気になるニュース  694



愛媛新聞  20130629()

http://www.ehime-np.co.jp/news/local/20130629/news20130629819.html


環境影響追加調査を 宇和島・愛南風力発電計画

愛媛県宇和島市と愛南町の境界で計画されている風力発電事業で、県は28日、事業者の「太陽産業」(松山市)がまとめた環境影響評価書に対し、立地周辺住民の健康被害が懸念されている低周波音や風車の影などへの影響を追加調査するよう求める知事意見を経済産業相に提出した。
 事業は境界の尾根約5キロに1000キロワットの風車を23基建設する計画。太陽産業は2005年3月に評価書を自主的に作成していたが、昨年10月施行の改正環境影響評価法で風力発電が対象になったことから、法に準じた評価が必要となっていた。
 意見書によると、騒音と低周波音に関し予測評価の範囲を広げることや、工事による水の濁りや動植物の影響を追加することを要求。風車の部品が落下する事故が相次いでいるため防止策の提示なども求めている。
 太陽産業は「追加調査は3年ほどかかる」と話している。完成時期は未定。




スポンサーサイト
【2013/06/30 09:31】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
不用品?  23

 本日の東日新聞の記事です。


          IMG_1457.jpg




【2013/06/29 17:31】 | 環境行政 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
気になるニュース  693


 
福島民報  2013/06/28 08:36

http://www.minpo.jp/news/detail/201306289295


浮体式洋上風力発電所の風車 工場から海に

 10月に本県沖で実証研究事業を開始する浮体式洋上風力発電所の風車が27日、千葉県市原市の工場のドックを出て海上に運ばれた。28日に市原市沖を出発し、7月1日に、いわき市の小名浜港に入港する予定。
 工場内のドックで組み立てられた風車は、土台から翼の先端までが約120メートルある。海水で満たされたドック内で浮かび上がった風車は、小型船にえい航され、ゆっくりと岸壁を離れた。
 実証研究事業は経産省が丸紅や三菱重工業、三井造船、東大などに委託して実施する。風車は小名浜港で電気系統の調整を終えると、8月に楢葉町沖約18キロに設置される。



【2013/06/28 22:35】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
土肥温泉(伊豆)に行ってきました


 この旅行の参加資格の″ある年齢“に達したので、お呼びがかかり、バス2台に分乗して出かけました。


            宿泊ホテル

          IMG_1453.jpg

          IMG_1454.jpg

 夜の宴会で頼まれて、ステージで久し振りのカラオケで歌ってストレス発散!


 歌あり、日本舞踊(艶やかな衣装持参)あり、手品、そして・・・なんと女装も登場。


 同行の先輩諸氏の皆さん、芸達者でありました。


      
            修善寺

          IMG_1456.jpg



【2013/06/27 22:46】 | その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
気分転換しましょう! 13


 雨です。

 バスで一泊旅行に出かけます。





【2013/06/26 06:14】 | その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
残土処分場を計画か? 地元の産廃問題  95


 先ほど現場に行ってきました。



          IMG_1440.jpg

          IMG_1441.jpg

          IMG_1449.jpg

          IMG_1450.jpg

          IMG_1444.jpg

          IMG_1447.jpg



【2013/06/25 10:32】 | 地元の産廃問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
被災地がれき  200


時事ドットコム
2013/06/21-10:30

http://www.jiji.com/jc/zc?k=201306/2013062100237&g=soc


仮置き場、半数以下に=被災3県のがれき処理-環境省

 環境省は21日、東日本大震災で発生したがれきの処理が進み、岩手、宮城、福島3県の仮置き場の数が、5月末時点でピーク時(318カ所)の半数以下の154カ所となったと発表した。被災3県のがれきは、1598万トンのうち1089万トンの処理が終了。処理率は4月末時点より5ポイント上昇し、68%となった。



【2013/06/23 09:29】 | 廃棄物問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
気になるニュース  692

 


20130620 1300分 更新

http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1306/20/news061.html


自然エネルギー:
伊豆に17MWの風力発電所、10基の風車を並べる

太陽光発電と風力発電に取り組むユーラスエナジーホールディングスは、伊豆東部に出力16.7MWの風力発電所を建設する。20154月の送電開始を予定する。

[畑陽一郎,スマートジャパン]

 

太陽光発電と風力発電に取り組むユーラスエナジーホールディングスは、20136月、伊豆半島で陸上風力発電所の建設を開始したと発表した。同社は豊田通商と東京電力から出資を受けており、運用する太陽光発電所と風力発電所の合計出力は、全世界で231.8MW、国内で55.7MWに達する。

 建設する「河津ウインドファーム」は静岡県河津町と同東伊豆町の境界にある三筋山(標高821m)の山頂付近に位置する。海岸から約6km離れた地点だ。フランスAlstom Windが開発した出力1.67MWのタービンを採用した風車を10基設置し、20154月の送電開始を予定する。東京電力に全量売電する。

 投資総額は非公開。外部からの融資を受け建設する。発電所の運営会社はユーラスエナジーホールディングス。


【2013/06/22 10:49】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
今度の敵は乳癌でした 18


 本日の朝日新聞の記事です。

          IMG_1439.jpg

 私が昨年の乳癌検診で視触診を受けたところ、たまたま良い先生に当たり、
幸運にも癌を見つけていただくことができました。


 
 そしてそうなってわかったこと・・・

 
 私が3年前に受けた乳癌検診の視触診とマンモグラフィーの両方の結果は、ともに異常なしでした。


 でも、乳癌というものは、1年や2年で腫瘍ができるものではなくて、3年前には
すでに癌組織が存在していました(女医さんが3年前の画像を探して調べて大きさも確認)。


 よって、前回の検診では異常なしの判定で見逃されてしまった可能性が高いということです。


 私の経験では、お医者さんによっては視触診でも完全とは言い切れませんが、
視触診を省略して欲しくないと思いました。


 


【2013/06/21 13:34】 | 健康 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
三重県の青山高原で風車の発電機と羽根が落下  5

ウインドパーク笠取風力発電所の事故で最終報告書提出

~製造時の問題で風車が落下、支柱も折れる 

          ↓

http://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/20130619_604285.html


 

【2013/06/20 09:48】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
三重県の青山高原で風車の発電機と羽根が落下  4



 
本日の中日新聞の記事です。


          IMG_1438.jpg




【2013/06/19 10:37】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
NHKテレビ おはよう日本  4



2013
617日(月)に放送された番組です。


おはよう日本 

特集まるごと

風車はなぜ落下したか

     ↓

http://www.nhk.or.jp/ohayou/marugoto/2013/06/0617.html



【2013/06/18 22:12】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
三重県の青山高原で風車の発電機と羽根が落下  3

 毎日新聞 20130616日 地方版

http://mainichi.jp/area/mie/news/20130616ddlk24040169000c.html

http://mainichi.jp/area/mie/news/20130616ddlk24040169000c2.html

 

〜なんだ!行ってみた:風車落下事故から2カ月 青山高原・18基停止中 安全、環境面にも課題山積 /三重

 伊賀、津両市にまたがる青山高原の「ウインドパーク(WP)笠取」で4月、中部電力の子会社「シーテック」(名古屋市)の風車が落下してから2カ月。原因は判明したが、住民説明会は開けず、残る18基は運転再開のめどは立っていない。また、3月の京都府伊根町の事故で他のWPの風車が安全点検で停止したり、別の運営会社が40基の増設工事を進めたりしている。そこで青山高原の風力発電施設を見に行き、現状をおさらいした。

 ◆笠取の再開未定

 青山高原では、シ社が笠取、美里、久居榊原の3WPで計31基▽両市とシ社の第三セクター「青山高原ウインドファーム」(AWF、津市)が20基−−と2社で計51基を所有する(別表参照)。

 この内、WP笠取の第2期分として、2010年12月に運転を始めた19号機が今年4月8日、破損しているのが確認され、実質50基に。原因は羽根の角度を調整する部品の摩耗とされ、対策部品の取り付けも終えたが、シ社は笠取の18基の再稼働について「施設に近い両市の住民に安全面の説明をしてから動かすが、いつになるかは未定」とする。しかし、経営への影響について、シ社の林真也秘書・広報担当課長は「風力発電の発電量は小さく、電力供給で大きな問題はない。本業は建設土木業で、影響は限定的」と説明する。

 ◆京都の事故も影響

 今年3月12日、京都府伊根町の太鼓山で起きた風車の落下事故も青山高原の風車に影響を及ぼした。太鼓山の事故原因は「金属疲労」などとみられているが、シ社は同じオランダメーカーのWP久居榊原の4基を4月19〜20日に停止して点検し、再開した。一方、AWFの20基は国内メーカー製だが、オランダメーカーと提携し、基本設計が同じなため、4月15〜25日、止めて点検した後、今では再稼働している。結局、現在、稼働しているのは笠取を除く32基だった。

 ◆増設工事の行方は

 このように風車事故が相次ぐ中、AWFはWP笠取の事故から2週間後の4月22日、40基の増設工事に着手した。18基を2016年3月、22基を17年3月に稼働させる計画だ。AWFの小崎茂生・総務部長は「造成工事を始めたばかりで、風車の設置は、まだ先。対策を取る時間はあり、スケジュールに影響はない」と冷静に語る。

ただ、「青山高原の自然を守る会」は「AWFの伐採工事が始まってから絶滅危惧種クマタカを観察できなくなった」と県やAWFに抗議した。武田恵世代表は「風車は安全面や環境面などで問題があるのに、イメージがいいから止めないのだろう」と批判する。

  ◇  ◇

 青山高原を14日、訪れると、風車が林立していた。これが4年後に高原全体で50基から90基に、ほぼ倍増すると、風車の森になるのだろうか。しかし、安全面だけでなく、環境保護という課題も突き付けられ、“順風”とは言えない状況が続きそうだ。<大西康裕>

〔伊賀版〕




【2013/06/17 10:37】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
被災地がれき  199

 本日の朝日新聞の記事です。


          IMG_1437.jpg


【2013/06/16 10:16】 | 廃棄物問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
気になるニュース  691


時事ドットコム 2013/06/14-18:20

http://i.jiji.jp/jc/i?g=eco_30&k=2013061400829


洋上風力、今秋始動へ=福島沖で実証実験-経産省

経済産業省は14日、福島県沖の海上に風車を浮かべる浮体式洋上風力発電所の実証実験について、10月中旬から本格的に発電を始める予定だと発表した。実験は2013~15年度の3年間行い、商用化に向け、洋上で揺れを抑えて安定的に発電する技術の確立を目指す。同省は「再生可能エネルギーの基地として福島県の復興が進む上での目玉となる」と期待している。
 一般的な洋上風力発電は海底に土台を造るが、浮体式は、海底に係留した浮体に風車を設置する。水深が比較的深い日本近海にも設置しやすく、地震にも強い上、日本企業の造船技術を活用できる利点もある。




【2013/06/15 09:57】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
気になるニュース  690



20136121817  読売新聞

http://www.yomiuri.co.jp/feature/20110316-866921/news/20130612-OYT1T00813.htm


洋上風力発電、福島沖で準備着々巨大な鎖搬入

海に浮かべた風車で発電する「浮体式洋上風力発電所」の実験設備建設が福島県沖で本格化し、同県いわき市の小名浜港で12日朝、風車を海底につなぐための巨大な鎖を船に積み込む作業が行われた。

 洋上風力発電は、東京電力福島第一原発事故からの復興策の目玉として、国が世界初の事業化を目指している。

 実験は経済産業省の委託事業で、丸紅や東京大など11団体が共同で実施。福島県などによると、欧州では数年前から同様の研究が進められているが、今回の実験では、高さ約100メートルの風車1基と高さ約200メートルの風車2基を組み合わせることで、世界最大規模の計1万6000キロ・ワットの出力を見込んでいる。

 障害物がなく、風も安定している洋上の風力発電は、陸上と比べ稼働率が1・5倍以上になるという。変電施設も海面に浮かべ、海底ケーブルでつないで陸上へ送電する仕組みで、地元には関連産業の集積や雇用の創出が期待される。







【2013/06/13 09:09】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
風力発電の被害を考える会・和歌山  3



 去る6
2日に開催された講演会の映像だそうです。

YouTube:風力発電は本当にエコなのか?「風力発電の不都合な真実」

        ↓

http://www.youtube.com/watch?v=nLp7q-IRsQA

http://www.youtube.com/watch?v=pGixh52E5BE

http://www.youtube.com/watch?v=BSPhwgnY_co

http://www.youtube.com/watch?v=xgNFym4QUIc

 

 613日以下追加しました。

         ↓

http://www.youtube.com/watch?v=FUjjS1W9I24





 

【2013/06/12 13:48】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
被災地がれき  198



カナロコ 2013611

http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1306100022/


漁網受け入れ、県が「横須賀案」取り下げ/神奈川

 黒岩祐治知事は10日、被災地の漁網を横須賀市芦名の県最終処分場で埋め立て処理を行うとしていた案を取り下げた。国からは300トンの処理を要請されていたが、箱根町が処分費を補正予算案に盛り込み、南足柄市も同様に補正予算案を追加提出することを受け、全量を受け入れるめどがついたとしている。

 県は同日開かれた県議会定例会に、岩手県洋野町から委託を受けた災害廃棄物処理の事業費1610万円を盛り込んだ2013年度一般会計補正予算案を提出した。

 黒岩知事は11年に横須賀の最終処分場でがれきの焼却灰を受け入れる方針を示したが、住民の同意を得られず撤回。漁網を埋め立てる案を再提案したものの、住民が実施した意向調査で反対意見が多数となる結果が出て、膠着状態が続いていた。

 黒岩知事は記者団に「神奈川県での受け入れが、結果的に実現できることは本当にありがたい。同時に、芦名の皆さんに精神的な負担をおかけしたことを、本当に申し訳なかったと思っている」と述べた。

 箱根町と南足柄市で受け入れられる見通しと判断した根拠については、「がれき処理に関わる補正予算案が提出されることは、基本的には合意にたどり着いたことだと思っている」とした。







【2013/06/11 13:38】 | 廃棄物問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ササユリの里 2

 

 6
月生まれの夫にプレゼント(誕生日?父の日?)を用意して、次男夫婦が来てくれました。


 義父は、ササユリの記事の新聞を手に、彼らにササユリの説明をしたため、
私たちは急遽お花見に出かけることになってしまいました。

          IMG_1430.jpg

          IMG_1432.jpg

          IMG_1434.jpg

          IMG_1435.jpg

          IMG_1436.jpg


【2013/06/10 07:40】 | 自然観察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
被災地がれき  197



アットエス
(2013/6/8 7:37)

http://www.at-s.com/news/detail/696027773.html


震災がれき最終処分場訴訟 島田市、争う姿勢
 島田市が震災がれきの焼却灰を埋めている一般廃棄物最終処分場(同市阪本)の地権者7人が、土地の返還と契約切れ以降の地代相当額を市に求めた訴訟の第1回口頭弁論が7日、静岡地裁(足立哲裁判長)で開かれた。市は請求の棄却を求める答弁書を提出し、争う姿勢を見せた。
 市は、請求に対する具体的な主張は追って行う、としている。
 地権者の一人の男性(59)が意見陳述し「市は、地権者の意向を全く無視するかたちで賃貸借契約の終了後も土地の使用を続け、放射能被害についての責任逃れに終始してきた」と訴えた。
 訴状によると、市は最終処分場の地権者7人と2012年4月1日以降の賃貸借契約更新について合意に至っていないのに、処分場の使用を続けているとされる。
 地権者が処分場の入り口にロープを張って封鎖したため、市は解除を求めて地裁に仮処分申請した。今年5月、本訴の一審判決言い渡しまでとの期限付きで和解が成立した。





【2013/06/09 09:53】 | 廃棄物問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
今度の敵は乳癌でした 17

 

 
ビワの果実がたわわに実る季節となりました。


 私が毎日飲んでいるビワの葉茶の原料は、全く手を入れていない自然のままの
ビワの木の葉っぱです。


 毎日煎じて飲みたい私ですが、数日間の外出時に限っては、生ものなので無理と飲めずにいました。
                      *
 何とかしたいと思っていたところ、
ビワは種の方が葉よりも薬効成分が強いということを知り、お茶が飲めないときの代替えとして、保存した種を持ち歩き、食したいと思うようになりました。


 でも、我が家が所有または管理している山林や畑に生えた野生のビワの木は、葉は立派ですが果実は生らないか、生っても小ぶりなものが多いのです。


 そこで、美味しそうなビワの果実を探していたところ、親友のガーデニングが趣味のYちゃんが管理している昔の豚舎跡地にありました。

  
 で、Yちゃんが高枝切りバサミで収穫した果実を私がバケツでゲットし、持ち帰りました。

          IMG_1428.jpg


 うふ、ビワ狩り初体験でした。





【2013/06/08 09:25】 | 健康 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
気になるニュース  689



201366  読売新聞 秋田

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/akita/news/20130606-OYT8T00012.htm


風力発電計画 中止求める

住友商事の100%子会社「サミットエナジー」(東京都)が大潟村に建設を計画している国内最大規模の風力発電所について、日本野鳥の会(東京都)などは5日、県庁で記者会見し、同社に計画の中止を求めていくことを表明した。同時に佐竹知事に対し、同村に生息する希少な鳥類を保護するため、同社を適切に指導するよう求める要望書を提出した。

 要望書を提出したのは、同会と同会県支部(潟上市)、日本雁(がん)を保護する会(宮城県)。計画では、同村の国有地に風車計40基を建設し、2018年4月の操業開始を目指している。同社は既に建設前の環境影響評価に向けた「環境影響評価方法書」の縦覧を行った。

 日本野鳥の会などは5日に提出した要望書で、同村にはマガンやヒシクイなど希少な鳥類が飛来、生息しており、計画が実施されると、これらの鳥類が風車に衝突して死ぬことなどが懸念される、として計画の中止を求めている。

 同会などは、既に同社に対し、環境影響評価の方法について、大潟村がガン類などの重要な生息地との認識が希薄などと指摘する意見書を出したという。

 日本野鳥の会自然保護室の葉山政治室長は5日、県庁で記者会見し、「大潟村は日本有数の野鳥の飛来、生息地。計画通り建設されれば、豊かな自然環境が失われかねない」と話した。





【2013/06/07 11:50】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
北設楽郡設楽町名倉地区に産廃中間処理施設の計画  7


  
本日の中日新聞の記事です。


          IMG_1426.jpg



【2013/06/06 09:11】 | 廃棄物問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
気になるニュース  688



201363  読売新聞 北海道発

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/hokkaido/feature/hokkaido1365388056107_02/news/20130603-OYT8T00380.htm

「風力」収入 自治体に順風

余剰金3.7億円寿都町、水道料値下げ

 昨年7月に始まった国の再生可能エネルギー固定価格買い取り制度(FIT)で、風力発電装置を持つ道内自治体にプラス効果が出始めている。売電で余剰金が見こまれる寿都町は、水道料金の基本料を約3分の1に値下げし、利益を住民に還元した。ただ、古い設備だと修繕コストがかかるという事情もあり、住民に還元するほどの利益を受ける自治体は限られている。

(高橋敦人、田中雅之)

 住民に還元

 町直営の風車を計11基(合計出力1万6580キロ・ワット)保有する寿都町。FITを受けて、北海道電力に売電している。以前の買い取り価格は同10円前後だったが、今は1キロ・ワット時当たり最高23・1円。今年度の収入は、前年度の約3倍の7億5000万円となり、余剰金は前年度の2200万円から3億7000万円に膨らむ。同町の一般会計当初予算額の約9%に相当する額だ。

 この余剰金を活用し、町は4月から、水道基本料を3分の1に値下げした。一般家庭は月額1520円から同520円となり、年間で計1万2000円の負担減となる。町内の男性(55)は「家計が助かる」と喜ぶ。

このほか、町は余剰金で下水道事業特別会計の赤字(1億900万円)を穴埋めし、89歳以上の町民には敬老祝いで5000円分の商品券を配る。さらに、額面1万2000円の商品券を1万円で購入できる「プレミアム付き商品券」を商工会に3000枚発行してもらい、町民に還元する。

 町は風力発電に力を入れ、2007年から出力の大きい2000キロ・ワット級の風車を7基増やした。これにFITが追い風となったかたちだ。片岡春雄町長は「売電収入を見こんで風車を増やしてきたが、これほどの余剰金が出るとは想定外だ。本当にありがたい」と話す。

 省エネに活用

 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)によると、自治体直営の風力発電設備(出力10キロ・ワット以上)は道内9市町にある。いずれもFITを活用して売電している。

 室蘭市は、2009年に稼働した風車1基(1000キロ・ワット)の売電収入が、昨年度の約2倍の6200万円となりそうだ。余剰金は5400万円になる見通しで、資料館や集会施設の照明をLEDに換える事業に充てる。同市の担当者は「市施設の省エネ化に生かせば、光熱費の削減効果は年間約700万円になる」と胸を張る。

 「そこまでは……

 一方、「目に見えるほどの効果は期待できない」とする自治体もある。

 3基の町営風車がある苫前町。今年度の余剰金は前年比2倍超の2800万円となる見込みだが、稼働年数12~14年と古く、維持費がかかるのが悩みの種という。「ひとたび故障すれば修理費が千万円単位。余剰金を別事業に充てる余裕はなく、維持管理費として残す」と担当者。

 稼働年数12年の風車3基で売電する稚内市。今年度の収入は今のところ、昨年度より3000万円多い7000万円と見込まれるが、「余剰金がどれくらいになるかは、風車が順調に動くかどうか次第」と慎重だ。

     

 大規模・安定稼働が条件

 山本隆三・常葉大学教授(エネルギー・環境政策)の話「FITは本来、再生可能エネルギーへの新規参入を促すことを目的とした制度。大きな効果を得るには、風が安定的に吹く地域に、大規模な設備を整える必要がある。寿都町はそれらの条件を満たした数少ない例と言える。他の自治体も同じような恩恵を受けたいだろうが、設備が古い、送電網が整っていない、といった問題もあり、多くのところではかなわないのが実情だ」

     

 【再生可能エネルギー固定価格買い取り制度(FIT)】 太陽光や風力などの再生可能エネルギーで作られた電力を同じ価格で一定期間買い取ることを電力会社に義務づけた制度。再生可能エネルギーによる発電を普及させる目的で、2012年7月にスタートした。風力発電の場合、稼働から最大20年間、1キロ・ワット時あたり23.1円(出力20キロ・ワット未満は57.75円)で買い取る。




【2013/06/05 09:37】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
風力発電の被害を考える会・和歌山  2の続きの続き

 

毎日新聞 20130603日 地方版

http://mainichi.jp/area/wakayama/news/20130603ddlk30040262000c.html


講演会:振動、低周波音…風力発電を考える 反対派の武田さん、和歌山で /和歌山

 風力発電の問題点を学ぶ講演会「風力発電は本当にエコなのか?」(風力発電の被害を考える会・わかやま主催)が2日、和歌山市西汀丁の市勤労者総合センターであった。三重県で反対運動に取り組む武田恵世さん(55)=同県名張市=が「風力発電の不都合な真実」と題して講演。風力発電施設が立地する県内の住民ら約40人が耳を傾けた。

 武田さんは国内や欧州の現状から、▽振動などによる野鳥の生息への影響▽自然や景観の破壊▽騒音、低周波音による健康被害−−などの問題点があると紹介。「発電量が不安定なため、火力など既存の発電の稼働を減らせずCO2削減に貢献しない。現時点で風力発電は推進すべきではない」と訴えた。

 講演会には30年以上健康被害の研究を続ける医師、汐見文隆さん(89)=和歌山市西高松1=も参加。汐見さんは「健康被害はデータで明白なのに国は因果関係を認めない」と話していた。

 会によると、風力発電は人の耳に聞こえない、聞こえにくい低周波音や超低周波音を発して、不眠症や頭痛などの体調不良を招くとしている。県内では海南市下津町や由良町などに56基の発電施設があり、これを上回る基数の建設が新たに計画されているという。【竹内望】





【2013/06/04 08:54】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
気になるニュース  687

 

201361  読売新聞

http://kyushu.yomiuri.co.jp/news/national/20130601-OYS1T00711.htm

洋上風力発電に集魚効果も、漁業者歓迎 
 環境省が2016年度の実用化技術の確立を目指し、長崎県五島市・椛島(かばしま)沖で試験運転を続けている国内初の浮体式洋上風力発電実証機の周辺海域に、カンパチやメジナなどの魚が集まっていることが同省の調査でわかった。本来の目的である発電に加え、集魚効果が確認されたことで、地元の漁業者からも歓迎する声が上がっている。

 実証機は椛島の沖約2キロの東シナ海にあり、昨年8月に試験運転を始めた。一般家庭約40戸分に相当する最大出力100キロ・ワットを発電し、椛島の住宅などに供給している。

 長さ11メートルの羽根3枚を備え、高さは約71メートル。海面から突き出た部分だけでも三十数メートルになる。支柱は空洞なので浮力があり、潮に流されないよう3本の係留チェーンで水深約100メートルの海底に固定されている。

 魚は海中の目標物に集まる習性がある。また、実証機にコケや海藻が付けば、コケなどを餌にする小魚が増え、さらに小魚を追って大型魚が回遊してくるなどの効果が期待できる。





【2013/06/03 09:21】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
風力発電の被害を考える会・和歌山  2の続き


 本日の講演会のチラシです。


        風発講演会6.2




【2013/06/02 06:48】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
北設楽郡設楽町名倉地区に産廃中間処理施設の計画  6


 本日の中日新聞に「業者 計画を白紙撤回」とありました。
        
                 IMG_1424.jpg

  白紙撤回したなら、事実上話がなくなりました。




【2013/06/01 19:48】 | 廃棄物問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
花しょうぶ園


 
93歳になる義父が花しょうぶを見に行きたいというので、一昨日の午後、出かけました。
           ↓
 
http://www.city.toyohashi.aichi.jp/bu_sangyo/kanko/syobu.html


 
私がこの花しょうぶ園に最初に来たのは40年前、今回が3度目でした。
          IMG_1413.jpg

               IMG_1416.jpg

               IMG_1419.jpg

               IMG_1420.jpg

               IMG_1422.jpg

 



【2013/06/01 08:04】 | 自然観察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |