愛知県新城市黒田地区に産廃中間処理施設の計画 45

 本日の中日新聞の記事です。

  

  IMG_2292.jpg





スポンサーサイト
【2014/12/28 10:00】 | 廃棄物問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
和歌山県白浜町椿の風力発電計画  6

20141227曜日 紀伊民報

http://www.agara.co.jp/modules/dailynews/article.php?storyid=286603

白浜町椿の風力発電所計画を中止 関西電力

関西電力は26日、和歌山県白浜町椿の山林に計画していた風力発電所の建設を中止することを明らかにした。建設計画をめぐって地区住民の間で賛否が分かれ、区長や区役員が辞任する事態にまで発展したことから判断した。関電は「地区運営に多大な影響を与えてしまい、大変申し訳ない。これ以上、区民の皆さんに迷惑を掛けられない」と話している。

 関電の子会社「関電エネルギーソリューション」(大阪市)が昨年7月、社団法人「椿共済組」の山林に高さ約120メートル、2千キロワットの発電能力がある風車3基を建設し、20年間稼働する計画を住民に説明した。関電側は環境影響評価により風車の低周波音などによる健康被害はないと主張したが、民家から最短で約500メートル離れた場所に風車を立てるという計画に対し、住民有志が「椿風力発電の健康被害を考える会」を結成。建設計画の白紙撤回を求めて署名活動をするなどした。

 一方で、椿温泉の宿泊客減少や地域の財源不足に危機感を抱く住民らは「計画を受け入れることが地域振興につながる」と主張するなど、住民の間で意見が分かれた。

 椿地区は9月、住民の賛否を問うため臨時の区民総会を開いた。採決の仕方などをめぐって紛糾、区長の解任を求める声が上がったため区長や区の役員が辞任し、結論は出なかった。現在も後任の区長は決まっていない。

 この事態を受け、関電は計画の中止を決めた。関電グループ経営推進本部の岩田功マネジャーは「地元の同意を得て計画を進める予定だったが、区の役員が辞任される事態となり、区の皆さんには大変申し訳ない。一刻も早く区の運営を安定した状態に戻してもらいたい」と話している。関電は兵庫県淡路市と愛知県田原市に風力発電所を建設している。今後、県内での風力発電所を建設するかどうかは未定という。

 「健康被害を考える会」の発起人、熊野幸代さん(41)は「風力の問題は『椿を何とかしないといけない』と区民一人一人が考える良い機会になった。今後は会の名称を変え、自分たちでまちづくりを考えていきたい」と話している。



【2014/12/27 20:29】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
気になるニュース  787



 
毎日新聞 20141221日 0830分(最終更新 1221日 1917分)

http://mainichi.jp/select/news/20141221k0000m020088000c.html


 
風力発電:検査を義務化…プロペラ落下防止 経産省方針

 風力発電設備のプロペラ部分が落下するなどの事故が全国で相次いでおり、経済産業省は安全対策を強化する方針を固めた。発電事業者に定期検査を義務づけるなど電気事業法の改正案をまとめ、来年の通常国会に提出する。政府は環境に優しい再生可能エネルギーの拡大を目指しており、風力発電の更なる普及のためにも安全体制に万全を期す構えだ。【平地修】

 風力発電設備は風車のような形状で、風によってプロペラを回転させて電力を生み出す仕組み。普及が進むとともに大きな事故が相次いでおり、今年11月には北海道稚内市でプロペラの一部のブレード(羽根)が落下するなど、2011年度からの落下事故の発生は20件に上る。

 設備は大型のものでは支柱の高さが80メートル、ブレードの長さは40メートルを超える。昨年3月には京都府伊根町で高さ約50メートルの支柱から、発電機などを含む重さ約45トンのプロペラ部分が根元から落下し、沖縄県では破損したブレードの破片が500メートル以上飛散した。

 風力発電設備の検査や補修は事業者が自主的に行っており、頻度や方法はまちまちだった。このため経産省は電気事業法を改正し、火力発電設備と同様に定期的な検査と記録の保存を義務づける方針だ。検査結果は国が審査する。これまでの事故では、整備不良や検査不足が原因と判明したケースもあり、経産省は検査の強化で事故を相当程度防げるとみている。

 風力発電は二酸化炭素(CO2)がほとんど発生しないエネルギーとして普及が進んでいる。新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)によると、13年度末の発電設備の設置数は全国で1934基と、10年間で約2.6倍の規模に拡大している。


【2014/12/23 11:29】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
和歌山県日高郡由良町の由良守生さん 1


 私は2009年54日に風車見学で和歌山を訪れた際、由良町の畑地区も案内されていました。
 
 

           ↓

   http://sugihana.blog.fc2.com/blog-entry-384.html



 
その由良町から町議の由良守生さん(ご自身も風車からの健康被害を受けられているという)が名古屋にお越しくださるとの、以下のご案内をいただいたので、私はお話を伺うために土曜日の午後、新幹線で名古屋まで行き、テレビ塔近くの名古屋市教育館に出かけました。

 

***********************************

 主催  地方自治研究会(東海自治体問題研究所内)

 テーマ 「議員にはなったけれど・・・。ある1年生を襲った議会の現実。それでもワタシは闘う!」

 

(内容) 
 議会改革が進む自治体議会も多い中、議会の中には、パワハラ、セクハラ、議員による議員バッシングもまだまだ後を絶たないのではないでしょうか。

 一つの事例をもとに参加者みんなで議会と自治のあり方を考えてみたいと思います。

 和歌山県由良町議会の由良守生議員は、一般質問ごと、風力発電被害について質問を行っていたところ、議会運営委員会でこのテーマに関しては質問時間はわずか5分間という制裁処分を押しつけられ、質問時間を少し超過しただけで懲罰委員会にかけられる騒ぎの中にいます。

 議会は住民自治を代表する場ですが、もし町長(首長)や議長、議会運営委員長、議会事務局が束になって、一人の議員の権利を奪いにかかったとしたら・・・・。

 この問題の当事者である由良議員をお招きして、事例報告をいただきたいと思います。

 そのあと、みなさんで意見交換し、議会と地方自治のこれからを探る機会にしたいと思います。


 どなたでも参加できます。

 参加費無料


***********************************


 
由良議員の報告に耳を傾ける参加者

  

     IMG_2287.jpg




【2014/12/22 09:25】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
愛知県新城市黒田地区に産廃中間処理施設の計画 44

 本日の中日新聞の記事です。

  
  

   IMG_2291.jpg


【2014/12/21 15:52】 | 廃棄物問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
愛知県新城市黒田地区に産廃中間処理施設の計画  43

  本日の中日新聞の記事です。


  IMG_2290.jpg

続きを読む
【2014/12/20 22:47】 | 廃棄物問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
愛知県新城市黒田地区に産廃中間処理施設の計画  42



  本日の中日新聞の記事です。

   IMG_2285.jpg



【2014/12/18 10:50】 | 廃棄物問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
今度の敵は乳癌でした  29



 
今日は3ヶ月に一度の外科の診察日でした。

 今日の診察は予定時間を大幅にオーバーして待たされたこと、待たされたこと。

病院は待つことで疲れますね。

 採血をした結果は1週間ほどして郵送されてきます。
ホルモン剤を薬局で処方してもらって帰りました。






【2014/12/09 20:59】 | 健康 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
愛知県新城市黒田地区に産廃中間処理施設の計画  41



 今日の午後「産廃の勉強会」に参加しました。

     IMG_2281.jpg

     IMG_2284.jpg




 タナカ興業が製造した″肥料“が田原市の農地に搬入された問題で、
新城の市民団体が検体を採取して成分分析した結果と愛知県が行った分析結果について、
双方の違いがあり過ぎるので、私は検体の採取方法が市民団体と県とでは、異なっているのかしら
と疑問を持っていました。


 しかし、私の思っていたことは全くハズレであることが質問して分かりました。


 えっ? だとしたら、・・・・・・・・・・・・??



【2014/12/06 22:22】 | 廃棄物問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
また、風車の羽根の落下事故です  8


毎日新聞 20141202日 0019分(最終更新 1202日 0239分)

http://mainichi.jp/select/news/20141202k0000m040128000c.html


風車:折れた羽根、車の窓ガラス割る 福岡の100年公園

1日午後3時半ごろ、福岡市東区香椎浜ふ頭1の「みなと100年公園」に福岡市が設置している風力発電施設の風車の羽根が折れ、約90メートル離れた駐車場の車を直撃し運転席の窓ガラスが割れるなどした。男性が車に乗り込もうとしていたところだったが、けがはなかった。市は強風が原因とみている。

 市によると、風車は直径約3.5メートル、羽根1枚の重さは約7キロで、繊維強化プラスチック製の羽根3枚すべてが根元から折れていたという。2010年3月にも一部の羽根が折れており、風速約20メートルになると停止するよう改良していたという。九州北部は寒気の影響で海上を中心に暴風警報が出されていた。【松本光央】



【2014/12/03 10:55】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
お知らせです  80


 下記の勉強会のお知らせです。


   IMG_2279.jpg





   
続きを読む
【2014/12/02 11:22】 | その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
残土処分場を計画か? 地元の産廃問題  108




 午前中にお墓参りをして、現場をチラ見?しました。

     IMG_2277.jpg

     IMG_2278.jpg




     


【2014/12/01 14:41】 | 地元の産廃問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |