被災地がれき  198



カナロコ 2013611

http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1306100022/


漁網受け入れ、県が「横須賀案」取り下げ/神奈川

 黒岩祐治知事は10日、被災地の漁網を横須賀市芦名の県最終処分場で埋め立て処理を行うとしていた案を取り下げた。国からは300トンの処理を要請されていたが、箱根町が処分費を補正予算案に盛り込み、南足柄市も同様に補正予算案を追加提出することを受け、全量を受け入れるめどがついたとしている。

 県は同日開かれた県議会定例会に、岩手県洋野町から委託を受けた災害廃棄物処理の事業費1610万円を盛り込んだ2013年度一般会計補正予算案を提出した。

 黒岩知事は11年に横須賀の最終処分場でがれきの焼却灰を受け入れる方針を示したが、住民の同意を得られず撤回。漁網を埋め立てる案を再提案したものの、住民が実施した意向調査で反対意見が多数となる結果が出て、膠着状態が続いていた。

 黒岩知事は記者団に「神奈川県での受け入れが、結果的に実現できることは本当にありがたい。同時に、芦名の皆さんに精神的な負担をおかけしたことを、本当に申し訳なかったと思っている」と述べた。

 箱根町と南足柄市で受け入れられる見通しと判断した根拠については、「がれき処理に関わる補正予算案が提出されることは、基本的には合意にたどり着いたことだと思っている」とした。







スポンサーサイト
【2013/06/11 13:38】 | 廃棄物問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<風力発電の被害を考える会・和歌山  3 | ホーム | ササユリの里 2>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sugihana.blog.fc2.com/tb.php/2116-bff68453
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |