被災地がれき  214


2013年10月24日 福島民友ニュース

http://www.minyu-net.com/news/news/1024/news11.html

浪江の災害がれき処理、町内に「仮設焼却施設」建設へ

 環境省は23日、東京電力福島第1原発事故で避難区域が設定されている浪江町の災害がれき処理で、同町棚塩地区の町関連施設「マリンパークなみえ」に仮設焼却施設を建設すると発表した。がれきなどを燃やして容量を減らす計画で、2015(平成27)年度の運用開始を目指す。
 施設は、1日約500トンのがれきを焼却できる機能を持たせる。300トン規模の処理機能を持つ施設を先行して造り、200トン規模の施設を追加する。また同省は同町請戸、棚塩両地区に災害がれきの仮置き場を設け、14年度半ばに運び込みを開始する方針を示した。津波や地震で生じたがれきなどを搬入、一時的に保管する。




スポンサーサイト
【2013/10/25 10:35】 | 廃棄物問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<被災地がれき  215 | ホーム | 被災地がれき  213>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sugihana.blog.fc2.com/tb.php/2239-03c467b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |