スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
和歌山県白浜町椿の風力発電計画  6

20141227曜日 紀伊民報

http://www.agara.co.jp/modules/dailynews/article.php?storyid=286603

白浜町椿の風力発電所計画を中止 関西電力

関西電力は26日、和歌山県白浜町椿の山林に計画していた風力発電所の建設を中止することを明らかにした。建設計画をめぐって地区住民の間で賛否が分かれ、区長や区役員が辞任する事態にまで発展したことから判断した。関電は「地区運営に多大な影響を与えてしまい、大変申し訳ない。これ以上、区民の皆さんに迷惑を掛けられない」と話している。

 関電の子会社「関電エネルギーソリューション」(大阪市)が昨年7月、社団法人「椿共済組」の山林に高さ約120メートル、2千キロワットの発電能力がある風車3基を建設し、20年間稼働する計画を住民に説明した。関電側は環境影響評価により風車の低周波音などによる健康被害はないと主張したが、民家から最短で約500メートル離れた場所に風車を立てるという計画に対し、住民有志が「椿風力発電の健康被害を考える会」を結成。建設計画の白紙撤回を求めて署名活動をするなどした。

 一方で、椿温泉の宿泊客減少や地域の財源不足に危機感を抱く住民らは「計画を受け入れることが地域振興につながる」と主張するなど、住民の間で意見が分かれた。

 椿地区は9月、住民の賛否を問うため臨時の区民総会を開いた。採決の仕方などをめぐって紛糾、区長の解任を求める声が上がったため区長や区の役員が辞任し、結論は出なかった。現在も後任の区長は決まっていない。

 この事態を受け、関電は計画の中止を決めた。関電グループ経営推進本部の岩田功マネジャーは「地元の同意を得て計画を進める予定だったが、区の役員が辞任される事態となり、区の皆さんには大変申し訳ない。一刻も早く区の運営を安定した状態に戻してもらいたい」と話している。関電は兵庫県淡路市と愛知県田原市に風力発電所を建設している。今後、県内での風力発電所を建設するかどうかは未定という。

 「健康被害を考える会」の発起人、熊野幸代さん(41)は「風力の問題は『椿を何とかしないといけない』と区民一人一人が考える良い機会になった。今後は会の名称を変え、自分たちでまちづくりを考えていきたい」と話している。



スポンサーサイト
【2014/12/27 20:29】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<愛知県新城市黒田地区に産廃中間処理施設の計画 45 | ホーム | 気になるニュース  787>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sugihana.blog.fc2.com/tb.php/2501-3570453c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。