私の癌履歴  3


 突然の癌告知から19日目に手術を受けることに決まったのですが、
この間に私が試したことは、当時、免疫力の向上・抗がん作用などの働きが期待されているらしいというアガリクス茸を煎じた汁とプロポリスを飲み続けました。


 これはそれなりの効果があったような気がしました。
(検証ができないので本当のところ、効果があったのかどうかは不明)


 そして、
貴女の大腸癌の5年生存率は70パーセントです
と言われて手術に臨みましたが、
術後の主治医からの説明では

 癌が腸壁を突き破っていないようだったので、リンパ節転移がないものと判断してリンパ節を残したとのことでした。


(この先の転移の恐れを考慮して)たぶん大丈夫だと思うが、念のために抗癌剤の服用をするか否かを自身で決めるようにと言われました。


 そこで、私は1年間抗癌剤を服用することにしたのでした。


 術後13年近くになりますが元気で過ごせたのは、主治医がリンパ節転移がないものと判断してリンパ節を残してくれたお蔭だと感謝しています。


 リンパ節を取らない選択は、手術における的確な処置だったのだと、患者として正に身をもって感じました。


 私は良いお医者さんに当りついたのでした。 


スポンサーサイト
【2013/02/21 10:13】 | 健康 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<気になるニュース  657 | ホーム | 私の癌履歴  2>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sugihana.blog.fc2.com/tb.php/2002-51de6797
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |