今度の敵は乳癌でした  8


 昨日は診察日で、手術で切除した癌組織に関する詳しい病理検査結果の説明もありました。


 一番の気がかりだったHER2擬陽性が、詳しい検査で陰性となり、陽性を覚悟していた私は
この検査結果には、むしろ拍子抜けしたくらいでした。


 なので、術後の補助療法はホルモン療法と放射線治療で、抗癌剤投与の必要がなくなり
乳癌の再発は低リスクとなりました。


 私の12年前の大腸癌のときでは、5年生存率が70パーセントと厳しいものでしたが
今、こうして生きています。


 今度の乳癌では、5年生存率が95パーセント、10年生存率では90パーセントらしく
抗癌剤を使うことはないので、肉体的負担が少なく楽に過ごすことができそうです。






スポンサーサイト
【2012/10/31 07:48】 | 健康 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
冷え取り靴下  2


 ヤマイモをいただいたので、とろろ汁を作ることにしましたが
手荒れ防止のためゴム手袋が必要で、探していたら思わぬ発見!!!


 何と、5本指の綿100パーセント靴下が30足くらい出てきました。


 そういえば、夫の友人が手袋・靴下のB品をセッセと運んでくれていましたっけ。

 思わぬ発見はタイムリーで嬉しいことでした。


 そんな単純な理由で、俄然、〝冷え取り“意欲が向上。


 で、絹100パーセントの5本指靴下を購入しようと調べていたら
豊橋市内にも製造販売している会社がありました。(生産している工場は中国のようですが)

思い立ったら即行動する私、早速、長男の嫁(冷え症でお悩み)と出かけてきました。

          IMG_0998.jpg


          履いてみました。

          IMG_1000.jpg

 

           左が絹1足だけのもの、右が絹1足プラス綿1足。
       ほかの品も買ってみました。

 

【2012/10/30 15:23】 | 健康 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
被災地がれき  157

 

毎日新聞 20121029日 地方版

http://mainichi.jp/area/akita/news/20121029ddlk05040010000c.html


東日本大震災:がれき処理「処理費の算出ずさん」 横手・栗田さん、会計検査院に告発書 /秋田

 横手市が実施している岩手県野田村の災害廃棄物(震災がれき)の受け入れ処理は、処理費の算出がずさんで国庫に損害を与えるとして、同市の栗田賢一さん(63)が会計検査院に告発書を29日付で送付した。

 横手市は震災がれきについて、試験焼却・埋め立て処理の安全性を確認した後、県と業務委託契約書(9月5日付)を交わした。

 栗田さんはこの契約の数値を問題視。地方自治法に基づく同趣旨の住民監査を市監査委員に請求(今月15日付)しており、「(市が根拠とする)数値はずさんで、どんぶり計算。会計検査院には告発理由を説明済み」としている。

 震災がれきは市東部環境保全センターに搬入・焼却し、焼却灰を南東地区最終処分場で埋め立て処理。計画処理量は12年度分が660トンで、13年度は最大1300トンが見込まれている。【佐藤正伸】

 



【2012/10/29 19:44】 | 廃棄物問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ピンクリボン  6
 
 先日、ピンクリボンセミナーへの参加申し込みをしたところ
東日新聞から参加受付証が届きました。


          IMG_0997.jpg




【2012/10/28 09:30】 | 健康 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
男鹿で風力発電計画  1

20121024  読売新聞

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/akita/news/20121023-OYT8T01505.htm


男鹿で風力発電計画

住友商事の子会社「サミットエナジー」(東京都)と、「加藤建設」(男鹿市)のグループ会社「エンタープライズ秋田」(同)が、男鹿市北側に最大出力2400キロ・ワットの風車12基を建設する計画を進めている。本格稼働すれば、合計出力は県内2番目の規模となる。今月上旬に測量を始めており、2014年12月の稼働を目指す。

 男鹿市などによると、建設予定地は男鹿市野石の若美漁港近くから同市五里合中石にかけての沿岸部約4万5000平方メートル。現在は農地や山林などが広がる。

 12基合わせた最大出力は計2万8800キロ・ワット。サミットエナジーによると、約1万5000世帯の年間電力消費量が賄えるという。総事業費は未定。

 由利本荘市の「ユーラスエナジー西目」が同市で運営する「西目ウインドファーム」(15基)の計3万キロ・ワットに次ぐ規模となる。エンタープライズ秋田は2010年度、東北電力の風力発電買い入れ枠2万8800キロ・ワットを取得しており、発電した電力の全量を東北電に売電する。

 サミットエナジーとエンタープライズ秋田は今年8月、双方の出資で資本金4億円の新会社「男鹿風力発電」(男鹿市、竹下啓章社長)を設立。同社が風車の運転管理やメンテナンスを行う。

 男鹿市総務企画課は「再生可能エネルギーは注目度が高く、(事業は)市のイメージ向上につながる。事前の環境アセスメント(影響評価)でも問題はなく、協力したい」としている。

【2012/10/27 10:03】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
被災地がれき  156


河北新報 20121026日金曜日

http://www.kahoku.co.jp/news/2012/10/20121026t31006.htm


「がれき広域処理反対」946通 岩手県議会に陳情書

 岩手県議会事務局は25日、東日本大震災で発生したがれきの広域処理を中止するよう求める陳情書が議会に1000通近く寄せられていることを明らかにした。宮城県議会にも同様の陳情書が大量に送られており、インターネットで行動が広がったとみられる。
 岩手県議会には23日に届き始め、24日時点で946通に上った。送付元は大阪府や愛知県などが多く、「広域処理による大阪の汚染を回避することを求める」「がれきを持ってこないで」などと、11月に試験焼却を行う大阪市へのがれき搬入に反対している。ブログで岩手県議会に陳情書の送付を呼び掛ける個人・団体が書式を公開しており、呼応したとみられる。
 県廃棄物特別対策室は「安全性が確認されたがれきしか広域処理に出さないと説明しているが、理解いただけない人がたくさんいる。非常に残念だ」と話している。

***************************************

 そういえば愛知県のがれき受け入れ問題の渦中で、私も岩手県議会あてに
  
・・・震災がれきの問題は深刻ですが、放射能汚染の影響のない土地をきれいなまま残し、被災地の皆さんを「内部被ばく」から守るため、野菜づくりに励み、安心安全の野菜を全国の皆様に提供して行くことが被災地の皆様に対する支援だと思っております。・・・・・・・・

など、メールで長々とお願いしたことを思い出しました。
 



【2012/10/26 10:57】 | 廃棄物問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
残土処分場を計画か? 地元の産廃問題  86
 
 早朝に現場に行ってきました。

          
IMG_0983.jpg

          
IMG_0984.jpg

          
IMG_0986.jpg

  軽トラックの手前に置かれているものは?

          
IMG_0989.jpg

  テレビなどの不用品のようです。

  
  軽トラックには・・・・・

          
IMG_0988.jpg



 お仕事?が始まるようでした。

          
IMG_0992.jpg



          
【2012/10/25 09:41】 | 地元の産廃問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
たはらソーラー・ウィンド共同事業  1

 本日の東日新聞の記事です。



          IMG_0982.jpg
 発電出力が5万キロワットの太陽光発電設備1基と2千キロワットの風力発電設備を3基建設。

【2012/10/24 09:33】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
気になるニュース  627

 本日の新聞記事です。

          IMG_0979.jpg


          IMG_0980.jpg


【2012/10/23 09:58】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
冷え取り靴下  1


 膝から下が冷えるように感じるようになったのは10日くらい前から。

 こんな経験は初めてのこと。手術で免疫力が低下したせい?こりゃ困った!

    ・

    ・

暫くお休みしていたビワの葉入浴(半身浴)を復活させて

〝冷え取り靴下“なるものを教えてもらい、ネットで購入。


 基本、絹5本指→綿5本指→絹先丸→綿先丸の4枚重ね履きが良いそうだが
飽き性の私にとって、基本コースいきなり入門?は避けたほうが賢明かと思い、

1足目5本指(内側絹、外側綿仕立て)そして2足目先丸(内側絹、外側綿仕立て)
のお手軽コースを探し当てました。


 なので、2枚重ね履きでOKなのです。

 一粒で二度美味しい?
 子供のころに食べたグリコのキャラメルといったところか


 届きましたわ。

 お試しに2セット買いました。送料無料のサービス品。

          IMG_0976.jpg

          IMG_0977.jpg


 効果テキメンでした。暖かです。




【2012/10/22 09:40】 | 健康 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
気になるニュース  626


毎日新聞 20121019日 地方版

http://mainichi.jp/area/yamagata/news/20121019ddlk06010134000c.html


浮遊する民意:酒田市長選を前に/上 プロセスなき意思決定 /山形

◇「上意下達」の風力開発 先人の遺産、なおざりに

 庄内海岸の県立自然公園内に計6基の大型風力発電施設を建設する−−。8月20日、吉村美栄子知事と阿部寿一市長(当時)は記者会見し、こう発表した。唐突なうえ、これまでとは180度の方向転換。長年、庄内浜のクロマツ林の保全活動に従事してきた男性(80)たちにとっては「寝耳に水」。悪い夢を見ているのではないかとさえ思えた。

 1・5〜3・0キロの幅を保ちながら約33キロにわたって連なる庄内浜のクロマツ林。酒田から鶴岡まで続く沿岸一帯は「優れた景観」として県が48年に自然公園に指定した。打ち寄せる白波と白い砂浜と針葉樹クロマツの濃緑色の「白砂青松」の色彩。快晴の日に秀峰・鳥海山を望めば、それは「日本人の心を象(かたど)る風景」のひとつだと、多くの人は感じるだろうと誇りにしてきた。

 その景観は安易な景観論から生まれたのではない。クロマツ林は庄内沿岸部を襲う大量の飛砂を防ぐ機能林だ。風に巻き上げられて降り注ぎ一夜にして民家や農地、道路といった人の生活圏を「砂漠」にしてしまう飛砂をどうにか防ごうと300年も前から先人が植え続けた歴史的、民俗的文化遺産である。庄内人が生きていくための景観であり、庄内人が作り出した生態系だった。

 一方でそれは風力発電の適地の証左でもあって、過去、企業の食指が動いた地域でもあった。01年に新日本製鉄が、10年には庄内風力発電有限会社が建設を計画。だが県は景観価値を盾に認めなかった。

 それが一変した。「原発事故」を契機に県は脱原発に動き出し、自らが認めなかった自然公園内への風力発電施設建設を打ち上げた。

 深刻なのは地元の阿部市長が県に歩調を合わせ、しかも、吉村知事の「景観の考え方は時代とともに変わる」との発言にうなずいたことだった。たやすく覆ることへの割り切れなさと違和感。クロマツ林を後世に伝えようとつる切りや枝打ち、道路整備、先人の歴史啓発、環境学習といった自分たちの活動が否定されたように感じた。


【2012/10/21 09:33】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
被災地がれき  155

産経新聞  1020()755分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121020-00000116-san-soci


被災3県 がれき27%処理

 東日本大震災で岩手、宮城、福島3県の沿岸部に発生した震災がれき1802万トンのうち、9月末時点で494万トン(27%)の処理が終わったことが19日、政府のがれき処理の関係閣僚会合で報告された。

 7月末時点の22%から2カ月で処理が進んだのは5%分だった。政府は処理を加速させるため、宮城県に20基ある仮設焼却炉を来年初めまでに29基に増やすなどの対策を決めた。

 県別では、岩手93万トン(24%)、宮城365万トン(30%)、福島35万トン(17%)。政府は来年3月末時点での中間目標を岩手58%、宮城59%と掲げており、目標達成には過去2カ月の倍のペースが必要。

 野田佳彦首相は、この日の会合で「再生資材の活用をしっかりやるように」と述べ、国の直轄工事発注で、不燃がれきを再生資材として堤防や防災林、港湾整備で活用するよう指示した。

 


【2012/10/20 09:19】 | 廃棄物問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「東北応援団・東三河」の活動 6


 今日は、震災の被災地に届けるための野菜の生育状況が気になるので

運転手に頼んで見に行ってきました。


          IMG_0973.jpg  

 日に日に大きくなっています。


        IMG_0974.jpg

【2012/10/19 14:05】 | 原発関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
今度の敵は乳癌でした  7


 
静養中の身なので穏やかに暮らしていたいと思っているのですが
性格と常日頃の生活態度が災いしてか?なかなかそうはなりません。


 昨日もご近所さんが、豊川用水からの水が漏れていて道路まで流れているので
どこに連絡したらいいか?
と相談に来られました。


 言われた話をそのまま鵜呑みにして、管理者に連絡しても迷惑が掛かるといけないと思い
状況把握のため現場まで見に行きました。

(家人から車の運転を止められていても、歩くのは制限されていません。)

何と、管が壊れているのではなく、蛇口が完全に閉められていないだけでした。

 ああ、やれやれ、と思って座り込んだら、また、来客です。

 ご主人に藁を工面していただいたので、お金を払いにきました。

 お金はいりません。お金を払いたいなら、藁を返してね。(笑)


 こんな調子で、見舞い客もあって、毎日人の来ない日はないので落着きません。

なので、夜の8時過ぎには疲れて寝てしまいます。


 そして今日こそは雨降りなので朝ご飯を遅めにして、
1日中パジャマ姿で過ごそうと決めて、ベッドに横たわっていました。


 
おはようございま~す。

夫の身内が隣地との境界線について相談に来ました。あわわ。
結局、先ほどまで居ました。・・・・・・・・・・・





【2012/10/18 11:24】 | 健康 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
被災地がれき  154


2012.10.16 21:35
 SankeiBiz

http://www.sankeibiz.jp/business/news/121016/bsd1210162138015-n1.htm


がれき活用の津波避難所 清水建設、低コストの新工法開発

清水建設は16日、東日本大震災で発生したがれきを活用し、高さ10~15メートルの避難場所を低コストで建設する新工法を開発したと発表した。処理の進まないがれき問題解決に貢献するうえ、大規模な防波堤建設や高台移転よりも費用を抑えることが可能としており、津波の被災地などに設置を提案する。

 同社が提案する新たな避難場所「グリーンマウンド」は、高さ15メートルの大型と、同10メートルの小型がある。円形古墳のような形で、上部が避難場所になる。小型で約50人、大型のものは最大で約1300人が避難できる。

 コンクリート塊などを土台にしたうえに、表面を木材がれきのチップで覆う構造で、建設素材の大部分を震災廃棄物で賄える。小型の場合は工期が半年で、施工費は1億円程度、大型でも5億円程度だ。海岸沿いに並べて設置し、防波堤代替施設として使用する方法も提案する。

 同社は、避難場所を一定間隔で配置することで、「高台への住居移転を望まない漁業関係者などでも低地に暮らしながら、いざというときの安全を確保できる」(担当者)としており、普及を期待している。



【2012/10/17 09:29】 | 廃棄物問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
被災地がれき  153

10
16日 1232分 NHK岩手県のニュース

盛岡放送局

http://www.nhk.or.jp/lnews/morioka/6045683301.html?t=1350381570521


 
静岡4市にがれき搬出開始

震災によって山田町と大槌町で大量に発生したがれきを処理するため受け入れ先の静岡県に搬出する作業が16日から本格的に始まりました。
山田町と大槌町では震災による津波であわせておよそ102万トンのがれきが発生しました。

これらのがれきの一部は静岡市や浜松市など静岡県の4つの市が受け入れることになり、16日山田町の船越地区にあるがれきの仮置き場で搬出作業が始まりました。がれきは木くずに粉砕された状態で重機でコンテナに積みこまれ、業者がコンクリートなどが含まれていないかチェックしながら慎重に作業を進めていました。

このあと静岡県の職員が立ち会ってコンテナ周辺の放射線量を測定し、数値に異常がないことを確認していました。
静岡県くらし・環境部環境局の佐藤一彦局長は「静岡県内には受け入れを不安に思う方もいると思うが、静岡県は独自の基準を設けて放射線量の検査をしている。受け入れたがれきはしっかり焼却したい」と話していました。
搬出作業は今年度いっぱい続けられ、がれきから処理された木くずあわせて4184トンが静岡県内に搬出されることになっています。

 

【2012/10/16 19:12】 | 廃棄物問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
学習会に参加しました


 
私は養生のために車の運転を止められている身なので

保護者?付といった、何とも不自由極まりのない生活を送っています。

そんな中、昨日は重いテーマの学習会に参加しました。

        ↓

http://blog-imgs-56.fc2.com/s/u/g/sugihana/20120915161339dcb.jpg

          IMG_0969.jpg

          IMG_0971.jpg

          IMG_0972.jpg


 
原発は事故を起こさなくても、運転を停止していても危険であることについて
再認識する機会となりました。



【2012/10/15 10:16】 | 原発関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
気になるニュース  625


2012/10/13 岩手日報

http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20121013_4


一戸に大規模風力発電所 県、17年運転開始目指す

県は12日、再生可能エネルギーの電力自給率向上に向けて、一戸町の高森高原に大規模風力発電所を整備する方針を明らかにした。最大出力は約2万5300キロワット。一般家庭1万6千世帯の年間使用量に当たる発電を見込み、東北電力に売電する。従来より安定的に出力できる県内初の「蓄電池併設型」として整備し、2017年の運転開始を目指す。

 県企業局によると、建設予定地は一戸町・高森高原の町営放牧場周辺。羽根中心部までの高さ約80メートル、羽根の直径が約80メートルの風車を11基設置する。売電電力量は年間約5300万キロワット時。県が東北電力に売電し、年間約10億円の収入を見込む。

 風力が常に変化する中で、出力の上下動を緩和するために蓄電池を併設。強風時には蓄電し、風が弱い時には放電して出力変動を抑える。県は今月から環境影響調査をスタートさせ、用地交渉などを経て16年から建設工事に着手する。総事業費は約115億円。

【2012/10/14 08:59】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
気になるニュース  624


2012
1012  読売新聞 九州発

http://kyushu.yomiuri.co.jp/news/national/20121012-OYS1T00307.htm


下関沖で洋上風力発電、前田建設工業が事業化へ

前田建設工業(東京)は、山口県下関市沖の響灘で、洋上風力発電事業に参入する。2017年春までに出力3000キロ・ワットの風力発電機20基を順次稼働させる予定。投資額は約250億円。合計出力は6万キロ・ワットと国内最大級の洋上風力発電施設になる見通しだ。

 対象エリアは下関市西部の沖合1~2キロの海域。遠浅で水深20メートル以下の海底が広がっていることから、発電機を海底に据え付ける「着床式」を採用する。15、16年度に10基ずつ建設し、再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度に基づいて中国電力に順次、売電していく。

 1年前から周辺海域の風速などを調査し、事業化が可能と判断した。来年度にも前田建設が中心となって運営主体の特別目的会社(SPC)を設立する。全面稼働後の売電収入は年間35億円程度を見込む。


【2012/10/13 10:30】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
気になるニュース  623

 昨日の中日新聞の記事です。




          IMG_0968.jpg



【2012/10/12 10:58】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
鉄鋼スラグの問題


10/09 08:01 Business Media

http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1210/09/news016.html

http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1210/09/news016_2.html

http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1210/09/news016_3.html


窪田順生の時事日想:「震災がれき」騒動に乗じて、被災地に運び込まれている怪しいモノ


 岩手県の「震災がれき」の搬出が開始され、各地の自治体や市民の動きを伝えるニュースが増えてきた。

 個人的には、放射性物質の問題はどこまでいっても平行線だと思っている。以前、チェルノブイリでも調査に加わったことがある権威に、内部被ばくが人体にどのような影響が出るのかについてネチネチと尋ねてみたことがある。パワーポイントの資料などで疫学データを示されたが、最終的に言ったのが、「今の医学ではよく分からない」――だった。

 人体実験をしたことがあるわけでもなし、似たような事故が過去にあったわけでもない。チェルノブイリや広島、長崎のデータを参考にして、ああだこうだと思いを馳せるしかない。だから、「分からないから心配すべきだ」という学者と、「分からないからそんなに騒ぐことじゃない」という学者が互いをけなし合うという不毛なことになる。

 専門家ですらこんな有様なのだから、自治体同士で折り合いなどつくわけがない。

 かくして、「震災がれき」を巡って、新たな「差別と利権」が生み出されることになるというわけだ。

 こういうキャッチーな問題にメディアの目が向いている時というのは、似たような産業に携わっている人間からするとありがたいことこのうえない。

 「がれき」がどこへ動いた、どこの市が断った、と騒いでいるどさくさに紛れて、平時では後ろ指をさされそうな懸念事項をサクサクと押しすすめることができるからだ。

 そのひとつが、「鉄鋼スラグ」だ。

鉄鋼スラグが被災地に運ばれている


 鉄鋼スラグとは鉄や鋼の製造過程に出る残りカスのことで、産業物処理法上では紛れもなく「産廃」だが、再生利用が製造事業としてすでに確立していたり、自ら有効利用していたりする場合は廃棄物に該当しないという判例があり、「リサイクル製品」として扱われている。

 そんな鉄鋼スラグが今、東北の復興のために山ほど運び込まれている、という話をちょっと前に『週刊ダイヤモンド』で書かせてもらった。

 復興のためには建材が必要なんだからいいじゃないかと思うかもしれないが、実はこれにも「裏」がある。岩手県沿岸部の某市に6万トンにものぼる「鉄鋼スラグ」を運ぶこんだ運送会社幹部は言う。

 「私が運んだスラグはもともと関西の港で受け入れ拒否されたものだ。青森県でも断わられて、行き場がなかったものを、復興でゴタゴタしている岩手県に運び入れた。港湾事業に使うということだそうだが、もし地元の漁師が知ったら確実に反対するだろう」

 なぜか。それは、この鉄鋼スラグが「震災がれき」のように、安全と危険で立場が真っ二つに分かれているからだ。

鉄鋼スラグは安全なのか

 
 
先ほども言ったように、鉄鋼スラグはリサイクル製品で、「グリーン購入法」(国等による環境物品等の調達の推進等に関する法律)の指定を受けている。しかも、もとは産業廃棄物でタダなので、「リサイクルの優等生」なんてもてはやされている。

 しかしその一方で、安全性が疑わしいという意見があるのだ。

 例えば20078月、愛知県では野積み保管された鉄鋼スラグの溶出水から環境基準を超す鉛やホウ素などが検出された。また愛媛県では塩田跡地の埋立てに55000トンの鉄鋼スラグを使ったところ沿岸海域で魚が浮き、カキやエビが死に絶えた――といった騒ぎがあった。製鉄業界は安全性を訴えるが当然、自治体や市民によっては「そんなもんアブないもんを押し付けるな」と強固に反対をする。

 なんだか「震災がれき」と似ている。

 ただ、ひとつ違うのは、自治体や市民が受け入れ拒否をしてもそれはニュースにならず、アウトローたちのビジネスになっているということだ。

例えば千葉県某所では、鉄鋼スラグを谷に棄てているうちに山のようになり、その上に土を被せた場所が存在している。つい最近、その山の近くをGoogle マップで上空から見たら、すぐ近くの港に大きな黒い山ができていた。行き場がなくなった鉄鋼スラグを「運搬費」などの名目で引き取り、不法投棄をしてしまう「逆有償取引」をやっていることが考えられる。ちなみに、その場所を借りているのは、地元の人間ならば誰もが知る暴力団関連企業だ。

 こういう話はメディアは報じない。なぜかというと、鉄鋼スラグというのは日本経済に貢献しているからだ。現在、国内で鉄鋼スラグは道路工事などに年間3800万トンも使われている。もしこの膨大な「産廃」の処理費を製鉄メーカーが負担をしなくてはいけないということになると、コストが跳ね上がる。このご時世にかなり好調な鉄鋼輸出にブレーキをかけてしまうというわけだ。

 巨大な産業の陰には、必ず何かを押しつけられる人がいる。

 原子力発電所が人口の少ない「僻地」に造られるのと、鉄鋼スラグが「被災地」に集められるという問題の根っこは、まるっきり同じだ。

 福島第一原発事故が起きる前、「原発が爆発するかも」なんて訴えていたメディアはない。本当にアブないことというのは、新聞やテレビなんかで取り上げられることなく、病のようにひっそりと進行していくということかもしれない。



【2012/10/11 09:37】 | 廃棄物問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
市長選挙  8


 
昨日の夜、市長立候補予定者のうちのお一人のお話を聞きに行ってきました。


〝お千代さん“からお誘いがあった時には、体調に自信がなかった(夜は早く休んでしまう)
のでお断りしましたが、それでも折角なので思い直して出かけたのでした。


 参加者は70人くらいでした。


          IMG_0967.jpg





【2012/10/10 16:33】 | その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
今度の敵は乳癌でした  6


 
手術を受けてから2週間目の今日は退院後初めての診察日であり、
手術で摘出された癌組織の検査結果が伝えられる日でもありました。


 私は腫瘍が小さくリンパ節転移もないとのことでしたので、
病気の予後も良好だろうと思っていました。


 しかし、今日のお医者さんの説明では、検査結果はHER2疑(擬)陽性だとのこと。

今後さらに詳しく検査してHER2陽性であれば、化学療法(抗がん剤投与)を受けることになるとのこと。

 

えっ?何?HER2(ハーツー)とは?


ネットで調べてみたら

 HER2(ハーツー)陽性乳がんは、放っておくとしこりが早く大きくなったり、
病気の進行も早かったり、とてもたちの悪いタイプの乳がんです。
 しかし10年前からトラスツズマブ(商品名:ハーセプチン)が使えるようになったことで、
治療成績は劇的に改善されました。
 特に手術後に約1年間投与することで、再発の危険性を今までの1/3から
半分程度まで抑えられるようになりました。
 日本でもこのハーセプチンのおかげで、HER2陽性の乳がん患者さんの多くが、
再発せずに元気で過ごしておられます
。・・・・・・・

 

 となると、今後の検査結果が陽性だったら、とんでもない癌だということになる。
大腸癌のときも滑り込みセーフで命拾いしたが、今度の乳癌も早期に発見できなかったとしたら・・・
と思うと怖い世界に私は生きているのだと感じました。

 負けるものか、頑張ろう!!






【2012/10/09 21:25】 | 健康 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ピンクリボン  5

 身体にメスを入れたんだなぁ?
と、つくづく実感しています。

 ここまでは、大丈夫かな?と、調子にのって動くと、たちまち疲れが・・・・・

 なので、今の私にはどうしても気になる記事。



          IMG_0966.jpg



【2012/10/08 16:09】 | 健康 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ダイオキシン・処分場問題愛知ネットワーク  11

 

廃棄物処分場問題全国ネットワークの全国集会が
今回は
栃木県那須塩原市で開催されることになりました。


 
私は吉川三津子さんから全国集会が那須塩原市で開催されるので参加しませんか?
と、6月下旬にお誘いを受け、即座に出席の返事をし、楽しみにしていました。・・・


 でも、残念ながら乳癌の治療途中で、夫の許可が下りそうもないので行けなくなりそうです。
と、病気の報告をしました。


 
それなら、こっち(吉川さん)も許可できないわ。

と、断られてしまいました。仕方ないですね。

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★



◆第17回廃棄物処分場問題全国交流集会

・日時:1124() 13:0017:00
・場所:いきいきふれあいセンター(黒磯公民館)
・『記念講演』
 ~「南相馬における処分場問題と震災廃棄物」()
        桜井勝延南相馬市長
・『地元からの活動報告』
・『シンポジウム』~「震災廃棄物の広域処理問題と全国の廃棄物問題」
    報告者 : 藤原寿和、吉川三津子、中地重晴、坂本博之

参加費(資料代):1,000円 

18:00
~懇親会
  場所:アジア学院セミナーハウス(栃木県那須塩原市槻沢4421
  参加費:2,000

◆オプションツアー足尾鉱毒事件の足跡を巡るツアー
・日時:1123(金・祭日) 募集定員:15
・行程:12:20 JR東北新幹線 小山駅改札口集合
(昼食持参または済ませてください。)
 12:30出発→13:15頃 藤岡着 渡良瀬遊水池 谷中村跡 見学→15:15頃 足尾着 古河鉱業・足尾銅山 製錬施設跡 見学→16:30出発 途中、夕食→20:00頃 アジア学院(削除)セミナーハウス着
・参加費:交通費・資料代 2000円+α
 宿泊費:一泊朝食付き 5,200 円

◆オプションツアー南相馬市被災地ツアー
・宿泊:アジア学院(先着34名)※宿泊希望者多数の場合は、那須塩原市内のビジネスホテルを紹介します。
・日時:1125日(日)募集定員:25
・行程:8:30アジア学院出発 飯館村経由で南相馬市へ
11:3012:30 南相馬市役所で担当者から現状説明受ける→~14:00 南相馬市内見学 がれき堆積場及び分別処理施設など→15:30 JR福島駅着 解散
参加費:3,000(昼食弁当付)
申し込みは、e-mailnakachi@triton.ocn.ne.jp(中地重晴)


【2012/10/07 14:02】 | 廃棄物問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ピンクリボン  4

 本日の東日新聞の記事です。



          IMG_0965.jpg


【2012/10/06 11:01】 | 健康 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
プロメテウスの罠 (朝日新聞連載記事)

 朝日新聞の連載記事(プロメテウスの罠)のことを“がれき”を一緒に取り組んだ友人から
聞かされるまで、私は知らないでいました。

 で、早速、内容を知りたいと思いました。

 でも、過去の記事を探し出すことは、今の私にとっては大変な作業。

 なにしろ、我が家に配達されてくる新聞は朝日新聞を含めて4紙。

 夫に手伝ってもらって、全部探し出せました。感謝。

          IMG_0954.jpg

          IMG_0955.jpg

          IMG_0956.jpg

          IMG_0957.jpg

          IMG_0963.jpg

          IMG_0960.jpg

          IMG_0961.jpg


          IMG_0964.jpg

【2012/10/05 08:10】 | 廃棄物問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ピンクリボン  3

 10月はピンクリボン月間です。

 私は大腸癌も体験しているので、乳癌のピンクリボン運動にも前々から関心を持っていました。

 

 ピンクリボン運動に関する新聞記事です。

          IMG_0950.jpg


          IMG_0952.jpg


          IMG_0953.jpg









 
【2012/10/03 10:09】 | 健康 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
被災地がれき  152


 
‘12/10/1 中国新聞

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201210010036.html


震災がれき広域処理を考える

東日本大震災の被災地で発生したがれきの広域処理の問題点を考える講演会が30日、福山市西町の福山商工会議所であった。約30人が参加した。広島県保険医協会(広島市南区)の主催。

 環境総合研究所(東京)の池田こみち顧問(63)が講演した。被災地以外の自治体ががれきを受け入れる広域処理について、池田顧問は「岩手、宮城の両県のがれきは海への流出も多い」と説明。両県内にある焼却炉などで「処分が可能だ」と話した。

 その上で「税金を使ってがれきを運び出す必要があるのか」と広域処理を呼び掛ける国の姿勢を疑問視。「被災者は、がれき処理より雇用の確保や住宅の再建を望んでいる」と訴えた。


【2012/10/02 10:43】 | 廃棄物問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
気になるニュース  622

サーチナ 930()88分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120930-00000001-scn-bus_all


メガソーラー発電所建設ラッシュの蔭で、徐々に広がる風力発電所

 固定価格買取制度の施行により注目を集める再生可能エネルギー。メガソーラー発電所の建設ラッシュなどで太陽光発電ばかりが話題に上るが、活発とは言えないものの風力発電所についても各地で建設が始まっている。

 もっとも風力発電所の建設に積極的と言えるのは電源開発(JPOWER
<9513> であろう。921日には、100%出資する事業会社を通じて、「南愛媛風力発電所(仮称)」の建設工事を開始したと発表。国内最大級の風力発電機(2400kW級)9基を愛媛県宇和島市の山林に設置する計画で、四国で最大級、JPOWERにとっては四国で初の大規模風力発電所となるものであり、平成269月の運転開始を目指しているとのこと。さらに925日には「上ノ国ウインドファーム」の建設工事開始を発表。北海道では5地点目の風力発電所となるもので、平成263月の運転開始を目指しているという。これによりJPOWERが国内で手掛ける風力発電事業は20地点、総出力は400860kWになるという。

 また、住友商事
<8053> 100パーセント子会社であるサミットエナジーは、エンタープライズ秋田と共同で、秋田県男鹿市において288MWの風力発電所を新設すると発表。本年10月に着工し、2014年末の完工を予定しているという。住友商事はこれまでも、茨城県鹿嶋市および山形県酒田市所在の二か所の風力発電所も運営しており、本件が3件目となる。

 経済産業省資源エネルギー庁が発表したデータによると、再生可能エネルギーによる発電は、2012年度において4月から8月末までに約68kWが導入済み。その内の9割以上が太陽光発電となっている。さらに、8月末までに認定を受けた設備容量に関しても、合計130kWの内725kWが非住宅における太陽光発電であり、住宅を含めると100kW以上であるなど偏重が顕著である。太陽光発電に次いで多いのが風力発電であり、他の再生可能エネルギーはこの2つと比較すると無いも同然である。しかし、太陽光発電や風力発電などの気候に左右される発電方法ばかりが増加するのは、将来的に大きな問題となる可能性を孕んでいるであろう。地熱やバイオマスなど、他の発電方法への取り組みが活発になることを期待したい。(編集担当:井畑学)



【2012/10/01 16:33】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |