また、風車の羽根の落下事故です  10 (続き)

 毎日新聞2016617日 中部朝刊

 http://mainichi.jp/articles/20160617/ddq/008/040/006000c

 静岡・御前崎風力発電所の風車破損

 落雷が原因

中部電力は16日、御前崎風力発電所(静岡県御前崎市)の4号機で3月に発生した風車の羽根の破損は、落雷が原因と発表した。中部電によると、長さ39メートルの羽根の先端部分に雷が落ちた。自動で運転を続けたため、破損が広がったという。破片が散ったが、けが人はなかった。

スポンサーサイト
【2016/06/21 16:05】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
気になるニュース  800

 

 愛媛新聞 20160615()

 http://www.ehime-np.co.jp/news/local/20160615/news20160615176.html

 風車低周波音 住民ら県公害審に調停申請

複数の大規模風力発電事業の計画が進む愛媛県西予、宇和島、愛南の3市町の住民158人が14日、風車から出る低周波音で健康被害が懸念されるなどとして、事業を計画する4社に対し環境影響評価の手法を説明することなどを求め、県公害審査会に調停を申請した。
 3市町では、計12基が運転を開始しているほか、最大60基の計画がある。4社は大和エネルギー(大阪市)、電源開発(Jパワー、東京)、ガイアパワー(徳島県)、シグマパワージャネックス(福岡市)。
 申請書は、各社が環境影響評価法に基づき実施している低周波音などの調査について、手法や結果を詳細に説明し、住民と対策を協議するよう要望。応じない場合は風車建設を中止するよう求めている。
 県は申請を受理した後、調停委員を選び、住民、会社側の双方から意見聴取を始める。
 県庁で申請後、申請人でつくる「えひめ風車NET」のメンバーが松山市内で会見し「風車による被害を正面から考えてほしい」と述べた。各社は「申請書の内容を見ていないのでコメントできない」などとしている。




【2016/06/16 22:06】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
今度の敵は乳癌でした  39

 9日(木)は外科の診察日でした。

 乳癌の苦は全くない私ですが、4月上旬にバス旅行をした後、また膝が痛くなり出しました。

 膝を曲げる度に痛むので、歩行と階段を上がるのが辛くなっています。

 なので、病院の駐車場から外科の診察室まで徒歩で行くのは、少し苦痛。

 なんとか改善したいので、水中ウォーキングに加えて木製のストレッチボードに乗ってみたり
硬式テニスボールを腰にかってゴリゴリしています。

   DSCN0443.jpg

   ストレッチボートの低い側にかかとを乗せて直立不動の状態で90秒、
 ふくらはぎの筋肉が突っ張る感じです。


   

【2016/06/12 10:43】 | 健康 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |