気になるニュース  753



河北新報 224()921分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140224-00000013-khks-l04


気仙沼の風力発電事業 15年12月に運転開始

宮城県気仙沼市川上の市有地で風力発電を目指す事業会社「気仙沼市民の森風力発電所」(同市)は23日、同市小芦の上廿一会館で住民説明会を開き、2015年12月に風車の運転を開始することを報告した。
 住民10人が参加した。関口温社長らの説明によると、市西部の「市民の森」に直径82メートルの風車4基を設置する計画。出力は7480キロワットで、一般家庭4000世帯分の電力を賄えるという。発電した電力は全て東北電力に売る。
 周辺の環境影響評価の調査結果に関しても報告。風車運転に伴って「風切り音」がかすかに聞こえる可能性があるものの、風車完成後の周辺の騒音レベルは現況とほぼ同じ値だと説明した。
 参加者の一部から風車からの超低周波音などを懸念する声が出た。環境影響調査の担当者は「超低周波音はどんなに敏感な人でも感知できないレベル。健康被害が生じる可能性は極めて低い」と語った。


スポンサーサイト
【2014/02/25 10:28】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<被災地がれき  222 | ホーム | 被災地がれき  221>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sugihana.blog.fc2.com/tb.php/2330-7be67711
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |