被災地がれき  179

時事通信(2013/01/25-13:26

http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013012500503

広域処理は69万トンに半減=岩手と宮城のがれき再推計で-環境省

 環境省は25日、東日本大震災により岩手、宮城両県で発生したがれき量を見直した結果、県外自治体による広域処理が必要な量は従来の公表値より67万トン減って69万トンになったと発表した。ほぼ半減したのは被災家屋の解体が予想より少ないことや、県内処理の拡大などが要因という。
 69万トンのうち、広域処理の見込みが立っていない量は不燃物を中心に10万トン。環境省は年度内に処理のめどをつける方針だ。

スポンサーサイト
【2013/01/25 14:49】 | 廃棄物問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<被災地がれき  180 | ホーム | 被災地がれき  178>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sugihana.blog.fc2.com/tb.php/1975-def51565
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |