被災地がれき  215


産経新聞1026()755分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131026-00000135-san-soci


震災がれき85%処理 岩手・宮城は目標クリア

 環境省は25日、東日本大震災で発生した岩手、宮城、福島3県の災害廃棄物の処理が、9月末時点で85%(1372万トン)まで進んだと発表した。これとは別に、津波で運ばれた堆積物は69%の処理を終えた。

 岩手、宮城両県では同省の9月末時点の処理目標を上回っており、石原伸晃環境相は同日の記者会見で「処理は着実に進んでいる」と強調した。

 処理済みの災害廃棄物は岩手82%、宮城91%、県内処理を原則とする福島は58%。津波堆積物は岩手63%、宮城79%、福島36%だった。

 また、災害廃棄物が発生した13道県239市町村のうち、9月末時点で73%の174自治体が処
理を終えた。



スポンサーサイト
【2013/10/26 09:52】 | 廃棄物問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<気になるニュース  726 | ホーム | 被災地がれき  214>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sugihana.blog.fc2.com/tb.php/2240-f1b32c3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |