スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
風力発電の被害を考える会・和歌山  2



毎日新聞 20130523日 地方版

http://mainichi.jp/area/wakayama/news/20130523ddlk30040438000c.html


講演会:風力発電の問題点学ぶ−−来月2日 /和歌山

 風力発電の問題点を学ぶ講演会「風力発電は本当にエコなのか?」(風力発電の被害を考える会・わかやま主催)が6月2日午後1時半、和歌山市西汀丁の市勤労者総合センターである。

 会によると、風力発電は人の耳に聞こえない、聞こえにくい低周波を発して不眠症や吐き気などの体調不良を招くとしている。県内では海南市下津町や由良町などに発電所が立地している。

 三重県で反対運動に取り組む「青山高原の自然を守る会」代表、武田恵世(けいせ)さんが「風力発電の不都合な真実」と題して講演。質疑応答で、30年以上健康被害の研究を続ける医師、汐見文隆さんの参加も予定している。

 参加費300円、事前申し込み不要。問い合わせは、会事務局の貴志さん(090・9164・1017)へ。【入江直樹】

 


スポンサーサイト
【2013/05/26 10:25】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<子どもの権利条約  1 | ホーム | 石原産業 フェロシルト事件  2>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sugihana.blog.fc2.com/tb.php/2097-d9034a6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。