気になるニュース  683


NHKニュース 510 512

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130510/k10014472791000.html


緊急点検 青森の風力発電も支柱に亀裂

京都府伊根町の風力発電所で、発電機の風車が落下したり、支柱に亀裂が見つかったりしたことを受けて経済産業省が緊急点検を行ったところ、青森県に設置された同じメーカーの風力発電でも支柱に亀裂が確認されたことが分かりました。

京都府が伊根町で運営する太鼓山風力発電所では、ことし3月、6基ある発電機のうち1基の支柱が折れて重さ45トンの風車が落下したほか、ほかの4基の支柱の合わせて9か所で亀裂が見つかりました。
このため経済産業省が同じオランダのメーカーが製造した全国およそ120基の風力発電を対象に緊急点検を行ったところ、青森県深浦町が運営する風力発電所「白神エナジーパーク」の発電機1基で風車と支柱をつなぐボルトが破損していたほか、支柱の5か所で亀裂が確認されました。
支柱の亀裂は、京都府伊根町のケースとほぼ同じ部分にあったということで、深浦町は風車の運転を止めて周辺の立ち入りを禁止しました。
風車の落下や亀裂の原因は分かっていませんが、日本風力エネルギー学会の勝呂幸男会長は、「風力発電機が、風の強さや向きなど地域の特性に応じて設計されていたのか検証する必要がある。全国の風力発電所でさらに詳細な点検をすべきだ」と指摘しています。  





スポンサーサイト
【2013/05/14 10:19】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<お知らせです  74 | ホーム | 北設楽郡設楽町名倉地区に産廃中間処理施設の計画  3>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sugihana.blog.fc2.com/tb.php/2084-9368ba69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |