からの「伊豆半島の風力発電について話そう」市民フォーラムに遅れてしまいました。

 途中入場すると50名以上の方が参加されていました。

 ここで、田原市のOさん家族と合流しました。

 私は風力発電反対の集会かと思っていましたが、そうではなく、主催者側からは、風力発電推進の立場の皆さんの参加も呼びかけたそうで、各方面から一緒に考える会にしたかったそうです。

 でも、残念ながら風力発電推進の立場の皆さんの参加はないようでした。 

          ↓

21.4.18 035.jpg

21.4.18 034.jpg       

【2009/04/28 06:53】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
伊豆半島に行きました  9


 
いきなり、事情聴取?が始まりました。

 
 責任者は誰ですか? 

 私です(前出のご年配の男性) 

 住所と氏名は?

 何のために聞くのですか?

 向こうの人(ガードマン)にも聞きましたから

 警察官が何の権限でもって、どういう立場で、そもそも、どんな用件で聞き取りをしようとするのか、私たちに説明もありません。

 ガードマンにも聞きましたから、では、答えになっておらず、私たちに納得できるはずはありませんでした。

 その前にあなたの身分を教えてください?

 相手は、警察手帳を提示しました。

 ご年配の男性は目がお悪いそうなので、私(老眼)が警察手帳を見て代わりに確認。

 状況から判断して、私たちは不法侵入したとして、警察に通報され警官が来たのでしょうか?

         

21.4.18 017.jpg


 私たちは、暴れて困らしたわけでもなく、器物破損や工事の妨害をしたわけでもありません。

 私たちは事業者に赤道通行を一旦は阻害されたのです。

 事件、事故が起こったわけでもないのに、警察の素早い対応は、如何なものかと疑問に感じました。

 でも、警察官に食いついてみても得などありません。

 
 結局のところ、警察は何をしに来たのか?私たちには知らされることはありませんでした。

 

【2009/04/27 08:04】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
伊豆半島に行きました  8


 らちがあかないので、T氏(事業者に対し、立ち入り許可を事前にお願いしていた人物なのか?この辺の事情が私には分かりませんが)に現場に来てもらいました。

 T氏が登場したことにより、私たちは徒歩で場内に進入することができました。

     ↓

21.4.18 032.jpg

21.4.18 029.jpg

 

 戻って来ると、前方に何やら、人がいるようです。制服に腕章付き???

 近づいてみたら警察の人でした。

 パトカーもやって来ました。

     

【2009/04/26 09:01】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
伊豆半島に行きました  7


 ご年配の男性は、すかさず

 どこからどこまでが赤道ですか?境界線を確認したいので、(赤道の使用許可により)境界線を示してください。

 赤道との境界線が鋲(びょう)などで確定されているでしょう?

  境界線を示すことができないなら、ここ(工事用車両出入口)から進入しますから開けてください。

21.4.18 021.jpg

 赤道は、公図上で赤く着色された道として表示されていますので、赤道の使用許可を受けているのであれば、厳密には、公図と照らし合わせて、現場が測量できているわけなので、赤道の位置の確認ができると思います。

 事業者が赤道との境界線を認識できないということと、「立入禁止」として通行を認めないことは、事業者が赤道の存在を知りながら不法に使用、占有しているのではないのかと疑いを持たれてしまっても、仕方がないことになると思います。

 事業者が赤道の使用許可を受けているのか、どうなのかは地元の皆さんが調べればわかることですが。

 すったもんだの挙句、ガードマン氏は「立入禁止」と強気の態度から「立入らないで欲しいとお願いしています」と柔軟には、なってきましたが、通行を認めることはしませんでした。

【2009/04/25 08:02】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
伊豆半島に行きました  6
 
 ご年配の男性が「立入禁止」の理由をガードマンに尋ねました。

 すると工事するために許可をもらい、うちの会社(事業者の下請け)が管理を任されています」

          ↓ 
21.4.18 016.jpg         

 「工事中のため危険ですから入ってもらっては困ります」との返事です。

 これに対し、ご年配の男性は理路整然と語り始めました。

 

 土、日は工事をしないと聞いていました(この日は土曜日でした)

 この山(建設予定用地)には赤道(あかみち)が通っています。
 
 私は情報公開請求をして赤道があることを知りました。

 工事により赤道を使用するには、赤道の使用許可が必要です。

 赤道の管理者は町であろう。

 
ただし、許可されるのは、工事に際してだけであり、人の通行権を侵害してはならない。

 私たちは通行権を行使して赤道を通行します。赤道を通るので、そこを開けてください。

 私は、思わずそのとおりと言って拍手してしまいました。

 この間に資材を積んだダンプ2台が現場に到着しましたが、ゲートを開けると私たちに入られると思ったのか、ダンプ2台はガードマンの指示?で、引き返して行きました。

【2009/04/24 07:22】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
伊豆半島に行きました  5
 
 風車建設予定地の工事現場の見学に向かいました。

 現場への立ち入りを許可してもらうために、事前にお願いをしてあったそうですが、私たちが工事状況の確認のために立ち入ろうとすると「立入禁止」とガードマンに制止されてしまいました。

          ↓
21.4.18 018.jpg


 とても、面白い看板が立っていました。
          
          

21.4.18 019.jpg

【2009/04/23 06:46】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
伊豆半島に行きました  2


 山道の途中で、私たちの案内人として出迎えてくださったのは、別荘地にお住まいの方々でした。

 
この辺は、眺めも良く海が綺麗に見えました。

 でも、風車が建ってからは、(住んでおれずに)この地を手放した人の空き家が何軒もあるそうで、不動産屋さんの管理地となってしまった看板やら、家を壊した跡と思われるような宅地が目に付きました。

 今では、土地付きで50万円の値段でも売れないそうですと言われました。

 
 私たちは降車して、いただいた資料をもとに説明を受けました。

            ↓

 SAVE0406.PNG

   21.4.18 001.jpg

   21.4.18 002.jpg 

 風車の概要など、ひと通りの説明が済んだところで、風車から300メートル離れたところにお住まいの女性より、風車の影響から、鼻や喉からの出血でお困りになってみえること、足がふらつき真っ直ぐに歩行できないなど、深刻な健康被害の訴えがありました。

 また、他の2名の男性からも、自身が受けている健康被害の報告もありました。

             

【2009/04/22 10:29】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
伊豆半島に行きました  4
 
 熱川ウインドファーム見学会が終わり、解散組みと別行動で、私たちは、引き続き石廊崎風力発電所建設予定地の見学会に参加することになりました。

 熱川ウインドファームを後にして、30分くらい過ぎてからでしょうか?愛犬の拓ちゃんの咳がピタリと止まりました。それまで咳き込んでいたのが嘘のようです。

 風車に近づいたら咳き込み、離れると止まる??? やはり、拓ちゃんは風車被害者か?と思いました。

 見学会参加者の集合場所に指定された南伊豆町の役場に到着です。

 隣の公園で、お弁当タイムをとって、暫し休憩。

       ↓
   21.4.18 010.jpg

 
 発電所建設予定地近隣のお宅を訪問(私は再訪です)

       ↓
   21.4.18 014.jpg

     21.4.18 015.jpg

【2009/04/22 07:14】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
伊豆半島に行きました  3
 
  別荘地から見たCEF風車群の一部

                 ↓
   21.4.18 003.jpg

   21.4.18 004.jpg
 
 
 風車の近くまで案内されて、5号基風車の側に着きました。
     
                 
     21.4.18 007.jpg
   

  向こうに見えるのが
4号基だそうです。
                   
                ↓
   21.4.18 005.jpg

【2009/04/21 09:24】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
伊豆半島に行きました  1


 Mさんは、愛犬の拓ちゃんを連れていました。

            ↓

   21.4.18 036.jpg

 

  私たちは、熱川駅にお迎えくださった車で、各地から風車見学にみえた皆さん方(15名くらい)と一緒にCEF伊豆熱川ウインドファームに行くことになりました。

 ウインドファームに近づいてきた頃、突然拓ちゃんは激しく咳込み出し辛そうでした。ウインドファームを見学中、拓ちゃんの症状は治まることはありませんでした。

 拓ちゃんも風車被害者?

 拓ちゃんの飼い主のMさんは仕事のため、自宅で一日中過ごすことは、あまりないそうです。

 しかし、拓ちゃんには、お仕事がないので風車の近くのお家でお留守番です。

 そんな拓ちゃんは、風車が建ってから、喘息持ちのように激しく咳込むようになったそうです。

 もしかしたら、拓ちゃんも風車からの影響を受けているのかも知れない?とお父さんは感じていました。

 

【2009/04/19 23:16】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
伊豆半島に行くことにしました  2


 今のお天気は、曇天です。

 では、行ってきます。

【2009/04/18 05:29】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
伊豆半島に行くことにしました
 
 風車建設ラッシュ?で伊豆半島が大変になっているそうです。

 今回、南伊豆の方からお誘いを受けていましたので風車列島?の伊豆半島に行くことにしました。

 東伊豆、南伊豆の現地見学と情報交換を兼ねて1泊2日の旅です。

 私と風車被害者のMさんは、最初の訪問地の東伊豆を目指して、明日の早朝出発します。

 午後には、南伊豆に到着する予定のOさん家族と合流することになっています。

【2009/04/17 23:09】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
公文書非公開決定通知  2
 
   M&D社がエネ庁に嘘の報告をした?  5

 平成17年4月11日付でM&D社が豊橋市役所宛に発行した「細谷地区における風力発電事業計画について」の文書の公開請求をしましたが、公文書を保有していないという理由で非公開になりました。

         ↓

SAVE0405.PNG

 この公文書非公開決定通知書によってM&D社から豊橋市長には、「細谷地区における風力発電事業計画について」の文書が届いていないことが明らかになりました。

 M&D社からの上記文書が存在していなければ、それに対する豊橋市長の回答書(意見書)の存在はあり得ません。

 従って、M&D社の補助金申請には、豊橋市長の承諾書(意見書)はないのですから、添付することができません。

 エネ庁が開示した文書のなかにも豊橋市長の承諾書(意見書)はありませんでした。

 つまり、豊橋市長の承諾書(意見書)の添付がされてなくても、エネ庁は補助金をM&D社に下ろしたことになります。

 M&D社による同時期の2基の風力発電の補助金申請で、田原市は意見書の添付あり、豊橋市は意見書の添付なしといった、手続き上納得のできない、許しがたいエネ庁の判断だと思いました。

 M&D社もエネ庁に嘘の報告をしたことになりました。

 豊橋市長の承諾書(意見書)の不存在については、当ブログの4月14日の日記でも取り上げております。

 

【2009/04/17 09:47】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
田原市役所が開示した文書  1

  M&D社がエネ庁に嘘の報告をした?  4


 M&D社が愛知県内に設置した風力発電所は、豊橋市細谷町にある細谷風力発電所と田原市六連町にある久美原風力発電所の2ヶ所です。

 久美原風力発電所について、田原市役所が開示した文書のなかに

 「細谷地区における風力発電事業計画について」の申し入れ文書とたまたま発行日付が同日であった「久美原地区における風力発電事業計画について」の申し入れ文書がありました。

         ↓

SAVE0403.PNG

SAVE0404.PNG

 M&D社の発行した申し入れ文書(細谷と久美原)を比べてみて、気付いた点

 豊橋市に申し入れしている(かどうかわからない)文書には、宛先を豊橋市役所殿としているのに、田原市に申し入れしている文書では、宛先が田原市役所殿ではなく田原市長白井孝市殿となっていました。 

 承諾書をお願いしている箇所には、豊橋市と田原市とでは、何故か?表現に微妙に違いがあるのを感じます。

 田原市に対しては、承諾書をちょうだいねと言っているような積極的な姿勢が見受けられるような印象を持ちました。

【2009/04/16 09:22】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
資源エネルギー庁が開示した文書  5
 
  M&D社がエネ庁に嘘の報告をした?  3


 資源エネルギー庁が開示した文書のなかに不可解?なものがありました。

 それは、M&D社が豊橋市役所殿として、申し入れをしている文書で

 細谷地区における風力発電事業計画について経済産業省の補助金の交付を受けたいので(地元市町村としての)承諾書(意見書)をいただきたいという内容のもの。

 文書の宛先が当時の豊橋市長早川勝様ではなく、豊橋市役所殿としていることに注目ください。

           ↓

SAVE0402.PNG

SAVE0400.PNG

 補助金の交付を受けたいと申し入れしている上記文書は、もしかしたら、(本当の)豊橋市役所に届けられていないのでは?と、疑問を持ちました。

 なぜなら、補助金の交付を受けたいとの申し入れがないものに、豊橋市長の『風車建設賛成の意見書』や『風車建設反対の意見書』はあり得ないからです。

 私は、最近になってこのことに気づき、真実を確かめるために行動することにしました。

【2009/04/15 09:49】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
公文書非公開決定通知  1
 
  M&D社がエネ庁に嘘の報告をした?  2

 
 市議会議員の渡辺則子さんが「M&D社風力発電に関する市長名、市長印の文書の一切」の公文書公開請求書を平成20年6月17日に豊橋市長宛に提出しました。

 しかし、公開請求にかかる公文書を保有していないという理由で、非公開になりました。

          ↓

SAVE0398.PNG

 公文書を保有していないということは

 私たちの一番関心を持っているところの、M&D社の風力発電事業に係る補助金申請手続きに関して、豊橋市長の『風車建設賛成の意見書』『風車建設反対の意見書』どちらも存在していないことになります。

 M&D社は、『市長の意見書』に関しても『役場』と打ち合わせをし、エネ庁に補助金申請をしたのでしょうか?

【2009/04/14 09:55】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
民主党の参議院議員の谷岡郁子さんをお迎えしました


 谷岡郁子さんは、昨年7月に私たちが風力発電に関する問題で、資源エネルギー庁と環境省に対して、要望書を提出する際に、担当者の皆様にお話を聞いてもらえるよう、段取りをしてくださった国会議員さんです。

 また、谷岡さんには、新エネルギーの導入推進とリスク管理に関する質問主意書を提出してくださるなど、大変お世話になりました。

 

               ↓

     コピー ~ 21.4.11 007.jpg


 昨日、谷岡郁子さんをお迎えして、環境問題を中心としたテーマでミニ集会を開催しました。

     

     コピー ~ 21.4.11 002.jpg


 ぽかぽか陽気の午後、細谷町の風車被害者のお宅の広いお庭をお借りして、市議会議員の渡辺則子さん、風力発電を考える会、産廃の焼却炉の反対をしている会、設楽ダムの問題に取り組んでいる方、表浜の清掃活動をされた青年、雇用問題を抱えた日系人の方、子育てについて学習しているお母さんなど、40人近くの人が集まってくださり、情報交換することができました。


     コピー ~ 21.4.11 003.jpg

 
 
芝生の絨毯の上で、寒くなったなあ、と気がつくと3時間があっという間に過ぎていました。

 

【2009/04/13 11:52】 | その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
資源エネルギー庁が開示した文書  4


  M&D社がエネ庁に嘘の報告をした?  1


SAVE0395.PNG

SAVE0396.PNG

SAVE0397.PNG

            ↑

 役場と打ち合わせをした結果、希少動植物が生息していないとのコメント得ている

 M&D社は、「豊橋市役所」ではなく「役場」に対応してもらっているようです。

 豊橋市内に「公証人役場」はありますが、「役場」はありえません。

 存在しない役場には、担当者も存在していませんので、打ち合わせをしたということは、死んだ人と話をしたと言っているのと同じことになると思います。

 死んだ人と打ち合わせただけで、希少動植物の生息調査が済んだことになる?

  補助金申請に添付する「豊橋市長の意見書」についても、「役場」に対応してもらったのでしょうか?

 

【2009/04/13 10:26】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
資源エネルギー庁が開示した文書  3


昨日の日記で公開した

7.環境影響調査の実施状況
 (3)生態系 (天然記念物等がある場合には、それに対する影響について)

 現地は周辺が農地で特に希少動植物が生息していないことを地域住民、役場及び愛鳥家からコメント得ている

について、地域住民、役場及び愛鳥家のコメントを探してみました。

SAVE0392.PNG

 ご意見を述べているのは、地元住民及び総代のどなたであるのか?
責任の所在が明らかではありません。

 ただ、希少動植物としているだけの漠然とした表現では、具体性に欠けています。

 

SAVE0393.PNG


 これで、調査をしたことになるのでしょうか?

 

 

SAVE0394.PNG

 「役場」のコメントなんてありません!役場自体が存在していません!

 豊橋市役所のことを「役場」と置き換えて考えてみても、豊橋市役所のコメントなんて、ありませんでした。

【2009/04/11 10:35】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
資源エネルギー庁が開示した文書  2


SAVE0389.PNG

SAVE0390.PNG

SAVE0391.PNG

【2009/04/10 07:33】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
資源エネルギー庁が開示した文書  1


 昨年の7月、エムアンドディーグリーンエネルギー株式会社の細谷風力発電事業に係る補助金申請に関する文書の開示請求をしました。

 開示請求をして、2ヶ月後に資源エネルギー庁から開示された文書が送付されてきました。

           ↓

SAVE0387.PNG

SAVE0388.PNG

【2009/04/09 09:19】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
愛知県の対応  1
 
 私は、環境問題で愛知県や、静岡県などに対しても情報公開請求をしたことがありますが、その対応で、「県」というところに、あまりいい印象を持ってはいませんでした。

 「国」というところは、更に、その上でしたが。

 先日、産業廃棄物処分業(中間処理の許可申請書と立入記録簿の開示請求をしました。

 昨日、そのお役所から電話が入りました。

 聴くと現場(焼却炉)の様子を撮った写真は、150枚ほどあるらしい、カラー印刷にすると1枚につき50円の費用がかかってしまうので、どうしますか?と言う親切なものでした。

 私は、大きな顔?をしていますが、家族に扶養されている立場ですので、配偶者に相談しないと即答ができませんでした。

 費用の面は、さておき、親切な担当者さんだったので、質問しました。

 「違反をしている様子が写真に写っていますか?」

 「写っていません」

 「私が現場に行った時には、扉が閉まり、焼却炉は運転されてないようにみえました、立入記録簿の現場写真には、焼却炉の内部について写されているものがありますか?」

 「(役所が立ち入る)昼間は焼却炉の運転をしていないことが多く(なかに入れないので)外からの写真です」

 「じゃあ、稼動してなく、休止しているのですか?」

 「夜間に稼動しているようです」

 

 事業者は24時間稼動の焼却炉と言っていましたが、夜間限定稼動なのでしょうか?

 取扱い品目は、紙くず・木くず だけなのですから、遠慮しないで昼間も堂々と営業できます。

 なにか都合の悪いことでもあるのかしら???

 

 

 時間が経過した後、詳しく話せる担当者の方が、再度電話くださり、分かり易く説明をしていただきました。

 私が描いていたイメージと違い、正直で好感が持てました。

 

 

【2009/04/08 07:29】 | 廃棄物問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
南伊豆からのお客様  17

   市民フォーラム開催日に風力発電現地調査会も予定されていることを知りました。

 風力発電現地調査会 

 4月18日(土)

 10:00~東伊豆町風車見学

 13:00~南伊豆町建設現場見学(予定)

 お問い合わせ 自然破壊と廃棄物公害を防止する住民連合会

           0558-22-8595

【2009/04/07 07:27】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
南伊豆からのお客様  16


 強風の日、Mさんは風車からの影響で、頭が痛くてどうにもならず、愚痴を聞いてもらうために南伊豆の方に電話したそうです。

 そこで、市民フォーラム開催のお知らせを知り、お誘いを受けたそうです。

         ↓

SAVE0386.PNG

【2009/04/06 08:50】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
M&Dグリーンエネルギー社の対応 4
 
 細谷地区における風力発電事業計画について、M&D社が平成17年4月11日付けで発行した文書が私の手元にあります。

 その文書なかで、環境アセスメント 騒音についての下記の記述があります。

 万一、影響が出た場合には誠意を持って対策する所存です

 え?本当?

       

  M&D社の実質の経営権を持っている(と思われる)ミツウロコの風力発電事業進出により、体調不良になられた皆さんは、M&D社の担当者に被害状況を再三訴えておられます。

 が、担当者は、のらりくらりの対応ですから、我慢も限界まできた被害者のなかには、「社長に会わせろ」と談判した人もあります。

 しかし、風車事業者の対応は、「社長は不在が多い」とか「上司がいない」ので、と、その都度その場逃れをし、被害者は適当にあしらわれているだけです。

 事業者は時間稼ぎをしているだけで改善策を示すなどの努力がみられません。

 

【2009/04/05 08:31】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
M&Dグリーンエネルギー社の対応 3


 以前、当ブログにM&D社の対応について、次のようにコメントされた方がいました。

「ご存知のようにM&Dの出資会社は大きな会社ですから、ごまかししてまで信用を落とすことはしませんよ」

 ここでいう大きな会社とは、ミツウロコのことでしょう。

 ミツウロコが、しでかした補助金の不正受給は、はっきり、『ごまかし』と言えます。

 M&D社とミツウロコは、本店所在地と代表者が同一のようです。 

 
 
M&D社の商業登記簿の商号、目的欄などの写し
 (平成17年5月2日)

             ↓

SAVE0382.PNG

 こんな資料もありました。
    
             ↓
SAVE0383.PNG

【2009/04/04 08:47】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
M&Dグリーンエネルギー社の対応 2

  ミツウロコが『省エネコンロ』補助金を不正受給

 
 経済産業省は平成21年3月27日、株式会社ミツウロコ(M&Dグリーンエネルギー株式会社の親会社)による補助金の不正受給に対する措置を講じた。

                 ↓

SAVE0380.PNG

SAVE0381.PNG

【2009/04/03 07:03】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
残土処分場を計画か? 地元の産廃問題 17


 今朝の現場です。

 

21.4.2 002.jpg

 

21.4.2 003.jpg

 

 隣地との境界の杭が入っていました。

21.4.2 005.jpg

【2009/04/02 09:54】 | 地元の産廃問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ