被災地がれき  173


産経ニュース 2013.1.5 02:05

http://sankei.jp.msn.com/region/news/130105/iwt13010502050001-n1.htm


がれき9割処理へ 岩手県、年内の目標設定

 県は4日、東日本大震災のがれき処理について、今年末までに90%の完了を目標とすることを明らかにした。

 がれきの全推定量は約525万トン。これを来年3月末までに処理する目標を設定しているが、昨年11月末現在で約127万トン(24・2%)にとどまっている。県廃棄物特別対策室は、処理のスピードが加速する要因として、可燃物63万3500トンの全量処理にメドがついていることや、今後は質量の重い不燃物や津波堆積物が処理の主流を占めることなどを挙げた。

 昨年11月は目標より4・5ポイントも進んだことを引き合いに、「月5ポイント以上の進捗(しんちょく)を確保すれば目標を達成できる」と説明している。

 不燃物や津波堆積物は他県での広域処理の見通しが立っていないが、公共事業の資材などに使うことで処理を加速化させるという。

スポンサーサイト
【2013/01/06 10:18】 | 廃棄物問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<除染というビジネス 3 | ホーム | 除染というビジネス 2>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sugihana.blog.fc2.com/tb.php/1955-1c075b66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |