気になるニュース  646


毎日新聞 20130107日 地方版

http://mainichi.jp/area/yamagata/news/20130107ddlk06040010000c.html


コアジサシ:「唯一の集団繁殖地が危機」 酒田市の赤川右岸 県風力発電予定地近く /山形

 庄内海岸の県立自然公園内に県と酒田市が計画する風力発電建設予定地付近に、コアジサシの集団繁殖地があることが6日、分かった。同市のNPO法人の呼びかけで開いた「第2回卒原発に向けて〜市民の合意形成を考える」の中で、県環境審議会委員で日本鳥類保護連盟の高橋誠研究員(同市麓)が明らかにした。高橋さんは「県内唯一の集団繁殖地であり、消滅する可能性がある」と集団繁殖地の危機を訴えている。

 高橋さんによると、コアジサシの集団繁殖地は赤川右岸付近の同市十里塚の海浜地帯。長さ200〜300メートルにわたって繁殖地になっている。

 県と同市は十里塚地区に発電量2300キロワットの風力発電を3基ずつ計6基を建設する計画で、14年度からの運転を見込む。集団繁殖地は、県の建設予定地付近にある。高橋さんによると、建設のための工事資材搬入や建設に伴って海浜環境が乱され、建設後の環境の変化などで集団繁殖への影響が心配される。

 「卒原発に向けて」には県議や市議、県と市の関係者、大学教授、市民など約30人が出席した。【佐藤伸】

==============

 ■ことば

 ◇コアジサシ

 全長22〜28センチ。愛らしい求愛給餌行動で知られる。庄内海岸では5〜6月に産卵。県レッドデータブック(RDB)で「絶滅危惧種1B類」に、環境省RDBでは「絶滅危惧2類」に指定されている。




スポンサーサイト
【2013/01/08 10:04】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<気になるニュース  647 | ホーム | 除染というビジネス 3>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sugihana.blog.fc2.com/tb.php/1957-d2be1d56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |