気になるニュース  650


毎日新聞 20130119日 地方版

http://mainichi.jp/area/yamagata/news/20130119ddlk06040078000c.html

風力発電施設:自然保護団体、県に要望 環境アセス実施し公表を /山形

 県と酒田市が庄内海岸の県立自然公園内の同市十里塚地区に風力発電施設3基ずつ計6基(出力計1万3800キロワット)を建設する計画について、県自然保護団体協議会=幹事団体「出羽三山の自然を守る会」(太田道徳会長)=は吉村美栄子知事宛てに15日付で要望書を提出した。「計6基の風力発電施設に関して早急に環境影響評価を実施し、その結果を広く県民に公表すること」を求めた。

 要望の理由に(1)建設地域は地域を代表する風景地であり、風力発電施は景観にそぐわない(2)同施設は野鳥、特にワシ・タカ類などの猛禽(もうきん)類の障害物で、その生存を脅かす(3)同計画は県と酒田市が3基ずつ建設し事業主体としては異なるものの、同じ地域に計画している点から国の環境影響評価を必要とする施設だ−−の3点を挙げている。今月末までの回答を要望している。

 11年に改正した環境影響評価法は、総出力が1万キロワット以上の風力発電事業について騒音や低周波音、野鳥の飛行への影響、生態系全般への影響などを考慮し同法に基づく環境影響評価(環境アセスメント)の実施を義務づけている。しかし県と酒田市は、事業主体が別で建設規模はそれぞれ3基計6900キロワットのため同法の対象にならないとの考えで、NPO団体や市民から「アセス逃れ」との批判が出ている。【佐藤伸】


スポンサーサイト
【2013/01/20 08:34】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<気になるニュース  651 | ホーム | 摩訶不思議な出会い>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sugihana.blog.fc2.com/tb.php/1969-42c438a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |