気になるニュース  733



河北新報 20131108日金曜日 山形のニュース

http://www.kahoku.co.jp/news/2013/11/20131108t51001.htm


酒田風力発電「アセス追加・拡充を」知事、批判に配慮し意見

 山形県と山形県酒田市が同市沿岸部で計画している風力発電事業の環境影響評価(環境アセス)方法書について、吉村美栄子知事は7日、調査期間や動植物などを具体的に示し、追加・拡充するよう求める意見をまとめ、発表した。
 環境アセス計画を示した方法書に対しては、県環境審議会や県環境影響評価審査会で、内容が不十分との指摘が相次いだ経緯があり、知事が譲歩、配慮した形となった。
 知事意見は「全般的事項」「大気環境、水環境」「動植物、生態系」など7項目に分け、留意点28項目を指摘した。
 騒音の調査期間については「季節ごとに1週間程度」とするよう求めた。「平日の1日」とした方法書は住民説明会などで強い批判を受けた。
 生態系でも、絶滅危惧種のコアジサシや、希少種のハマニンニク-コウボウムギ群落など、具体的な名前を挙げて調査を要求した。
 両事業の環境アセスは法に基づかない「自主アセス」で、知事意見にも拘束力はないが、県みどり自然課は「地元説明会や各審議会での意見を最大限盛り込んだ。助言として取り入れ、アセスを進めてほしい」と話している。
 事業者の県企業局と酒田市は今月末までに、知事意見への対応を「事業者見解」としてまとめ、公開する予定。環境アセスは年内開始を目指す。



スポンサーサイト
【2013/11/08 12:17】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<気になるニュース  734 | ホーム | 気になるニュース  732>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sugihana.blog.fc2.com/tb.php/2250-a45e1a55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |