石原産業 フェロシルト事件  2


 昨日の朝日新聞の記事です。


          IMG_1393.jpg



 フェロシルト(放射性物質も含まれていると言われていた)の処分について
私が注目している理由とは?

 このフェロシルト問題では、私も少し関わったことがあったからです。


 かつて石原産業では、四日市工場に仮置きしているフェロシルトのうちの2000トン分(六価クロム値の高いもの)について、六価クロムを薬剤にて無害化処理?するために豊橋市内で営業している産廃業者の中間処理施設へ搬入するという計画がありました。

 
 
中間処理施設の設置場所は豊橋市内ではありますが、静岡県境に近いところでした。

 当時、その辺りでは、産廃の処理施設や不法投棄などが多く、一部の住民の皆さんは困られていました。

 私は、20073月にフェロシルトの無害化処理?計画を知り、そこの地元の皆さんとともに反対しました。


 地元が反対してくれたので石原産業は豊橋市内への搬入を断念し、阻止することができたものと思っています。















スポンサーサイト
【2013/05/25 10:46】 | 廃棄物問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<風力発電の被害を考える会・和歌山  2 | ホーム | 関電エネルギー開発株式会社の愛知県田原市の風力発電施設>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sugihana.blog.fc2.com/tb.php/2096-59838db5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |