和歌山県白浜町椿の風力発電計画  4



紀伊民報  (20140923日更新)

http://www.agara.co.jp/modules/dailynews/article.php?storyid=281080


臨時総会開き風力発電の賛否 28日、白浜町椿地区

 風力発電所の建設計画が浮上している和歌山県白浜町椿地区で22日、住民の対話集会があった。約80人が参加し、計画の賛成、反対についてそれぞれの考えを主張した。長野荘一区長は「28日に臨時総会を開いて住民に賛否を問いたい」と話している。

 関西電力の子会社「関電エネルギーソリューション」(大阪市)が、社団法人「椿共済組」が所有する山林に高さ約120メートルの風車3基を建設する風力発電所を計画。今月4日に椿地区に建設を申し入れた。計画の受け入れについて住民の間で賛否が分かれているため、地区が話し合いの場を設けた。

 計画に反対する住民からは「風力発電や自然エネルギー自体は賛成だが、計画地の距離が民家から500メートルと近過ぎることが問題」「健康被害や土砂災害の恐れがある」などの声があった。計画を推進する人らは「健康被害については軽微だと聞いている。計画を受け入れて地域活性化を図りたい」「このままでは共済組が立ち行かなくなり、区民の負担が増えることになる」などと話した。

 反対する有志でつくる「椿風力発電の健康被害を考える会」は、昨年11月から計画の白紙を求める400人の署名を集め、1月に長野区長に署名を提出している。



スポンサーサイト
【2014/09/23 20:39】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<残土処分場を計画か? 地元の産廃問題  106 | ホーム | 愛知県新城市黒田地区に産廃中間処理施設の計画  26>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sugihana.blog.fc2.com/tb.php/2449-7965095b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |