気になるニュース  743



京都新聞 20140112 1141

http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20140112000020

くさつ夢風車、年度内に運転再開へ

昨年4月から運転を停止している滋賀県草津市下物町の風力発電「くさつ夢風車」が、本年度中に運転を再開する見通しとなった。各地で風力発電の事故が相次ぎ、原因調査に時間がかかったため長期間にわたり停止しているが、草津の景観のシンボルともいえる施設だけに、市民の問い合わせも多いという。

 昨年3月に京都府伊根町の太鼓山風力発電所の風車ブレードが落下した事故を受け、経済産業省が発電用風車の一斉点検を促すよう通知した。このため、草津市はくさつ夢風車の運転を停止した。

 その後も三重県や北海道で事故が相次ぎ、原因調査の間、くさつ夢風車も止まったままだった。くさつ夢風車は落下事故を起こした風車とは別メーカー製という。

 市環境課は「窓口に直接『どうなっているのか』と問い合わせてくる市民もおり、関心の高さを認識した」と話している。1月以降に安全点検を済ませ次第、運転を再開したいという。

 くさつ夢風車は2001年に烏丸半島に設置され、発電した電力を水生植物公園みずの森に供給している。売電は行っていない。年間の維持管理費は本年度当初予算で1170万円。11年10月に故障のため3カ月間運転を停止したことがある。



スポンサーサイト
【2014/01/12 15:48】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<福島へ野菜支援の活動  1 | ホーム | 気になるニュース  742>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sugihana.blog.fc2.com/tb.php/2303-b20157b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |