愛知県田原市の久美原風力発電所  18

NHK NEWSWEB 0422日 1921

http://www3.nhk.or.jp/tokai-news/20150422/4138821.html


風力発電騒音訴訟で訴え退ける

愛知県田原市の男性が、風力発電施設からの騒音に耐えられないとして、運転の停止と賠償を求めた裁判で、22日、名古屋地方裁判所豊橋支部は、男性の訴えを退ける判決を言い渡しました。
愛知県田原市の農業、大河剛さん(46)は、8年前に、自宅から350メートルほどのところに風力発電施設が建設されて、風車が風を切る音などが聞こえるようになったということです。
大河さんは、騒音が耐えられる限度を超えているとして、去年2月、施設を運営する、東京の「ミツウロコグリーンエネルギー」に対し、運転の停止のほか、500万円の慰謝料の支払いを求める訴えを、名古屋地方裁判所豊橋支部に起こしました。
22日の判決で、田近年則裁判長は「測定の結果、騒音は、家の外では、図書館と静かな事務所との中間ぐらいに相当するレベル、家の中では、ホテルの客室と同じ程度であり、日常生活や睡眠を妨げるほどの大きな騒音であるとは認められない」と指摘して、訴えを退けました。判決について大河さんは「風車の騒音についての基準がない以上、何を言っても無駄なように感じる。判決文をよく読んで今後の対応を決めたい」と話しています。会社の弁護士は「今後も環境に優しく地域貢献に努めたい」と話しています。



スポンサーサイト
【2015/04/22 21:40】 | 風力発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<気分転換しましょう! 17 | ホーム | 気になるニュース  792>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sugihana.blog.fc2.com/tb.php/2523-0d3a0756
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |