下関市安岡沖洋上風力発電建設計画  1

 過去記事

  ↓

 http://sugihana.blog.fc2.com/blog-entry-1305.html

 http://sugihana.blog.fc2.com/blog-entry-2323.html


 
長周新聞の記事だそうです。

    140330 長周新聞 サンプル0

    140330 長周新聞 サンプル1

    140330 長周新聞 サンプル2

   140330 長周新聞 サンプル3




スポンサーサイト
【2014/03/31 21:39】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
愛知県新城市黒田地区に産廃中間処理施設の計画  8



 本日の中日新聞の記事です。


     IMG_1863.jpg


【2014/03/29 20:17】 | 廃棄物問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
愛知県新城市黒田地区に産廃中間処理施設の計画  7



 
手続きの流れを愛知県の担当課に教えてもらいました。


 産業廃棄物中間処理(堆肥発酵)施設に係る許可申請書が愛知県の出先機関である
新城設楽振興事務所環境保全課で受理されると、愛知県(担当課=資源循環推進課)で、書類審査が行われます。


 書類審査から許可までの期間は概ね3ヶ月だそうです。


 この堆肥発酵施設の場合、処分業の業の許可さえあれば施設の設置許可は申請書類に不備がなければ(形式が整っていれば)OKの世界だそうです。


 この手続きで、新城市の市長さんの意見書や地元住民の意見書を提出できる機会は設けられていないということでした。そして有識者などによる県の審議会も行われないそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
私の感想。


 要するに、反対意見は手続き上では無視できるということになります。


 これでは、手続き上で、
堆肥発酵施設建設も個人が普通に住宅を建てる場合と大して違いのないことになってしまいます。


 歓迎される施設ではないものが、こうして簡単にできてしまう仕組みには納得がいかないし、それを野放しにさせていることは許されるものではないと感じました。

 



【2014/03/28 23:30】 | 廃棄物問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
被災地がれき  224


時事ドットコム(2014/03/26-10:45

http://www.jiji.com/jc/zc?k=201403/2014032600268&g=soc


岩手、宮城は月内完了へ=震災がれき処理-環境省

環境省は26日の自民党環境部会で、東日本大震災で発生した岩手、宮城、福島3県のがれき1708万トンについて、2月末時点の処理状況を示した。1642万トンを処理し、処理率は前月比1ポイント上昇の96%。県別では、岩手98%、宮城99%、福島71%で、岩手、宮城両県は、予定通り3月中に処理が完了する見通し。
 津波で海岸にたまった土砂などの堆積物1091万トンは、90%に当たる987万トンを処理した。福島県については東京電力福島第1原発周辺は含んでいない。


【2014/03/27 22:52】 | 廃棄物問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
またまた万座温泉  15



 24
日から2連泊で万座温泉に行っていました。



【2014/03/26 20:34】 | 健康 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
気になるニュース  758の続き 2


 
本日の紀州新聞の記事だそうです。


     由良町議会


 委員会作成の陳謝文の朗読の強要自体も、議会からの激しい圧力そのものですよね!


【2014/03/23 10:19】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
愛知県新城市黒田地区に産廃中間処理施設の計画  6の続き



 本日の朝日新聞の記事です。


     IMG_1862.jpg




【2014/03/23 09:31】 | 廃棄物問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
今度の敵は乳癌でした  25



 20
日は外科の診察日でした。


 いつものように採血そして診察を終え、自動清算機を入力したところ、見当がつかない医療費が示されていたので、操作を中断して係の人に尋ねてみました。


 すると窓口の人の説明から「処方箋の扱い」の相違ということらしかった。


 なんだか
釈然としない部分も感じましたが、まあ、当日に私の財布から出て行くお金の総額に変わりはないらしいので、問題はないと思いました。


 この件はこれで終了。

 
 そして昨日になって、薬に同封されている「今日のお薬」の説明書きを何気なく読んでみました。


 なんと、それを読むうちに、私が毎朝食後に服用しているホルモン剤は、既に1年前頃からジェネリック薬品(後発医薬品)が出ていることを理解したのでした。


 私はホルモン剤服用当初、薬局でジェネリック薬品はないの?と聞いたところ、ありません言われたので、それからは薬に添付されている印刷物など毎回同じと勝手に思い込んでしまい読むことはしませんでしたので、ジェネリック薬品の存在について、ず~っと気づかずにいました。


 がっくり。あ~あ。


 単純計算したらこの1年間で約28,800円損?したことになりました。6月になったら、絶対忘れずにジェネリック薬品に変更しなくては、、、


 病気になるとお金がいります。

 

【2014/03/22 10:50】 | 健康 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
愛知県新城市黒田地区に産廃中間処理施設の計画  6



 本日の東日新聞の記事です。

     IMG_1861.jpg

 

 本日の中日新聞の記事です。 

     IMG_1860.jpg

 

 


【2014/03/21 09:32】 | 廃棄物問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
気になるニュース  758の続き


 

 由良議員、負けないでくださいね!!!


 
 本日の紀州新聞の記事だそうです。

     140320 紀州新聞 特別委




【2014/03/20 15:11】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
気になるニュース  759



201439日 中日新聞【福井】

http://www.chunichi.co.jp/article/fukui/20140309/CK2014030902000005.html


北陸電力の国見岳風力発電所、廃止へ

昨年十二月に落雷による火災で運転を見合わせていた北陸電力国見岳風力発電所(福井市奥平町)を、同社が廃止することが分かった。経済産業省に四月一日付の廃止届を提出。火災に遭った2号機とともに、同時期に羽根が破損し運転を止めた1号機も廃止する。

 理由について北陸電力は「経年劣化によるトラブルが増加しており、設備の維持が困難と判断した」と説明。風車を造ったデンマークのメーカーが今はなく、事業承継した会社も設計変更に対応していないことに言及し「抜本的な耐雷性への向上対策が取れない」とした。

 風車の羽根は繊維強化プラスチック(FRP)製で、直径五十二メートル、一枚の重量は四・二トン。支柱の高さは四十九メートル。

 国見岳風力発電所は、県営電力事業の一環として〇二年十二月に営業運転を開始。行政改革の中で、北陸電力が県からの事業譲渡を受けて一〇年四月から運転を始めた。両機とも出力は九百キロワット。

 撤去の作業日程は、天候の関係などもあって確定していないという。北陸電力は七日、輪島風力発電所(石川県輪島市房田町)の2号機の羽根の部品の脱落を発表。この風車も国見岳風力発電所と同じ型のデンマーク製だった。

 (北原愛)



【2014/03/17 21:46】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
気になるニュース  758


本日、由良守生さんから以下のコメントが寄せられました。

http://sugihana.blog.fc2.com/blog-entry-2167.html

 

議会から追放されるそうです。

314日の議会で、私だけに、発言時間5分の制限が言い渡されました。
2
3分、オーバーしました。そしたら、退場。すぐに特別委員会が開かれて、私以外の全員一致で除名となりました。
風力発電の被害を訴えると、えらいことになりますぞ。翌日の地方紙には、デカデカッ、と記事になっています。少し違うんですけどね。

 

翌日の地方紙というのは

    ↓
 (3月15日の紀州新聞)

   140315 紀州新聞 由良町議会
 

 (3月15日の日高新報)

   140315 日高新報 由良町議会



 

(地方紙の写しを送ってくださったのは、由良守生さんご本人ではありません)



【2014/03/16 16:22】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
気になるニュース  757



2014315  読売新聞 秋田

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/akita/news/20140314-OYT8T01055.htm


洋上風力発電 適地700ヘクタール前後に拡大

秋田港と能代港での洋上風力発電で、有識者や漁業関係者でつくる検討協議会の最終会合が14日、秋田市で開かれ、発電施設(風車)の建設が可能な適地として県が提示した計約740ヘクタールがおおむね了承された。委員から一部除外を求める声も出たため、県は要望を反映し、数%削減した面積を最終適地とする方針。施設建設が可能になるよう、新年度中に港湾計画を変更、民間事業者の参入を促す。

 県は1月の初会合で、秋田港260・7ヘクタール、能代港199・9ヘクタールの計460・6ヘクタールを適地として提示。その後の会合で委員から「防波堤の開口部周辺は適地にできるのではないか」などの意見が相次いだため、この日は秋田港351・4ヘクタール、能代港387・8ヘクタールの計739・2ヘクタールを提示した。

 ただ、秋田港に追加した55・8ヘクタールについて、委員から「6、7月に連日入港するイカ釣り漁船の航路に当たる。除外した方がいいのではないか」との意見があり、一部を除外することが決まった。能代港も、小型船の往来をスムーズにするためとして一部除外する。県は「除外地域は一部で、風車の設置には大きな影響はない」としている。

 県の試算では、適地に出力2000キロ・ワット級の風車をくまなく設置した場合、秋田港と能代港で計55基建てることができ、発電量は計11万キロ・ワット時。同5000キロ・ワット級だと、計31基で、発電量は15・5万キロ・ワット時となる見込み。一般家庭の年間使用量に換算すると、それぞれ約5万5000世帯、約7万5000世帯に相当するという。

【2014/03/15 10:28】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
気になるニュース  756


  本日の中日新聞(夕刊)の記事です。


          IMG_1858.jpg







【2014/03/13 21:50】 | 廃棄物問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
気になるニュース  755



2014311  読売新聞 秋田

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/akita/news/20140310-OYT8T01196.htm


県保安林 風力発電2社選定

県は10日、秋田市と潟上市沿岸部の県有保安林(延長約12キロ、面積約630ヘクタール)で風力発電を行う2事業者を選定したと発表した。昨年12月~今年1月に公募していた。

 出戸浜海水浴場周辺を境に、北側の約6キロ、約270ヘクタールを「A(エー)―WIND(ウインド) ENERGY(エナジー)」(秋田市)に、南側の約6キロ、約360ヘクタールを「ウェンティ・ジャパン」(同)にそれぞれ貸与する。

 県資源エネルギー産業課によると、貸与するのは、秋田市下新城中野~潟上市天王の沿岸の県有保安林。同課の試算では、エリア全体で2000キロ・ワット級の風車を30基ほど建設できるという。

 公募には、県内外の5事業者から申し込みがあり、2月12日に外部委員4人を含む評価委員会5人で「事業計画」「環境への配慮」「県内への経済効果」など6項目について評価。その結果を踏まえ、県が今月10日に事業者を選定した。

 県は2事業者と3月中に保安林の貸与に関する覚書を締結し、4月から事業者が環境アセスメント(影響評価)などを行う。発電開始は、2019~20年頃になる見込みという。

 ウェンティ・ジャパンは2000キロ・ワットの風車20基の建設を見込んでおり、発電した電力は全て東北電力に売電する予定で、「早めに環境アセスメントなどに着手し、19年の発電を目指したい」としている。  




【2014/03/12 09:26】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
愛知県北設楽郡設楽町における風力発電事業計画  4



 本日の中日新聞の記事です。


     IMG_1856.jpg


【2014/03/11 09:37】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
被災地がれき  223



産経ニュース 2014.3.10 07:52

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140310/dst14031007530003-n1.htm


震災あす3年 がれき処理91%完了

 東日本大震災は11日、発生から3年を迎える。復興の障害となっていた震災がれきの処理は91%が完了。国道や下水道など生活インフラはいずれも約9割が復旧したが、新たなまちづくりに向けた土地区画整理や、水産施設の再建には遅れが目立っている。

 復興庁によると、震災で発生したがれきは推計1661万トン。被災地に仮設焼却炉を設置し、受け入れに協力した1都1府16県で広域処理した結果、昨年11月末までに1515万トンを処理した。福島県の一部を除き今月末には処分率100%に達する見込み。土地区画整理では、事業を予定する51地区のうち65%が造成に着工できたものの、工事が完了した地区はゼロ。3地区に至っては事業計画すらまとまっていない。漁港の復旧率も、資材や人件費の高騰から昨年11月末時点で37%にとどまっている。



【2014/03/10 09:46】 | 廃棄物問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
残土処分場を計画か? 地元の産廃問題  101



  現場近くの道路では側溝の工事が行われていますが、今日は日曜日です。

     IMG_1843.jpg

     IMG_1840.jpg

     IMG_1841.jpg

     IMG_1844.jpg

     IMG_1845.jpg

     IMG_1846.jpg

     IMG_1849.jpg

     IMG_1850.jpg

  
  水の流れている音に気づきました。

     IMG_1848.jpg

 この汚水は「残土投入場内」に注がれているようでした。
 源?を辿ってみると、、、

     IMG_1853.jpg

     IMG_1854.jpg

  道路の側溝の汚水をポンプで汲み上げていました。




【2014/03/09 13:43】 | 地元の産廃問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
愛知県新城市黒田地区に産廃中間処理施設の計画  5



 本日の中日新聞の記事です。


    IMG_1839.jpg




    


【2014/03/06 09:36】 | 廃棄物問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
愛知県西尾市内における産廃処分場計画  5


 本日の中日新聞の記事です。


     IMG_1838.jpg


 
     

【2014/03/06 09:23】 | 廃棄物問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
愛知県西尾市内における産廃処分場計画  4


 本日の中日新聞の記事です。


     IMG_1837.jpg


【2014/03/05 10:01】 | 廃棄物問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
お知らせです  78



本日放送予定のNHKのクローズアップ現代です。

         ↓

http://www.nhk.or.jp/gendai/yotei/


なぜ進まない 再生可能エネルギー

政府の「エネルギー基本計画」でも、導入を最大限加速させていくとされる再生可能エネルギー。海外メーカーも相次いで参入するなど市場は熱を帯びている。一方で、電力会社に買い取りを義務づける制度が始まって1年余り、早くも綻びが表面化している。特に太陽光発電では、国への申し込みが殺到、だが、実際に発電を始めたものは、その2割程度にしかすぎない。普及を促そうとする余り、土地や設備などを取得していなくても国からの認定が得られるという制度設計の甘さが指摘されている。さらに、発電した電力をどうやって運ぶのか、送電網の整備費用を誰が負担するのかという課題も指摘されている。再生可能エネルギーを今後普及を進めるためには何が必要なのか、その行方を探る。

 

    出演者 松村 敏弘 さん(東京大学 教授)





【2014/03/04 09:51】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
気になるニュース  754



スマートジャパン  20140303 0700分 更新

http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1403/03/news013.html


風車の直径103メートルでも台風と落雷に強い、日本仕様の風力発電機


世界最大の風力発電機メーカーでもある米国GE(ゼネラルエレクトリック)が日本仕様の大型製品を発表した。2.5MW(メガワット)の標準品を改良して、風車の直径も103メートルに延ばし、発電能力を2.85MWに高めた。日本向けに台風と落雷の対策も施した。

[石田雅也,スマートジャパン]

日本国内では2013年の1年間だけで、風力発電所の破損・落下事故が少なくとも4件発生している。その原因になったのは、台風に伴う強風や、天候の急変で発生する落雷だった。今後の市場拡大が期待できる日本向けに、GE(ゼネラルエレクトリック)は台風と落雷対策を施した大型の風力発電機を投入する。製品名は「2.85-103 for Japan」である(図1)。

現在の風力発電で主流になっている2MW(メガワット)級の中では出力が大きい2.85MWの性能を発揮する。日本の陸上では1基あたり年間に500kWh程度の電力を供給する能力があり(発電効率20%と想定)、一般家庭の1400世帯分に相当する。

 風車の羽根(ローター)の直径は103メートルで、2MW級では標準的な大きさだ。風車を支えるタワーは85メートルの高さになり、日本特有の地震と強風に耐えられるように建築基準法に準拠した。落雷対策では経済産業省が推奨する国際規格の「IEC62305-1保護レベルI」に相当する保護機能を備えている。

 日本の再生可能エネルギーは現在のところ太陽光発電を中心に急速に拡大しているが、今後の導入可能量が最も大きいのは陸上と洋上の両方に展開できる風力発電である。GEは世界の風力発電機の市場で約15%のシェアがあり、ほぼ同規模のデンマークのヴェスタス(Vestas Wind Systems)とトップの座を争っている。この2社に日本のメーカーを加えた競争が激しくなる。



【2014/03/03 15:32】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
愛知県新城市黒田地区に産廃中間処理施設の計画  4



 本日の中日新聞の記事です。

      IMG_1836.jpg




     


        

【2014/03/02 09:05】 | 廃棄物問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
愛知県田原市の久美原風力発電所  15

 愛知県田原市の大河さんが風力発電施設の稼働停止と損害賠償を求める訴訟を起こされました。


 本日の東日新聞の記事です。

     
     IMG_1833.jpg


 本日の中日新聞の記事です。

     IMG_1834.jpg


 本日の朝日新聞の記事です。

     IMG_1835.jpg




     

【2014/03/01 09:57】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |