気になるニュース  743

2013年126  読売新聞 北海道発

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/hokkaido/news/20131205-OYT8T01649.htm

羽幌で風車の羽根落下落雷が原因か

5日午前6時40分頃、北海道羽幌町汐見の「オロロン風力発電所」で、風車の3枚の羽根のうち1枚(長さ14メートル、1.15トン)が折れて落下しているのを、道路パトロール業者が見つけた。約36メートル下の国道232号脇の駐車帯に落ちたが、けが人はいなかった。この風車を管理する発電事業者「エコ・パワー」(東京都品川区)は、夜間に雷の直撃を受けた可能性があるとみている。

 同社の発表では、風車は2基のうち1基で、デンマークのメーカーが1998年11月に製造した。落下した羽根は繊維強化プラスチック製。4日午後11時までは発電していたことから、その後に雷が当たって羽根が落ちたとみられる。経済産業省北海道産業保安監督部も5日、職員を現場に派遣して状況を調べた。

 風車の羽根が落ちる事故としては、今月1日に福井市の北陸電力国見岳風力発電所で風車の3枚の羽根が落ちている。この事故は落雷が原因とみられることから、経産省は3日、風力発電事業者に対し、雷が接近した時に安全対策を講じるよう求めていた。

 道内では9月、羽幌町の隣の苫前町で、補修ミスにより3枚の羽根が丸ごと落下する事故が起きていた。



スポンサーサイト
【2013/12/06 14:27】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<残土処分場を計画か? 地元の産廃問題  99 | ホーム | 気になるニュース  742>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sugihana.blog.fc2.com/tb.php/2274-b5287c9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |