気になるニュース  645

日経BP環境経営フォーラム 20121221

http://business.nikkeibp.co.jp/article/emf/20121221/241396/


関西電力、グループ初の風力発電所となる淡路市の淡路風力発電所が営業運転開始

関西電力の100%子会社で新エネルギー発電・売電などを手掛ける関電エネルギー開発は、関西電力グループで初めての風力発電所となる兵庫県淡路市の淡路風力発電所の営業運転を1220日始めた。建設工事開始後、周辺地域への配慮から工事を一時中断し、計画を2度変更して当初予定の半分の規模に縮小した。

 淡路風力発電所は、淡路島の淡路市北部の丘陵地に位置する。タワーの高さ80.4m、ローター(風車)の直径80.0m、出力2000kWの設備を6基備え、合わせて12000kWの定格出力がある。一般家庭5500世帯の年間電気使用量に相当する年間2000kWhの発電電力量を予想し、CO2排出削減量は年間7000tを見込んでいる。

 建設にあたって20031月に調査を始め、20062月から環境影響評価を実施し、兵庫県に環境影響評価書を提出して事業に着手した。20098月に着工したが、20102月に工事を中断。風力発電事業を取り巻く情勢の変化や、それまでの地元の状況を踏まえ、周辺地域への配慮と共生の視点から、計画変更を決めた。

 当初の計画では2000kWの設備を12基、計24000kWだった。20118月に7基、140000kWへの変更を発表し、その後、淡路市からさらに1基の建設取りやめの要請があり、6基、12000kWとして同年10月に工事を再開した。騒音対策から夜間の運転は6基のうち4基だけに制限することにして今回、営業運転にこぎ着けた。


スポンサーサイト
【2012/12/31 09:51】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<新年を迎えました  4 | ホーム | 気になるニュース  644>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sugihana.blog.fc2.com/tb.php/1950-824e4f7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |