私の癌履歴  12


 
乳腺専門医に過去の病歴を聞かれたので

私は〇〇先生に大腸癌の手術をしてもらい、命を助けていただきました。

ですから、〇〇先生をとても信頼しています。

と言いました。

 

 それなら、乳癌の手術も〇〇先生にお願いしますか?

と、意外にも、すんなり言われたので、私の胸の内を見透かされているようで戸惑いを感じました。

 

 じゃあ〇〇先生に相談するためには、どうすれば良いですか?

と尋ねたところ


 次回の乳腺外来での診察後、〇〇先生の診察予約を入れましょう
と言ってくれました。


 この先生、性格は良さそうだと思いました。

初めての診察は恐怖だったけれど、2回目、3回目と検査しながら受けた説明では、遠隔転移はないでしょう言われ、その歯切れの良さから段々と好感度がレベルUPしてきました。


 リスクについても詳しく話してくれました。
 この点は
〇〇先生よりも丁寧だと感じました。

 過去に受けた大腸癌の手術で腸を繋いだのは金属の糸で、それがCTに写っていること、背骨への麻酔は今回しないことなど、なんで~の質問にも答えてくれました。

 患者に答えることは当たり前のことかも知れないけれどその時点には、こういう対応は嬉しいものでした。  
 
 私が今まで知らないでいたことがこの先生によって分かった部分もありました。

 私の病気を心配してくれていた友人(母親と私は同じ年齢で母子みたいな関係の)からのプレゼントの般若心経の書かれている″ありがたい″手ぬぐいを枕の下に敷き、みちびき不動様の「病は治ります」を信じて、手術に臨むことに決めました。

 
 ここまでの道のりには、何か不思議な力が働いて、
乳腺専門医を信じなさいとどこかで言われている気がしました。

 〇〇先生に一応相談はするとして、本職(乳腺専門医)に手術をお願いしてみようという気持ちにようやくなれた私でした。




スポンサーサイト
【2013/04/05 11:48】 | 健康 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<私の癌履歴  13 | ホーム | 気になるニュース  674>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sugihana.blog.fc2.com/tb.php/2047-18559625
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |