気になるニュース  783



京都新聞 20141016 0910

http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20141016000028


「夢風車」1年半動かず 滋賀・草津市、管理業者処分で

滋賀県草津市のランドマークとして知られる琵琶湖岸の風力発電機「くさつ夢風車」(同市下物町)が、昨年4月から停止したままになっている。京都府伊根町などの事故を受けた安全点検に加えて、保守管理業者が指名停止処分を受け、修繕工事が進まないためだ。管理する市の担当者は「早く動かしたいが問題が相次ぎ、再稼働のめどは立っていない」と頭を抱えている。

 昨年3月以降、伊根町や北海道、三重県で風力発電機の事故が相次いだため、経済産業省が全国の施設に一斉点検するよう通知した。くさつ夢風車も同年4月16日に停止。国が事故防止対策をまとめた12月から本格的な点検作業に入り、当初は今年4月の再稼働を目指していた。

 しかし2、3月の調査で、ブレード(羽根)の先端にある避雷器3個がすべて焼け焦げていたことが分かった。東京電力グループの電気設備会社「関電工」(東京都)に修繕工事を発注しようとしたが、同社は送電ケーブル工事に関する独占禁止法違反で4月25日から60日間、国土交通省から営業停止処分を受けた。市も5月22日から6カ月間、指名停止処分にした。

 関電工は、夢風車の建設工事に関わり、以降も随意契約で保守管理を請け負っている。市は別の業者に委託することも検討したが、「ドイツ製で特殊な機器のため、管理は同じ業者が継続した方がいい」(市環境課)と判断した。

 今後、関電工の指名停止の解除を受けて、修繕の見積もりや工事に取りかかる。ただ海外の技術者に依頼する可能性もあり、工期の見通しは立っていない。本年度当初予算で修繕費680万円を計上している。

 市環境課は「何とかしたいが、公園近くの立地で観光客も多いため、安全確認は慎重に行いたい」としている。



スポンサーサイト
【2014/10/17 14:22】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<不用品?  25 | ホーム | 愛知県新城市黒田地区に産廃中間処理施設の計画  32の2>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sugihana.blog.fc2.com/tb.php/2469-7e03331d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |