被災地がれき  51


2012429日中日新聞【愛知】

http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20120429/CK2012042902000028.html


住民理解ないと同意できず」 がれき受け入れで県保険医協会

県内の医師や歯科医師でつくる県保険医協会は二十八日、東日本大震災で発生したがれきの受け入れを県が進めていることに対し、「十分な情報と、自治体や住民の理解を抜きには同意できない」との見解をまとめ、県に提出した。

 見解では「廃棄物を運搬することで大幅なコスト増を生む。放射能による汚染の恐れがあり、これまで以上に慎重に対処するべきだ」などと指摘し、生活環境調査や住民説明会の実施を要求。「廃棄物の放射能測定はだれが行うのか」など七点の疑問を挙げ、解決されない時点では受け入れに同意できないとしている。県は、名古屋港南5区2工区(知多市)、中部電力碧南火力発電所(碧南市)、トヨタ自動車田原工場(田原市)の三カ所に、焼却施設や最終処分場を整備する方向で調整を進めている。


 保険医協会といえば、以前、渥美半島(田原市内)の風力発電の
現地調査にお越しくださっていました。


スポンサーサイト
【2012/04/30 07:49】 | 廃棄物問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
気になるニュース  615


 本日の中日新聞の記事です。




          IMG_0473.jpg





【2012/04/29 09:06】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
被災地がれき  50

  本日の東日新聞の記事です。




          IMG_0472.jpg


【2012/04/28 08:34】 | 廃棄物問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
被災地がれき  49の2

 東三河の暮らしといのちを守る会が
愛知県知事と豊橋市長に提出した要望書の内容

          県知事・市長がれき拒否要望


【2012/04/27 23:00】 | 廃棄物問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
被災地がれき  49
  
 東三河の暮らしといのちを守る会は 震災がれき受入れ拒否を求める要望書を
豊橋市長(秘書課)に提出したのち、 同じ内容の要望書を豊橋市役所内にて、
愛知県知事に手渡しました。


          IMG_0417.jpg



【2012/04/27 08:24】 | 廃棄物問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
被災地がれき  48
  
 東三河広域協議会総会が本日開催されるということを
今朝、知ることになり、豊橋市役所に行ってきました。

 愛知県知事がこの総会に出席されるということで
私たちは13階まで行きました。




          120426_higashimikawa.jpg



【2012/04/26 22:36】 | 廃棄物問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
被災地がれき  47



毎日新聞 2012年04月25日 
http://mainichi.jp/area/ibaraki/news/20120425ddlk08040140000c.html

東日本大震災:がれき問題、坂東市長が受け入れ慎重 「国が全責任持って行うのが筋」  /茨城

 
 
東日本大震災で発生した宮城、岩手両県の災害廃棄物(がれき)受け入れを巡り、坂東市の吉原英一市長は26日、「安全性がきちんと担保されなければ難しい。地元の人が疑念を持つようであればやるべきではない」と慎重な考えを示した。「がれき処理は国が全責任を持って行うのが筋で、全国の自治体に要請するのは疑問」と述べた。毎日新聞の取材に答えた。

 吉原市長は「坂東市と周辺地区は、全国でも有数の野菜生産地だが、東京電力福島第1原子力発電所事故による風評被害で大きな打撃を被った」と指摘。「今また風評被害が出たらどう対処すべきか。国が補償を確約してほしい」と求めた。

 また、処理方法については「がれきが発生した地元に処理施設を建設すれば、地元に金が落ち、がれき分別で雇用も生まれ、コンクリートは土壌かさ上げにも利用できる」と提案した。【宮本寛治】



【2012/04/26 08:03】 | 廃棄物問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
被災地がれき  46



是非ご覧ください。

     ↓

YouTube

がれき広域処理問題 緊急座談会 独立系メディア E-wave Tokyo

http://www.youtube.com/watch?v=Qyfx58r1sHU

eriaoyama さんが 2012/04/24 に公開

現在日本中で社会問題となっている国(環境省)の災害廃棄物(がれき)の広域処理問題について、当初からこの問題に現地で関わってきた研究者、議員らによる緊急座談会であ­る。座談会は、2012年4月23日、東京都品川区の独立系メディア E-wave Tokyoのスタジオで行われた。座談会参加者は、池田こみち氏(環境行政改革フォーラム副代表)、奈須りえ氏(東京都大田区議会議員)、鷹取敦氏(環境行政改革フォーラ­ム事務局長)、司会は青山貞一(元東京都市大学教授、現在、早稲田大学理工学部非常勤講師)である。

座談会では、国のがれき広域化がもつ問題点について、おもに国による地方自治への侵害、脆弱な科学的根拠、放射性物質汚染以外の災害廃棄物焼却による汚染、議員立法の形式­
をとりながらその実官僚主導立法であること、支離滅裂な告示内容、米国、英国など海外市民のがれき広域処理問題への取り組み、現場自治体職員のとまどい、環境省が巨額な税­金を使い行っているテレビ、新聞広告の問題など。


【2012/04/25 21:30】 | 廃棄物問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
被災地がれき  45


 昨日の中日新聞の記事です。


          24.4.24新聞 2


【2012/04/25 08:24】 | 廃棄物問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
被災地がれき  44

 本日の中日新聞の記事です。



          24.4.24新聞


【2012/04/24 10:02】 | 廃棄物問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
北海道に行ってきました  3


 稚内温泉のホテルに宿泊して、「日本最北端の地」の宗谷岬に寄りました。


          IMG_0318.jpg

 

 私がこの地に立ったのは、2度目となりました。

 




 
クッチャロ湖では白鳥を見ることができました。

          IMG_0326.jpg



【2012/04/24 08:05】 | その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
被災地がれき  43



毎日新聞 20120423日 1811分(最終更新 0423日 1819分)

http://mainichi.jp/select/news/20120424k0000m010018000c.html


震災がれき:受け入れ反対意見が多数 愛知・田原市

 
 東日本大震災の被災地で発生した震災がれきの処理について、愛知県が受け入れ先の候補に挙げた同県田原市に、100件以上の意見が寄せられ、そのほとんどが「反対」であることが23日、分かった。鈴木克幸市長が記者会見で明かした。

 意見は、電子メールや電話などで県内外から来ており、候補地に浮上した3月下旬から増え始めたという。

 反対の主な理由は、農業生産物への風評被害に対する懸念▽子どもの安全確保▽国が信用できない−−の3点。受け入れた場合、田原産の野菜を買わないとほのめかす内容もあったという。

 鈴木市長は「(市民に)支援の気持ちはあるが、不安感もあると思う」と述べた。同県東三河地方の8市町村でつくる「東三河広域協議会」の被災地調査チームが23日、宮城、岩手両県へ出発しており、「調査結果を踏まえて、対応を検討する」と話した。また、「不安が高じると不信につながる」として、県による早期の地元説明を求めた。【清藤天】


【2012/04/23 20:47】 | 廃棄物問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
北海道に行ってきました  2

 日頃、我が家の仕事を手伝ってくださっているパートの皆さんに
感謝の意を込めて、慰安旅行を計画しました。

 長男夫婦を含めて総勢10名の北海道でした。

 18日午前9時20分、新千歳空港着で日本海の景色を見ながら北上しました。

 やはり、風車が気になります。

オトンルイ風力発電所

 http://www.town.horonobe.hokkaido.jp/www4/section/soumu/le009f0000001a4l.html#s2

          IMG_0305.jpg



          IMG_0301.jpg



          IMG_0296.jpg





          

【2012/04/23 07:28】 | その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
被災地がれき  42



 本日の東日新聞の記事です。



          P1010061副








【2012/04/22 11:03】 | 廃棄物問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
北海道に行ってきました  1

 18日から21日まで、北海道でした。

 今、帰宅したところです。
【2012/04/22 00:06】 | その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
被災地がれき  41



NHK名古屋放送局 東海のニュース

04月17日 1912

http://www.nhk.or.jp/lnews/nagoya/3004429041.html

 

がれき 市長会も不安の声

被災地のがれきを受け入れる愛知県の方針について、県内の市長を対象にした説明会が17日、名古屋市で開かれました。この中で愛知県が知多市と碧南市、田原市に、がれきを受け入れる施設を整備する方針を示していることについて、碧南市や知多市の市長などから「なぜ3つの市が選ばれたのか」と質問が出ました。これに対し愛知県の担当者は「市街地から遠い最終処分場がすでに整備されていることを考慮した」と説明しました。このほか出席者からは風評被害の補償に対する不安や、安全基準のわかりやすい説明を求める意見が出ていました。一方、市長会の会長の安城市の神谷市長は「市長会に、がれきの受け入れに関する研究会を設けたい」と述べました。


【2012/04/18 04:01】 | 廃棄物問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
被災地がれき  40



毎日新聞 20120417日 1215分(最終更新 0417日 1228分)

http://mainichi.jp/select/news/20120417k0000e040210000c.html


震災がれき:最終処分場新設…国が費用負担へ

 
 政府は、東日本大震災で発生した災害廃棄物(がれき)の処理を被災県外の自治体が受け入れた場合、それにより減った容量を補うため最終処分場を新設する費用などを国が全額支援することを決め、17日朝開かれた関係閣僚会合で報告した。被災県外でがれきを処理する「広域処理」に関して政府は、既存の処分場に埋め立てる方針を示している。支援の対象は、がれきを埋め立てた量に相当する新たな最終処分場の整備費と用地取得費で、復興期間中(2020年度まで)に整備するもの。【藤野基文】


【2012/04/17 20:07】 | 廃棄物問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
市長選挙  7

 一昨日の日曜日、日帰りのバス旅行に参加しました。 

 11月に行われる予定の豊橋市長選に立候補を表明した元議員さんの
後援会が企画した親睦旅行でした。

 コースは、前日に開通した新東名高速道路を通って「日本三大桜」の一つである
『山高神代桜』のお花見でした。


          行きに車窓から見えた富士山です。

          P1010028~1 副


          
          山高神代桜 です。

          P1010053 副

         
          
          
          日本三大桜の福島県三春町の滝桜の子桜がここで花を咲かせていました。

          P1010044~1 副



          P1010047 副

 
 以前、もう一つの「日本三大桜」の薄墨桜(岐阜県)を
見に行ったことがありますが、満開の時期に行ったので
道路が渋滞して帰宅が遅くなってしまいました。

 今回も高速道路の開通と重なり、そうなってしまいましたが
見る価値があると思いました。








【2012/04/17 08:15】 | その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
被災地がれき  39

 先日開催された「がれき広域処理」の問題についての
勉強会の記事が 昨日の東愛知新聞に載りました。


          がれき勉強会

 この勉強会には、田原市外からも以下の皆様方も参加されました。

 原発反対の活動をされている方
 みなみそうまサラダプロジェクトの活動をされてみえる皆さん
 豊川市の議員さん

 

 
 ほかに、田原市内で計画されている産廃の中間処理施設
に対して、反対されてみえる皆さん。
 田原市の議員さんなど。





 この勉強会の内容については、
勉強会に参加された方のブログ

 ゼロ原発 東三河
 http://blog.goo.ne.jp/zerogenpatsu/e/8d23b53900533eb479d7fc4f6ec6261d

にも書かれていましたので、ご覧ください。



 



【2012/04/16 14:02】 | 廃棄物問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
みなみそうまサラダプロジェクト 6

 みなみそうまサラダプロジェクトでは、福島県の相馬保育園にも
愛知産の野菜をお届けしています。

 相馬保育園では、子どもたちの内部被ばくの予防のため、
給食材料には遠地の産物を使用したいと願っているからだそうです。

 
この保育園の子どもさんたちと職員さんには
震災と津波でご家族を亡くされてしまった方や
お家を流されてしまった方もみえるそうです。
 
 園長先生も津波でお家を流されてしまったそうです。

             *
             *
 
 サラダプロジェクトで野菜を提供している我が家ですが、
先日、園長先生からお礼のお手紙をいただきました。 


 
このお手紙には、ただのふうかちゃんのメッセージも添えらていました。涙です。
   
           がれき8


 私は園児の皆さんからの「ありがとうのお花」を首にかけさせてもらいました。 

 ありがとうございます。

           がれき7


 みなみそうまサラダプロジェクトは被災地の小学校や保育園に
安心・安全な野菜をお届けする活動をしています。

 被災地支援のための、みなみそうまサラダプロジェクトを
がれきの広域処理といった馬鹿げた政策でつぶさないでください。





 




 
【2012/04/15 05:40】 | その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
気になるニュース  614


  昨日の週刊「ツー・ワン紀州」の記事だそうです。




          2.1紀州1



          2.1紀州2



【2012/04/14 09:51】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
被災地がれき  38

 

20124110742  読売新聞

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120410-OYT1T00659.htm


がれき広域処理推進へ、住民の視察ツアーに補助


 東日本大震災で発生した岩手、宮城両県のがれきの広域処理について、環境省は各地の自治体に対し、住民を対象にした被災地視察ツアーの費用を補助することを決めた。

 放射能汚染を心配する住民に現地の状況を見てもらい、安全を確認することで広域処理を進めたい考えだ。

 補助するのは、借り上げバス代、宿泊費、説明会の会場使用料、講師への謝礼など。原則的に実費を負担するが、宿泊費は「国家公務員等の旅費に関する法律」(旅費法)に基づいた金額と実費を比較し、安い方を補助する。旅費法での国内宿泊費は役職などに応じて7800~1万9100円。同省は「どのくらい利用されるかは未知数だが、常識的な範囲内で補助したい」としている。

 がれきの受け入れを正式に決めたり、検討したりしている自治体は増えてきたが、自治体側からは住民の安心につながる支援を国に求める声が相次いでいた。



政府が推進する「がれきの広域処理」とは、被災地にお金を落とすことをしたくない政策としか思えない!
被災地のためのお金なのに被災地でないところが食いものにする。こんなことは到底許せません!!


【2012/04/14 07:05】 | 廃棄物問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
被災地がれき  37

 

 吉川三津子さんの講演会は100人の皆さんの参加ということで大盛況でした。


          がれき4


          がれき5


          がれき6



          

 がれきの広域処理の問題で、こんなに大勢の人に集まっていただき、私は改めて皆さんの関心の高さを伺い知ることができました。

 

 吉川さんは、長年にわたり産廃処理施設や不法投棄の現場に足を運び、身近に起こっている環境汚染から産廃問題を学習されてみえるので、ただ本を読んで勉強している、そこらへんの学者先生の眠くなるお話とはわけが違います。


 私が吉川さんに初めてお目にかかり、すっご~い人と感じたのは今から11年くらい前でしょうか?豊橋市議の渡辺則子さんに紹介され、吉川さんがダイオキシン・処分場問題愛知ネットワークを立ち上げたばかりのころでした。


 私は吉川さんの足元にも及びませんが、産廃問題を通じて、今尚お付き合いさせてもらっています。

 この勉強会の計画は、実行委員の皆さんが4月5日から動き出したものでした。

 

 
(講演会のお話の内容は、またの機会にご報告します。)


【2012/04/13 07:00】 | 廃棄物問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
気になるニュース  613



2012年411日 中日新聞 【三重】

http://www.chunichi.co.jp/article/mie/20120411/CK2012041102000014.html


風力発電「適地」で特例


 津、伊賀両市と中部電力の子会社が出資する第三セクター「青山高原ウインドファーム」(津市)の風力発電施設の増設計画で、県は十日、両市にまたがる青山高原への増設を許可した。増設されれば全国最大規模の風力発電拠点になる見込みだが、地元住民や環境団体は「自然破壊につながる」と反発している。

 「(原発事故後の)エネルギーを取り巻く状況を踏まえて判断した」。鈴木英敬知事はこの日のぶらさがり会見で強調した。

 最大出力二千キロワットの大型風車を計四十基増設する計画。青山高原一帯には五十一基が建っており、増設後は全国最大級の計九十一基になる。

 現在の五十一基のうち二十三基は自然公園法の国定公園特別地域内にあるが、県が特例として建設を許可した経緯がある。計画では、国定公園内への増設分は四十基のうち二十二基で、県が再び特例を認めるかが焦点となっていた。

 今回、県は環境への影響を最小限にするなど十一項目の条件を付けて特例として認め、環境省の了承を得た。

 国定公園内への増設について、鈴木知事は「青山高原は年間通して風が吹く風力発電の適地だ。自然環境を考慮してもやむを得ない」と理解を求めた。

 事業者の青山高原ウインドファームの小崎茂生総務部長は「大きな前進だ。原発の再稼働のめどが立たない中、自然エネルギーを活用して電力確保に努めたい」と答えた。

 一方で、住民や環境団体からは反対の声が上がる。

 伊賀市の住民団体「青山高原の自然を守る会」の武田恵世代表は「青山高原は一部が国定公園に指定された自然豊かな場所。特例で認めるのはおかしい」と指摘。日本野鳥の会三重の平井正志代表も「絶滅危惧種のクマタカなど猛禽(もうきん)類が生息しており、増設で繁殖できなくなる可能性がある」と懸念を示した。

 今後、建設予定地の保安林の指定を解除する必要があり、同社と県が事前調整を進めている。再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度が始まる七月以降、具体的な手続きが進むことになる。

(宿谷紀子)

 


【2012/04/12 07:23】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
みなみそうまサラダプロジェクト 5
 

 4月8日、みなみそうまサラダプロジェクトの野菜提供日でした。

          このブロッコリーは、

          3.jpg

         出荷する規格に合わないので
        商品として市場に出回ることになりません。

         売り物にならないので、親戚の畑で殺処分?の運命でした。

         勿論、食べるのには全然問題ありません。

         もったいないですが、仕方がありませんが サラダプロジェクト用に殺処分?を免れました。
        

         ブロッコリーが増えたので、乗用車では運びきれず
        齋藤隊長さんが借りているという倉庫まで軽トラックで行くことにしました。

           1

          5.jpg


         我が家の野菜は、ここを占領。

          7.jpg

  がれきの受け入れを許したら、安心・安全の野菜の産地がなくなってしまうことになる。
  がれきの広域処理、農家にも深刻な問題です。







 
【2012/04/11 07:30】 | その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
被災地がれき  36


       行って見ようと思いました。

       ここはどこだと思いますか?




          がれき3




       そう、がれき受入れ検討候補地とされたトヨタ自動車田原工場です。




          がれき1

         ひろ~い敷地のなかの大きい事務所。
        業務終了なのか?ここは電気が消えていました。

 

         で、こちらで対応していただきました。

             ↓

          がれき2


         私たち一行は、アポなし、しかも遅い時間の珍客です。

        でも、さすが世界のトヨタ自動車でした。













          
【2012/04/10 21:15】 | 廃棄物問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
被災地がれき  35


 本日の朝日新聞の記事です。




          P1010102 副




          P1010103 副



【2012/04/10 10:25】 | 廃棄物問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
被災地がれき  34
 

 愛知県の愛西市議の吉川三津子さんを講師にお迎えして
 「がれき広域処理の行く末を考える」をテーマとした

 
下記の講演会を計画しました。

 お気軽にご参加ください。   お待ちしています。




          吉川みつこ講演会







【2012/04/10 07:53】 | 廃棄物問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
被災地がれき  33



放射性廃棄物全国拡散阻止!3・26政府交渉のアーカイブ映像

        ↓

http://www.ustream.tv/recorded/21375833

 

http://www.ustream.tv/recorded/21377096

これをご覧になったうえで
以下をお読みください。




**************************



 環境省は、岩手県及び宮城県沿岸部の空間放射線量は高くありません。

岩手県と宮城県の沿岸部の災害廃棄物は、処理の過程で健康に影響を及ぼさないという
安全性が確認されたものだけが対象となっています。

としています。

   ↓

http://kouikishori.env.go.jp/howto/

 

 でも、環境省のお役人さんは、広域処理の対象となっているがれきそのものに対しての放射能汚染濃度については(高いがれきなのか、低いがれきなのか)測定はしていないと言っています。

となると、環境大臣ががれき受け入れ推進キャンペーン」で、皆さんに処理していただくのは、放射能の汚染の少ないがれきですから安全です。と言っていることは

岩手県及び宮城県沿岸部の空間放射線量は高くありません、イコール放射能の汚染の少ないがれきなのです。ですから安全なのです。

ということにすり替えられてしまっているのです。


 愛知県がこんなでたらめな政策で暴走してしまっている国に金を出すからと言われて口車に乗って、新たに焼却施設及び処分場を建設しようと方針を立ててしまうことは、被災地の手助けにはならず、むしろ、足を引っ張る行為であること。そして、なによりも、がれきが広域処理されると、愛知県いや全国各地に放射性物質が拡散されて取り返しのつかない事態になる。
ということを愛知県知事は、重く受け止めるよう考えて欲しいと思います。


 



【2012/04/09 09:51】 | 廃棄物問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
被災地がれき  32


 本日の東日新聞の記事です。



        P1010092 副


 
http://www.tonichi.net/news.php?mode=view&id=40009&categoryid=1

 


【2012/04/08 09:05】 | 廃棄物問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ