また、風車の羽根の落下事故です  7


NHKニュース 113 1820

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141103/k10015906221000.html


風力発電用の風車の羽根が落下

3日昼前、北海道稚内市で風力発電用の風車の長さ20メートル余りの羽根が落下しているのが見つかりました。
当時、市内ではやや強い風が吹いていて、警察などは、突風などで羽根が外れた可能性もあるとみて調べています。

3日午前11時ごろ、稚内市声問村にある市の風力発電施設で、発電用風車の羽根の部分が落下しているのを管理会社の社員が見つけました。
警察や市が確認したところ、3つある羽根のうちの1つが、およそ50メートル離れた草地に落ちていたということです。
羽根の長さはおよそ23メートルあり、落下した際に近くの電線に触れたとみられ、電線が切れていましたが、けが人はいませんでした。
稚内市によりますと、施設にあるほかの2基の風車には異常は見つかっていないということです。
当時、稚内市内では、発達中の低気圧の影響で13メートルのやや強い風が吹いていて、警察や市は、突風などで羽根が根元から外れた可能性もあるとみて詳しい原因を調べています。


スポンサーサイト
【2014/11/03 20:53】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<「復興お絵柿」プロジェクト | ホーム | 愛知県新城市黒田地区に産廃中間処理施設の計画  33>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sugihana.blog.fc2.com/tb.php/2474-1e3be471
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |