被災地がれき162


産経ニュース  2012.11.26 12:17

http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/121126/waf12112612220010-n1.htm


震災がれきを舞洲工場へ搬入 大阪府・大阪市 29、30日に試験焼却

東日本大震災で発生した岩手県のがれきの試験処理を進める大阪府と大阪市は26日、放射性セシウム濃度が1キロ当たり100ベクレル以下の可燃物約100トンを同市此花区のごみ処理施設「舞洲(まいしま)工場」で29、30両日に試験焼却すると発表。可燃物を舞洲工場へ運び込んだ。

 本番と同じ手順で可燃物を燃やし、排ガスや焼却灰の放射性セシウム濃度や工場周辺の空間放射線量などが安全基準を満たすかを確認する。焼却灰は同市此花区の人工島「夢洲」の最終処分場「市北港処分地」の一角で埋め立てる。

 26日は、密閉式コンテナに詰めた可燃物を、トラックで市北港処分地内の一時保管所から舞洲工場へ搬入する作業が行われ、厳重な警備体制が敷かれた。


スポンサーサイト
【2012/11/27 08:13】 | 廃棄物問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<気になるニュース  634 | ホーム | 「東北応援団・東三河」の活動 7>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sugihana.blog.fc2.com/tb.php/1912-493aeef2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |