みなみそうまサラダプロジェクト 12



 随分とご無沙汰しているので、どうされてみえるのかと気になっていました。


          IMG_1817.jpg




スポンサーサイト
【2014/01/31 11:51】 | その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
愛知県新城市黒田地区に産廃中間処理施設の計画  3

 
 本日の中日新聞の記事です。


          IMG_1813.jpg



【2014/01/30 11:01】 | 廃棄物問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
気になるニュース  746


2014129  読売新聞 秋田

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/akita/news/20140128-OYT8T01281.htm


洋上風力発電 秋田、能代港の適地提示

秋田港と能代港で洋上風力発電を目指す県は28日、有識者や漁業関係者でつくる検討協議会の初会合を開き、発電施設を設置できる港湾内の適地計約460ヘクタールを提示した。県は沖合での発電も検討しているが、水深が浅いうえ、人工物が多いため、港湾での適地設定を先行させる考えで、3月末の決定を目指している。

 検討協議会は28人で構成し、会合では、事務局の県が国内外の洋上風力発電施設の実例を紹介した後、地上30メートルの年平均風速が、能代港は毎秒6・5~7・5メートル、秋田港は同6・0~7・5メートルと、事業化の目安となる「同5~6メートル以上」をともに上回ると説明した。

 さらに、落雷の頻度は太平洋側より高いものの、台風被害の危険性は低く、重要な渡り鳥の飛行ルートにも当たらないことから、両港は発電施設の設置に適していると結論づけた。

 その上で、大型船の航路や小型船の航行スペース、漁業権設定地域などを除外すると、ともに防波堤沿いに、秋田港は5か所計260・7ヘクタール、能代港は3か所計199・9ヘクタールの適地があると説明した。

 県の試算では、仮に適地に出力2000キロ・ワットの発電施設(風車)をくまなく設置した場合、秋田港は22基、能代港は13基の建設が可能。合計出力は7万キロ・ワットで、約5万世帯の年間使用量を賄える計算という。

 会合では、能代港に火力発電所を設置している東北電力から「発電所の運転に影響がないように、極力、施設を離してほしい」との要望があった以外、目立った注文はなかった。

 県は3月に適地を設定した後、来年度中に港湾計画を変更し、施設の建設が可能になるようにする予定。ただ、計画変更後の予定は立っておらず、現在、日本海側には送電網も整っていない。参入する民間事業者がいるかも不透明だ。



【2014/01/29 15:25】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
被災地がれき  220


時事ドットコム (2014/01/24-17:36)

http://www.jiji.com/jc/zc?k=201401/2014012400799&g=soc


震災がれき、94%処理=宮城の可燃物は完了-環境省

 環境省は24日、東日本大震災で発生した岩手、宮城、福島(東京電力福島第1原発周辺を除く)3県のがれき1686万トンのうち、昨年12月末時点で1582万トンを処理したと発表した。処理率は前月末時点から3ポイント上昇し94%となった。

 3県別では、岩手96%、宮城98%、福島64%だった。最も処理が進んでいる宮城県では、今月18日に可燃物の処理を終えた。
 津波で海岸にたまった土砂などの堆積物1082万トンについては、86%に当たる926万トンを処理した。



【2014/01/25 12:07】 | 廃棄物問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
不用品?  24



 先日、我が家の郵便受けに下記のチラシが入っていました。


          IMG_1810.jpg


 
「何点でも1円で買い取りします」

 
としています。

 あら?回収日は今日となっていましたわ。



 


【2014/01/23 11:56】 | 廃棄物問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
愛知県新城市黒田地区に産廃中間処理施設の計画  2



 本日の中日新聞の記事です。 


      IMG_1807.jpg

 

 この計画に対し、新城市長さんは「賛同しかねる」と事業者に文書回答されていました。

 しかし、地元は、要望書で事業計画容認と受け取れる意思表示。

 私には理解できません???????



【2014/01/22 10:05】 | 廃棄物問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
西谷文和さん(国際ジャーナリスト)講演会



 19
日(日)午後、お誘いを受けて、西谷文和さんの″最新シリア現地取材報告“を聴きに行きました。

          IMG_1804.jpg

 用意された席は満席でした。


          IMG_1805.jpg

 お話を聴いて「積極的平和主義」などと唱える安倍政権の下、シリアの内戦に無関心ではいられなくなりました。


・・・・・・・

 
 折しも、シリア激戦地停戦の動きの見出しの記事が本日の朝日新聞に掲載されていました。






【2014/01/21 13:30】 | 原発関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
被災地がれき  219



20141190012  読売新聞

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20140118-OYT1T00839.htm?from=ylist


宮城の震災がれき焼却完了年度内処理にめど

宮城県に唯一残っていた石巻市の震災がれき仮設焼却施設が18日、稼働を終え、同県のがれき焼却が完了した。

埋め立て作業などは残るが、県が目標とする今年度内のがれき処理にめどがついた。

 県内のがれき1800万トンのうち、800万トンが同市など石巻地区3市町で発生。焼却作業は2012年5月、全国最大規模の同施設で始まり、土砂や再生可能な廃棄物を除く可燃物56万トンが処理された。13万トンは東京都や北九州市、仙台市など県内外に運ばれ、広域処理された。がれきの分別作業などには被災者や市民約400人が雇用された。

 18日は焼却処理が無事終了したことを記念した「火納め式」が行われた。井上信治環境副大臣らが消火スイッチを押し、炉内の火が消えたことを確認すると、約280人の出席者から拍手がわいた。






【2014/01/20 10:08】 | 廃棄物問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
残土処分場を計画か? 地元の産廃問題  100



 
今日の午後4時過ぎの現場です。


          IMG_1794.jpg

          IMG_1795.jpg

          IMG_1796.jpg

          IMG_1797.jpg

 大量の廃家電が長期間雨ざらしになっていましたが、消えていました。



          IMG_1801.jpg








【2014/01/18 16:57】 | 地元の産廃問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
気になるニュース  745



2014115  読売新聞 青森

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/aomori/news/20140114-OYT8T01556.htm


野辺地町直営で風力発電 設置を検討

野辺地町が、町直営で風力発電所の設置を検討していることがわかった。売電による財源確保が狙いで、2016年4月の稼働を目指す。稼働すれば、自治体による売電目的の風力発電は県内で初めて。

 町によると、町営牧場(約7ヘクタール)に総工費約25億円をかけ、風車を3基設置する。総出力は7500キロ・ワットで数千世帯分の電力を賄える。

 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)のデータでは、町内では風力発電が可能な強さの風が吹いている。町は今春から、町営牧場で、風力や風向きを調べる風況調査などを実施する。風力発電が可能と判断すれば16年4月からの稼働を目指す。

 発電した電力は東北電力に売電、20年間稼働し最大約15億円の収益を見込む。売電によって自主財源を確保するのが目的で、町民への利益の還元もできるか検討する。

 ただ県内では、大規模太陽光発電所(メガソーラー)の建設を検討していた三沢市が昨年、「財源確保が困難」などとして断念。自治体による再生可能エネルギーの運営には財政面で課題もある。野辺地町幹部は「15年間稼働できれば返済でき、収益は得られる見込みで、建設財源は借り入れで賄う。町の貯金である財政調整基金の残高が減っており、財政を安定させたい」と話している。



【2014/01/16 21:09】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
気になるニュース  744


レスポンス 20140114日(火) 1600

http://response.jp/article/2014/01/14/214814.html

国土交通省、港湾へ洋上風力発電設備導入を促進するための技術ガイドラインを策定へ

国土交通省は、航行船舶などへの安全性を確保しながら、港湾への洋上風力発電の導入を促進するため、技術ガイドラインを策定すると発表した。

再生可能エネルギーの普及を促進するため、洋上への風力発電の導入が重要な課題となっている。港湾への洋上風力発電は昨年12月現在、6港湾で港湾管理者が主体となって導入準備を進めており、今後も洋上風力発電の導入が進められる港湾エリアが増えることが予想される。

港湾は、港湾法に基づく設置許可手続の際、構造の安定性、航行船舶の安全性、施工や適切な維持管理などが十分に確保されることを港湾管理者が審査している。これら審査をスムーズに行うためには、審査基準など、審査の拠り所が必要となる。

このため、有識者や関係機関で構成する検討委員会と分科会を開催し、港湾機能や航行船舶への安全の確保策、安全で効率的な設計・維持管理手法について検討し、港湾エリアへの洋上風力発電の設置許可手続を港湾管理者が円滑に進めるためのガイドラインとしてとりまとめることにした。

1
回目の検討委員会は116日に開催する。2014年度中に最終とりまとめを行う予定。 《編集部》






【2014/01/15 09:39】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
福島へ野菜支援の活動  1



 地域みらいの会では、福島へ野菜を送る活動をすることになり

我が家からは白菜を提供することにしました。


         IMG_1790.jpg





【2014/01/13 16:40】 | 原発関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
気になるニュース  743



京都新聞 20140112 1141

http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20140112000020

くさつ夢風車、年度内に運転再開へ

昨年4月から運転を停止している滋賀県草津市下物町の風力発電「くさつ夢風車」が、本年度中に運転を再開する見通しとなった。各地で風力発電の事故が相次ぎ、原因調査に時間がかかったため長期間にわたり停止しているが、草津の景観のシンボルともいえる施設だけに、市民の問い合わせも多いという。

 昨年3月に京都府伊根町の太鼓山風力発電所の風車ブレードが落下した事故を受け、経済産業省が発電用風車の一斉点検を促すよう通知した。このため、草津市はくさつ夢風車の運転を停止した。

 その後も三重県や北海道で事故が相次ぎ、原因調査の間、くさつ夢風車も止まったままだった。くさつ夢風車は落下事故を起こした風車とは別メーカー製という。

 市環境課は「窓口に直接『どうなっているのか』と問い合わせてくる市民もおり、関心の高さを認識した」と話している。1月以降に安全点検を済ませ次第、運転を再開したいという。

 くさつ夢風車は2001年に烏丸半島に設置され、発電した電力を水生植物公園みずの森に供給している。売電は行っていない。年間の維持管理費は本年度当初予算で1170万円。11年10月に故障のため3カ月間運転を停止したことがある。



【2014/01/12 15:48】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
気になるニュース  742



毎日新聞 20140110日 2101分(最終更新 0110日 2133分)

http://mainichi.jp/select/news/20140111k0000m020072000c.html

http://mainichi.jp/select/news/20140111k0000m020072000c2.html

 

再生エネ:洋上風力を促進方針 太陽光は引き下げか

 再生可能エネルギーで発電した電気の買い取りを電力会社に義務づけた固定価格買い取り制度(FIT)で、買い取り価格を審議する「調達価格等算定委員会」(委員長・植田和弘京都大教授)が10日開かれた。2014年度に向け、海上に風車を設置し発電する「洋上風力」の買い取り価格を引き上げ、導入促進を図る方針。一方、急速に普及の進んだ太陽光は買い取り価格を一段と低くする可能性がある。【大久保渉】

 風力発電の今年度の買い取り価格は1キロワット時当たり23.1円(20キロワット以上の大型発電)。現在は陸上風力と洋上風力の区別はなく、同じ価格だが、実際には洋上風力の方が建設費用などコストが高く、FITで先行する欧州では洋上風力の買い取り価格は陸上の1.5〜2倍程度に設定されている。

 経済産業省は専門家による実証試験の結果などをもとに、日本では洋上風力の建設費用が陸上風力の1.8〜2.5倍程度になるとの試算を公表。国土の狭い日本では陸上風力に適した土地が限られ、洋上風力の導入促進が再エネ普及に欠かせないという事情もあり、委員会は風車の土台を海底に固定する「着床式」と呼ばれるタイプに限り、陸上より高い新たな買い取り価格を設定する方針だ。

 一方、FITの9割以上を占める太陽光発電については、中国メーカーによる大量生産などで太陽光パネルの価格は下落を続けている。買い取り価格(10キロワット以上の大型発電)は13年度に42円から37.8円に引き下げられたが、14年度は一段と引き下げられる可能性が高まっている。

 委員会では、買い取り費用を電力料金に上乗せする「再エネ賦課金」が、年1000億円程度過剰に見積もられている可能性があるとの指摘が出ていることついて、一部委員から「現行の算出方法は適切ではない」との意見が出た。これを受け、経産省は賦課金の算出方法を検証する専門委員会を、年度内にも設置する考えを示した。

 太陽光、風力、地熱、バイオマス、中小水力でつくった電気を運転開始から10〜20年間、電力会社が決まった価格で買い取ることを約束する制度。2012年7月にスタートした。施設の建設コストを事業者が回収できるようにし、再生可能エネルギー発電への積極投資を促すのが狙い。買い取り費用は電力会社が「再エネ賦課金」として電気料金に上乗せし、利用者から徴収している。買い取り価格は、再エネ推進を目的に高めに設定されているが、高すぎると賦課金が重くなり、利用者の負担が増える。このため、学識経験者ら「調達価格等算定委員会」が議論して毎年度、見直すことになっており、技術進歩による建設コストの低下などを買い取り価格に反映させる。




【2014/01/11 21:02】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
暮れのご挨拶  4

 

 毎年、年末には薔薇農家さん3軒より、それぞれ薔薇の花束が届きます。

 量が多いので飾り切れなくて、おすそ分けもしましたが
玄関ホールは薔薇づくしとなりました。

 その上、今回は蕾の付いた桜と南天の枝もいただいて賑やかです。

 桜の花が満開になったので、桜が置いてあるところだけ記念撮影しました。


          IMG_1782.jpg

          IMG_1783.jpg






【2014/01/10 09:05】 | その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
被災地がれき  218


2014年0108日水曜日 河北新報 東北のニュース

http://www.kahoku.co.jp/news/2014/01/20140108t71016.htm


震災がれき 岩手90%宮城96%処理 福島は62%止まり

東日本大震災で発生した震災がれきの処理が進み、昨年11月末時点の進捗(しんちょく)率は岩手県で90%、宮城県で96%となった。宮城では近く可燃物の焼却を完了、焼却灰埋め立ても含めた全作業を3月末までに終える予定。環境省は、両県のがれき処理を2013年度中に終える政府目標の達成にめどが付いた、としている。
 一方、政府が年度内処理を断念した福島県の進捗率は62%。東京電力福島第1原発事故の影響で仮置き場の確保が難航したことなどが要因で、岩手、宮城と比べ大幅に遅れている。
 環境省によると、3県の震災がれきの推計量は岩手388万トン、宮城1102万トン、福島171万トン。宮城で木くずなど可燃物を処理する焼却炉が稼働しているのは石巻市のみとなり、1月中旬に作業を終える見通し。岩手でもほぼ終了しつつあるという。
 宮城ではこれまで、沿岸部に仮設焼却炉を29基設置し、1日最大約4650トンを焼却。がれき分別施設も増やして処理を急いできた。岩手は可燃物の一部を東京都や大阪市などへの広域処理で対応してきており、「県外自治体の協力で順調に進んでいる」(廃棄物特別対策室)という。
 がれきとは別に、津波で運ばれた土砂などの津波堆積物は、岩手が推計152万トンのうち84%、宮城は769万トンのうち91%の処理を終えた。ほぼ全量を、土地のかさ上げや防潮林の土台などに再利用する方針だ。
 福島は、津波堆積物166万トンに対し処理済みが40%。環境省は「原発事故の影響がある。14年度のできるだけ早い時期に終わらせたい」としている。




【2014/01/09 08:58】 | 廃棄物問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
豊川浄化センター  2

 

 
 私たちは、豊川浄化センター内で実証実験が行われている
豊川バイオマスパーク構想」の施設を見学しました。

 道路の右側に実験施設が並んでいました。

          IMG_1762.jpg

          
          水熱処理施設

          IMG_1765.jpg


          メタン発酵施設

          IMG_1767.jpg

          IMG_1769.jpg

          IMG_1770.jpg
       
          IMG_1772.jpg

          IMG_1771.jpg


          グリーンハウスではトマトの栽培がされているそうです。
          (今の時期はありません。)

          IMG_1774.jpg

          

          海藻養殖場

          IMG_1776.jpg



 *見学後の感想はありますが、???です。上手くいくといいですね。









 


【2014/01/08 09:31】 | 環境行政 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
豊川浄化センター  1

 まだまだ、お正月気分が抜けない昨日の午後、豊川浄化センターを見学しました。

 

 先ずは、2階の会議室にて担当者のかたから説明を受けました。


 ここで処理する下水の量は1日当たり7万トンだそうです。


 
 屋上に上がりました。

          IMG_1750.jpg

          IMG_1749.jpg


 屋上から眺めた処理施設です。

          IMG_1753.jpg

          IMG_1754.jpg



【2014/01/07 13:49】 | 環境行政 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
新年を迎えました  5

 

   あけましておめでとうございます。

  今年もよろしくお願いします。


 

  1月1日の午前は、氏神様と3ヶ所のお寺にお参りすることにしています。


 
田原市(隣市)内の長仙寺です。


      IMG_1739.jpg

 大晦日からお正月にかけて、ここで親友が甘酒の接待のお手伝いをしています。

 
 夫と息子は先代の住職さんに名前を付けてもらいました。

 ************************************

 次にお参りしたお寺には、伯父夫婦のお墓があります。
伯父夫婦には子どもがなかったので、二人の老後のお世話を私たち夫婦がすることになり
二人が亡くなったので、このお寺で永代供養をお願いしています。


 桜が咲いていました。

      IMG_1744.jpg







【2014/01/01 17:41】 | その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |