気になるニュース  786


秋田魁新報 2014/11/28 11:23 更新)

http://www.sakigake.jp/p/akita/economics.jsp?kc=20141128g


東北電、風力送電網実証事業に参画 本県沿岸と青森

東北電力は27日、秋田県沿岸部と青森県上北地域で風力発電向けの送電網を整備する経済産業省の実証事業に参画すると発表した。丸紅(東京)、秋田銀行、北都銀行の3社が出資する特別目的会社(SPC)「秋田送電」に500万円、日本風力開発(東京)など6社が出資するSPC「上北送電」に250万円をそれぞれ出資。取締役1人ずつを派遣し、現在進められている開発可能性調査に協力する。

 東北電によると、2社から技術協力の要請を受け、再生可能エネルギーの導入拡大に向けた有効な取り組みと判断し、参画を決めた。

 実証事業は、風況が良好にもかかわらず送電網が脆弱(ぜいじゃく)な地域で、民間の風力発電参入を促すのが目的。送電網を整備するSPCに、事業費の半額を補助する。SPCは事業採択後、開発可能性調査を実施し、経産省の審査で事業化が可能と判断されれば、10年程度を目安に送電網整備を行う。




スポンサーサイト
【2014/11/30 22:12】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<残土処分場を計画か? 地元の産廃問題  108 | ホーム | 愛知県新城市黒田地区に産廃中間処理施設の計画  40>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sugihana.blog.fc2.com/tb.php/2490-1fcbcee4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |