和歌山県白浜町椿の風力発電計画  1



紀伊民報 平成25730

http://www.agara.co.jp/modules/dailynews/article.php?storyid=257185


白浜町で風力発電の住民説明会 関電子会社

和歌山県白浜町椿の山林に風力発電所の建設を検討している関西電力の子会社、関電エネルギー開発(大阪市)が28日、同町椿の椿区民会館で初めての住民説明会を開いた。昨年から実施していた環境影響評価の結果を説明し、稼働した場合の騒音や低周波音は日常生活レベルで環境への影響も少ないと強調した。しかし、住民からは健康被害に対する不安の声が聞かれた。同社によると着工や完成時期は未定で「住民の理解を得てから計画を進めたい」としている。


 椿の風力発電所は、椿温泉街東側の山林に2千キロワットの風車を3基設置する計画。想定発電量は年間約1100万キロワット時になり、一般家庭3千戸分の年間電気使用量に相当する。風車の高さはブレードを含めて約120メートル。耐用年数は20年。山林は地元の社団法人共済組が保有しているという。

 関電エネルギー開発の環境影響調査は2012年11月から始まった。計画地から500~600メートル離れた(1)椿保育園(2)養護老人ホーム椿園(3)椿小学校近くの民家の3カ所で、予想される騒音や低周波音を調査したほか、周辺の動植物の生態系などを調べた。

 説明会には区民約30人が参加。同社の社員や日本気象協会の職員が、弱風と強風の時に3カ所の調査地点で予想される騒音と低周波音について説明した。騒音は3カ所とも普通の会話程度以下の大きさだったことや、低周波音については日常生活の中で観測される程度の数値であり、人体に影響がないことを強調した。

 区民らは、県内や県外の風力発電所では近くの住民が健康被害を訴えていることを挙げ「聞こえないからこそ心配」「いい話ばかりでなく問題点も示してほしい」などと要望した。

 椿地区は、盆明けに関西電力の淡路風力発電所(兵庫県淡路市)を視察する。長野荘一区長は「住民への説明はこれが初めてだった。これから地区の皆さんと一緒に話し合っていきたい」と話している。


      
      
関連記事

      ↓

http://www.agara.co.jp/modules/dailynews/article.php?storyid=242191





スポンサーサイト
【2013/07/31 10:16】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
映画「放射線を浴びたX年後」



 先日の日曜日に映画を観に行ってきました。


          IMG_1504.jpg



 1954年ビキニ環礁で行われたアメリカの水爆実験で、当時近海で操業して被ばくしたマグロ漁船のうちの「第2幸成丸」に焦点を当てて、当時の乗組員だった人の消息を訪ね歩いたドキュメンタリー映画でした。


 そこから見えてきたもの・・・・

 放射性降下物(死の灰)による乗組員の内部被ばく。


 このときの乗組員で直ちに死んだ人はいないようでしたが、地道に調査した人によると、被ばく後(X年後)には健康への影響が出て、乗組員の大多数が癌という病名で死亡されたというものでした。


 福島原発事故直後に「直ちに健康への影響はありません」との枝野氏の説明は釈然とせず、X年後はどうなのか?と、腹立たしい思いは私のなかで今も継続しています。


 映画では、アメリカの旧原子力委員会の機密文書で、放射性降下物の分布地図や記録により、「第2幸成丸」の被ばくの裏付けができたとしていました。


 そして、死の灰は日本にも到達していたことがここでは明らかにされていました。


 非常に重いテーマの映画ですが、必見です。
 






【2013/07/30 11:43】 | 原発関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
漫画(第1弾) 「ちゃんと知らなきゃ大変だっ!!!」 2


 

 本日の東日新聞の記事です。




          IMG_1505.jpg









【2013/07/29 10:03】 | その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
被災地がれき  203

時事ドットコム (2013/07/26-17:42

http://www.jiji.com/jc/zc?k=201307/2013072600789&g=soc


震災がれき処理率74%=岩手、宮城、福島3県-環境省

 環境省は26日、東日本大震災で発生した岩手、宮城、福島3県のがれき1596万トンのうち、6月末時点で1181万トンを処理したと発表した。処理率は前月末から6ポイント上昇し74%となった。3県別の処理率は、岩手63%、宮城82%、福島50%だった。
 津波で海岸などにたまった土砂などの堆積物1022万トンについては、49%に当たる503万トンを処理した。


【2013/07/29 09:01】 | 廃棄物問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
福井県の敦賀・南越前の風力発電計画  8の続き

 
 昨日の福井新聞の記事だそうです。




          130726 福井新聞 低周波調査柔軟に00




【2013/07/27 09:48】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
被災地がれき  202



毎日新聞 20130724日 1939分(最終更新 0724日 1947分)

http://mainichi.jp/select/news/20130725k0000m040028000c.html


震災がれき:大阪市の処理9月中旬で終了 市長が見通し

大阪市の橋下徹市長は24日、東日本大震災で発生した廃棄物(がれき)の処理を9月中旬で終える見通しを明らかにした。今年度末までかけて計3万6000トンを処理する計画だったが、岩手県から運ばれるがれきが想定の4割程度に減少したという。

 大阪府・市は今年2月に本格処理を始め、既に約9000トンを焼却して同市此花区の人工島・夢洲(ゆめしま)地区に埋め立てている。被災地でがれきの一部が風化するなどし、大阪での処理が必要な量が約1万5500トンまで減少した。

 がれき処理を巡っては「安全性が確認されていない」などとして市民団体などが反発し、訴訟も起きている。市は焼却灰などの放射線や重金属を測定しているが、これまで全て基準値を下回っているという。【茶谷亮】




【2013/07/26 10:38】 | 廃棄物問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
福井県の敦賀・南越前の風力発電計画  8

 昨日の福井新聞の記事だそうです。




          130724 福井新聞 低周波音調査、柔軟に 00




【2013/07/25 08:04】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
漫画(第1弾) 「ちゃんと知らなきゃ大変だっ!!!」  1



 「豊橋いのちと未来を守る会」のブログにアップした漫画のことが
新聞に載ったと聞いたので、調べてみました。

  ↓

東京新聞【社会】 2013724 0700

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013072490070040.html

マンガで読む「改憲」 福島からの避難者ら作成、ネットで反響

自民党の改憲草案を分かりやすく解説したマンガがインターネットにアップされ、アクセス数がわずか一カ月弱で五万四千件を超え、関心を呼んでいる。作成したのは、脱原発や環境問題に取り組む市民グループ「豊橋いのちと未来を守る会」(愛知県豊橋市)。自民党が圧勝した参院選の結果を受け「自民党案が何を意味しているのか、知らないのは危険。若い人たちに読んでほしい」と訴えている。 (原尚子)

 マンガのタイトルは「ちゃんと知らなきゃ大変だっ!!」。福島県郡山市から母子で避難している西田奈加子さん(40)が作画を、東京から避難中のグラフィックデザイナー渡辺亜希子さん(37)が編集を担当した。

 昨年十二月の政権交代後、二人は原発推進や九条改憲の流れが強まっていることに危機感を抱く。草案について調べるうちに猛省した。「こんなに恐ろしいことを、なぜ今まで知らなかったのか」

 自民党案は「国防軍」の保持を明記。現行憲法が国会議員や公務員だけに憲法擁護の義務を課すのに対し「全て国民は、この憲法を尊重しなければならない」との条文を新設するなど、国民の負う責任や義務を強める。国民の権利に関しても「公益及び公の秩序に反してはならない」などと制約する。

 「自分たちはマンガで育った世代。子育て中のママたちも、ネット上でコマが割ってあれば、興味を持ってもらえると思った」と、マンガで訴えていくことを思い付いた。

 作品では、一九条の思想及び良心の自由や、二九条の財産権について、現行憲法の「侵してはならない」から、自民党案では「保障する」と変えている部分について指摘。「(国・政府が)『保障はするけど侵すかも』とも、とれるでしょ」と説明する。

 参院選公示を前に、先月二十七日に「守る会」ウェブページに掲載。それまで多くても一日二百件ほどだったアクセスが一週間で二万八千件にも上った。メールやツイッターで「知らなかった」「そういうことか」などの感想も寄せられている。

 渡辺さんは「私の周囲に原発推進派なんていないのに、再稼働が決まってしまう。民意でないものが横行している」と危惧。低投票率で終わった参院選には「改憲も、投票に行かないことで許してしまってはいけないと思ったが」と落胆する。「危機感を持つ人を増やすためにアピールし続ける。共感してもらえたら、ぜひ拡散してほしい」と話している。

マンガはタイトル名で検索するか、URL=http://nabeho.com/inomira/have_to_know.htmlで。


 
漫画の作者は豊橋市在住。中日新聞でも同じように取り上げて欲しいと思いました。

 



【2013/07/24 16:44】 | その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
気になるニュース  701


PRESIDENT 2013723日(火)

http://president.jp/articles/-/10014


CTC「国内風力発電の50%超に自社技術」 -人知を超えるビッグデータの底力【2

PRESIDENT 2013617日号 星野貴彦(プレジデント編集部)=文

131引き分け。今年4月の「第2回電王戦」でプロ棋士はソフトに負け越した。コンピュータのデータ解析能力は、将棋のような複雑な世界でも人間を上回りつつある。こうした「ビッグデータ」はビジネスではどう活かされているのか。各社の最新事例を探った──。

「ビッグデータ」へのアプローチは、「データを増やす」だけではない。コンピューティングの技術とプロの発想を組み合わせることで、他社を圧倒している事例もある。

伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は、自然エネルギーの予測分野で業界をリードしている。科学システム事業部エネルギービジネス推進部の福田寿部長は、「気象予報士」の資格をもつ。興味が高じて、大学院まで気象の研究を重ねたが、「気象だけでは難しい」との考えから、90年に自動車メーカーに就職。研究所で気象とは離れた仕事をしていた。だが興味は尽きず、94年に気象予報士の資格を取得。その後、気象ビジネスの強化に動いていたCTCに転じた。

当時、CTCではコンピューティングの高い技術を活かし、工場からの排煙の流動解析などを手がけていた。まだ事業は限定的だったが、東北電力から「風力発電の発電量予測をしてほしい」との依頼を受けたところから、ビジネスが拡大し始めた。

当初は気象庁のデータなどを使っていたが、精度向上のために独自の観測機器を追加導入。その後、自然エネルギーへの関心が高まるにつれ、風力発電のコンサルティング事業が伸長していく。いまでは東北電力管内を対象にした30分単位の予測精度で誤差10%以内。その精度の高さから、金融機関の融資判断にも活用されている。日本国内の風力発電事業では、50%以上でCTCの関与がある。

事業を担うメンバーもこの5年で約30人へと倍増した。このうち気象予報士の有資格者は10人程度。現在では、風力発電だけでなく、太陽光発電を組み合わせた場合の発電量予測なども手がける。福田さんはいう。

「分析技術は90年代後半には確立していました。ただこの数年で計算などの環境が急速に整ってきた。エネルギーを効率化するスマートグリッドなどへの関心も高まるにつれて、気象ビジネスが複合的に絡むようになった」



【2013/07/24 09:29】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
参議院選挙  5


 
参議院選挙が終わりました。


 予想されていた選挙結果ですが、それでも、あれこれ考えると気分が落ち込みます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 以下のサイトの漫画(第2弾)をご紹介します。(拡散歓迎)

  ↓

 もっと知らなきゃ大変だっ!!!!by N2サービス/豊橋いのちと未来を守る会

 http://nabeho.com/inomira/Should_know.html

 


 
1弾はこれ

    ↓

 http://nabeho.com/inomira/have_to_know.html















【2013/07/23 11:16】 | その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
お知らせです  76


 
おいでん!福島っ子!運営委員会では、今夏も福島の子どもたちに保養のため
愛知県の奥三河にて過ごしてもらう計画をされています。

 

日程: 2013年7/27(土)〜8/4(日)8泊9日
会場: 旧門谷小学校 愛知県新城市門谷間下23


 
詳しくは

 http://nabeho.com/oiden/oiden_2013summer_newcomer.pdf





【2013/07/21 09:58】 | 原発関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
気になるニュース  700


 2013年7月18日の伊豆新聞の記事だそうです。



          2013年7月18日記事



【2013/07/20 09:14】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
三重県の青山高原で風車の発電機と羽根が落下  7

 

スマートジャパン  20130719 0700分 更新

http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1307/19/news017.html

自然エネルギー:

風車の落下事故から3カ月で運転再開、18基を順次稼働へ

47日に大型風車の破損・落下事故が発生してから停止していた三重県の「ウインドパーク笠取発電所」が部分的に運転を開始した。事故機を除く18基に再発防止策を講じたうえで、まず1基を79日から稼働させ、安全性を確認しながら順次18基の運転を再開する予定だ。

[石田雅也,スマートジャパン]

 「ウインドパーク笠取発電所」を運営する中部電力グループのシーテックが、地元の自治体などに再発防止策を説明して理解を得たうえで運転を再開した。ウインドパーク笠取は三重県の津市と伊賀市にまたがる青山高原に出力2MW(メガワット)の大型風車19機を配置した大規模な風力発電所である。

 47日の午後に毎秒40メートルを超える強風を受けて19号機の風車が破損・落下する事故が発生して以来、全面的に運転を停止して、事故原因の究明と再発防止策の検討を進めてきた。事故を起こした19号機を除く18基の風車すべてに再発防止策を実施して、79日に11号機から運転を再開した。

 ウインドパーク笠取は110号機が20102月に、1119号機が同年12月に運転を開始した経緯がある。事故機の19号機を含めて2期目に稼働させた9基の風車の部品に強度の問題があったことが判明している。シーテックは4月中に部品の交換を済ませて、安全性の確認を進めてきた。運転を再開した11号機も部品に問題があった2期目の風車のひとつである。

 シーテックは今後の運転計画を公表していないが、年内には18基すべてを稼働させるものとみられる。ウインドパーク笠取の運転を再開できたことで、新たな開発プロジェクトにも着手する見込みだ。

 中部電力グループで再生可能エネルギー事業を担当するシーテックは、三重県の青山高原でウインドパーク笠取を含む3つの風力発電所を運営しているほか、愛知県の田原市に三井化学などと共同で発電能力50MWの大規模なメガソーラーの建設を進めている。 田原市のメガソーラーには6MWの風力発電設備を併設して、201410月から稼働させる計画である。



【2013/07/19 15:44】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
上映会のお知らせです  1

 

 
放射線を浴びたX年後

   ↓

 http://x311.info/



 上映日程

   ↓

 http://x311.info/blog/theater/

 


 
私は参加協力券を購入しました。



【2013/07/18 15:49】 | 原発関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
気分転換しましょう! 14

 

 昨日、日帰り旅行のJA(農協)女性部の活動に参加しました。


 
早朝出発で岐阜県の牧歌の里(ひるがの高原)と郡上八幡を散策してきました。

 牧歌の里に到着早々、午前11時にランチタイム。

          IMG_1469.jpg

          IMG_1470.jpg


  
 ロードトレインに乗って施設内を一周。

          IMG_1475.jpg

          IMG_1476.jpg


 
 郡上八幡に着きました。

          IMG_1498.jpg

          IMG_1485.jpg

          IMG_1483.jpg








          

【2013/07/17 09:30】 | その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
気になるニュース  699



スマートジャパン 20130716 1300分 更新

http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1307/16/news013.html


自然エネルギー:

東北3県に風力発電で171MWJ-POWERとユーラスが2020年までに

国内で最も多く風力発電所が集まる東北で新たに5つの大規模プロジェクトが進んでいる。東北電力が出力制御型の風力発電所を対象にした実証試験の候補に2社の5件を決定した。青森・岩手・秋田の3県にわたって合計171MWの風力発電所が2018年~2020年に運転を開始する予定だ。

[石田雅也,スマートジャパン]

風力発電は太陽光発電と同様に出力が天候によって大きく変動するため、電力会社の送配電ネットワークに電力を供給する「連系」に制限が設けられている。東北電力は風力発電に対する連系量の拡大に取り組んでいて、2020年をメドに200kW2000MW)まで増やす計画だ。

連系量の拡大に向けて、出力を制御できる大規模な風力発電所を対象にした実証試験を実施することにしている。その候補になるプロジェクトに、電源開発(J-POWER)の2件とユーラスエナジーホールディングスの3件を決定した。5カ所の風力発電所を合計すると、出力は171000kW171MW)になる。20183月から20203月にかけて運転を開始して、東北電力の送配電ネットワークに電力を供給する予定だ。

J-POWERとユーラスエナジーは候補地の市町村で大規模な風力発電所を運転中だが、さらに近隣の用地でも新しい発電所の建設計画を進めている。JPOWERは岩手県葛巻町と秋田県にかほ市で稼働している風力発電所に加えて、「新葛巻風力発電事業」と「新仁賀保風力発電事業」を推進中だ。この2カ所が東北電力の実証試験の対象になる可能性が大きい。

一方のユーラスエナジーは青森県東通村で4つの風力発電所を運営していて、新たに村内の2カ所に拡大する計画だ。五所川原市では「市浦風力発電事業」が環境影響評価の段階にあり、実証試験の候補に入るものとみられる。





【2013/07/16 18:21】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
朝採りのトウモロコシ



 
友人の畑ではトウモロコシの出荷の最盛期です。


 今朝採ったばかりのトウモロコシ。

          IMG_1468.jpg

 旦那さんが規格はずれのものは廃棄するというので、私がもったいないと言ったところ、
毎日のように家まで届けてくれています。


 さあ、あちらこちらに配ろう!美味しいうちに。


 自分の身を更に忙しくしている私なのです。




【2013/07/15 09:15】 | その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
気になるニュース  698


スマートジャパン2013/7/12 13:43

http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20130712-00010000-biz_it_sj-nb


風力発電を北九州市に集積、港湾地区に3社が進出

風況の良さを生かした風力発電産業の拡大を目指す北九州市で、新たに3社が発電事業に乗り出すことが決まった。港湾地区にある廃棄物最終処分場の跡地に発電設備を建設する予定だ。同地区には大規模な風力発電所が運転中のほか、沖合では洋上風力発電の実証実験も始まっている。
 九州の最北端にある北九州市は大規模な港を擁する産業地域で、港湾地区を「グリーンエネルギーポート」と位置付けて風力発電産業の集積地に発展させることを目指している。この地区に市が保有する廃棄物最終処分場の跡地があり、風力発電事業者を誘致した。
 北九州市が選定した事業者は、風力発電のメンテナンスを専門にする「北拓」、メガソーラーの開発を主力にする「自然電力」、さらに一般社団法人の「日本再生可能エネルギー推進機構」である。各事業者が市の公募に応じて企画を提案して、3件すべてが採択された。
 建設予定地は全体で24万平方メートルの広さがあり、その一部が大型風力発電施設に割り当てられる。
事業者は1平方メートルあたり約2万円で北九州市から土地を購入することが条件になっている。
 3社のうち自然電力は開発計画とスケジュールを発表している。発電能力が2.5MW(メガワット)の大型風車1基を201411月に稼働させるほか、2015年以降に大型風車を含む風力発電設備の物流拠点と製造拠点を地区内に設置する予定だ。
 北九州市の港湾地区は北側に響灘(ひびきなだ)の広い海域があり、北西方向から平均6メートル/秒を超える風が吹く絶好の場所である。すでに地区内では「エヌエスウインドパワーひびき」が2003年から、1.5MWの風車10基で運転を開始している。
 さらに沖合では、日本で2番目の大型洋上風力発電設備が627日に運転を開始したところだ。港湾の物流機能と良好な風況を生かして、陸上と洋上の両方をターゲットにした風力発電産業が北九州市を中心に広がってきた。





【2013/07/14 15:04】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
愛知県北設楽郡設楽町における風力発電事業計画  1


 先月、風力発電の事業計画が設楽町にあるというお知らせが届き
昨日、設楽町方面に所用で出かけました。


 途中、立ち寄った四谷の千枚田です。
                             ↓

 http://www.city.shinshiro.lg.jp/index.cfm/8,3143,149,html

     IMG_1467.jpg








 



【2013/07/13 10:46】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
今度の敵は乳癌でした 19



 
昨日は3ヶ月に一度となった診察日でした。


 診察の前に血液検査とDEXA(デキサ)法による腰椎・大腿骨の
骨塩定量骨密度)検査を受けました。


 近頃、長い階段が上り辛くなったので、もしやホルモン剤の副作用か?と心配になったので骨密度の検査を希望したのです。


 結果は異常なしだったので、老化現象ということになる??


 いつもは、診察前の待ち時間が長~く、疲れるだけの待合室ですが、偶然同級生に声をかけられたので、喫茶室に移動して楽しいときを過ごすことができました。





【2013/07/12 07:58】 | 健康 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
気になるニュース  697



日経BPネット 20130711日 

http://www.nikkeibp.co.jp/article/news/20130711/357687/


風力発電の騒音規制強化に猛反発、事業者団体が意見書

環境省が提示した風力発電の騒音規制強化案に、発電事業者の団体である日本風力発電協会(JWPA)が猛反発している。同省が627日に開いた「風力発電施設から発生する騒音等の評価手法に関する検討会」(座長:町田信夫・日本大学理工学部教授)の第2回会合に、風力発電推進全国市町村連絡協議会と共同でまとめた意見書を提出した。目標値のレベルが高すぎると厳しく批判し、目標値を設定しないよう訴えている。





【2013/07/11 16:35】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
三重県の青山高原で風車の発電機と羽根が落下  6


 本日の中日新聞の記事です。


          IMG_1464.jpg








          
【2013/07/10 09:57】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
和歌山県日高郡大平山ウインドシステム風力発電事業計画  7 の続き


 本日の紀州新聞の記事だそうです。




          130710 紀州新聞 池田区(日高町)が建設に反対01

【2013/07/10 09:53】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
和歌山県日高郡大平山ウインドシステム風力発電事業計画  7


 本日の日高新報の記事だそうです。




          日高新報20130709











【2013/07/09 18:24】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2000年5月1日の惨劇(愛知豊川主婦殺人事件)を風化させないために  8

 

 参議院の選挙といえば、3年前の2010年に行われた参議院の選挙のころを思い出してしまいました。

 それは、叔母の死から丸10年目(今から3年前の)201051

        ↓

 http://sugihana.blog.fc2.com/blog-entry-813.html


 叔母が事件のことを忘れないで欲しいと私に訴えているような気がして、私はこの日から暫くは悶々とした日々を送っていました。


 そうこうしているうちに、犯行当時少年だった加害者が事件後にどういう経過でどのような処分を受けたのか直接に知りたいと思うようになりました。


 それで、数日後家庭裁判所に叔母(叔父の姉)を連れて相談に行き、被害者等通知制度(少年審判後の通知)
を希望することにしました。


 が、そこでまたもや、悶々としてしまいました。


 
私がこの制度を利用して、叔母を失った悔しい気持ちを整理できるのか?


 返って心が乱れるのではないだろうか?


 被害者である叔父が事件のことをどう思っているのか?


 今の叔父の気持ちはどうなのだろう?


 第一、遺族でない私が遺族を差し置いて、請求者を叔母(被害者の兄弟姉妹)にして、請求することに遺族との間で問題が生じないのか?


 また、私自身請求してからどうしたいのか?どうするべきか?何の目的のために?


と、いろいろ考えた挙句、この件は問い合わせることなく自分のなかで保留にしてしまいました。


 裁判所からの被害者等通知制度の案内文書の日付は平成2262日となっていました。

 あれからもう3年経ちました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 先日、思い付いて1年振りで叔父を訪問しました。


 叔父は穏やかな明るい表情をして私に接してくれたので安心しました。


 勿論、事件のことは全く話題にしませんでした。


 叔母はもう帰って来ないのですから。





 


【2013/07/08 13:09】 | その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
被災地がれき  201
福島民報 2013/07/06 10:18

http://www.minpo.jp/news/detail/201307069466


楢葉がれき撤去完了 国直轄処理

 東日本大震災の津波による避難区域での国直轄災害がれき処理で、環境省は5日、楢葉町で撤去を終えたと発表した。旧警戒区域の沿岸部で完了したのは初めて。
 コンクリート片や木くずなど計1万6千2百トンを町内2カ所に設けた仮置き場に搬入した。今後は可燃、不燃などの分別作業を行う。可燃物は町周辺に国が設ける焼却炉で処理する。不燃物のリサイクルなどは民間の処分場で行う。1キロ当たり10万ベクレル超の廃棄物は中間貯蔵施設に搬入する。
 避難区域の沿岸部では、南相馬市小高区で撤去作業が始まっている。富岡、浪江の両町でも計画されているが、仮置き場の整備などで協議が続いており、開始時期は決まっていない。
   ◇  ◇ 
 環境省は同日、川内村の旧警戒区域で震災に伴う、ごみの回収を終えたと発表した。108世帯から畳や日用品など計229トンを回収、村内の仮置き場に運んだ。今後はテレビ、冷蔵庫、エアコン、洗濯機の回収を行う。







【2013/07/07 09:09】 | 廃棄物問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
参議院選挙  4

 
 愛知選挙区からみどりの風の公認で立候補された平山まことさん
昨日の午後、東三河入りされたので、応援に行ってきました。

 ここは休憩場所のようでした。

          IMG_1461.jpg

          IMG_1462.jpg


 私は風力発電問題で、みどりの風の党首の谷岡くにこさんに大変お世話になったこと、
そして、昨年の震災がれきの受け入れに反対したことなど、候補者とお話をしてきました。


           ここは久美原風力発電所(左手)に近い距離にあります。


          IMG_1463.jpg




【2013/07/05 07:33】 | その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
福井県の敦賀・南越前の風力発電計画  7

 本日の福井新聞の記事だそうです。




          130704 福井新聞 敦賀市がアセス方法書審議



【2013/07/04 19:05】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
参議院選挙  3



 風力発電の問題でみどりの風の党首の谷岡くにこさんにお世話になったので、今日はポスター貼り。


          IMG_1459.jpg

              (画像の一部加工)




 
連絡あり次第出かけます。

          IMG_1460.jpg





【2013/07/04 08:40】 | その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
気になるニュース  696


2013年7月2日 福島民友トピックス

http://www.minyu-net.com/news/topic/130702/topic4.html

「風車設備」小名浜に入港 楢葉沖で風力発電実証実験へ

 風車設備は浮体部分も含め全長約120メートル。実証実験は東日本大震災の復興事業として、経済産業省が丸紅、三菱重工、三井造船、東大などで組織する「福島洋上風力コンソーシアム」に委託し、進められている。
 到着した風車設備は同港で調整され、今月下旬にも楢葉沖約20キロに係留される見通し。運転開始は10月予定。実験では浮体式風力発電の経済性や安全性が検証される。





【2013/07/03 09:30】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ